台湾旅行 台湾の夏は室内と外の温度差が激しいため体調管理に注意を

 

皆さん、こんにちは!

夏場に台湾に旅行すると、日差しの強さと蒸し暑さを感じると思います。台湾に到着した瞬間から暑さを感じるでしょう。

今回は、室内と外気温の温度差 及び 旅行中の体調管理についての紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

台湾の夏

01. 夏の季節
だいたい5〜10月頃が紫外線がとても強くて気温も高いです。紫外線や暑さ対策も必要になりますから旅行される場合は注意が必要になるでしょう。

 

02. 蒸し暑い
台湾の夏は湿度が非常に高いこともあり、蒸し暑い夏になります。日本も夏場は暑いですけど、湿度の高さが非常に堪えます。

ちょっと動いただけで汗もダラダラ流れて来ますから、タオルは必需品になるでしょう。ハンカチやミニタオルでは直ぐにビショ濡れになってしまいますから、タオルが良いと思います。

熱中症にも注意が必要になりますから、こまめな水分補給も欠かせません。

 

03. 日差しが強い
太陽から降り注ぐ紫外線や日差しが非常に強いため、日焼け止めや帽子などが必要になります。

 

04. 突然の雨
晴れていても天候の変化により突然の雨という場合もあります。

 

室内温度と外気温

01. 建物や店内
スーパーマーケットやコンビニ等の店内や公共施設等の建物内に室内は冷房が効いていて、入りたての場合はとても快適に感じます。

強めの冷房が効いているため、ダラダラと流れるように吹き出していた汗も店内にいれば数分で完全に汗が出なくなるでしょう。汗が吹き出なくなると、段々と冷房の強さを感じて来ることになります。

しばらく建物や店内の居ると、寒く感じるようになりますから、建物内で長時間過ごす場合は羽織る物が必要になるでしょう。

機内防寒として羽織る物を持って来ている場合であれば、いつでも観光用のバッグに羽織る物を入れておくのが賢明です。

 

02. 鉄道やバスの車内
交通機関である鉄道・バスやタクシー等も建物や店内と同様に強めの冷房がガンガン効いていますから、車内に居るお客さんが少ない場合は特に寒く感じると思います。

日本の鉄道やバスの車内は弱冷房ですけど、台湾の鉄道やバスの車内は強めの冷房ですから、人によっても違いがありますが、非常に寒く感じる場合もあります。

建物や店内の場合と同様に、鉄道やバスに乗る時は羽織る物が必要になります。

 

03. 外気温との差
室内と外気温は月とスッポンぐらいの温度差になりますから、今まで強めの冷房で涼んでいた場合は注意が必要になります。

急に外に出ると、今まで寒いくらいの温度だったのに、急に強い暑さに見舞われるため、身体に大きな負担が掛かります。

この大きな負担は自分自身では直ぐに感じることは少ないため、分からないことが多いです。逆に分かった時は既に時遅しといった感じて体調不良になっているか?又は熱中症等も含めて病気になっていることが多いです。

室内温と外気温の差は可能な限り小さくしたいところでしょう。

台湾旅行 夏の台湾は強めの冷房と蚊に注意。虫刺されの薬は必需品
皆さん、こんにちは! お盆休みを利用して夏に台湾旅行される場合も有ると思います。台湾はお隣の国ですけど、日本とは違いますから、持ち物や服装選びも気になるところではないでしょうか? 今回は、夏に台湾を旅行される方への注意事...

 

 

旅行中の体調管理

01. 旅行に行く前
旅行に行く前に体調が悪くなる場合も有ると思います。たいていの場合は、既にお金も払い込んでいる状態ですから、キャンセルも出来ない場合が多いです。そのため、多少の体調が優れない場合でも旅行に行ってしまう場合が多いと思います。

でも、この場合は、相当な負担が身体に掛かりますから、逆に悪くなってしまう場合も多いです。旅行中に現地のお医者さんのお世話になってしまうこともあるでしょう。

この場合は海外旅行保険が有った方が良いと思います。

 

02. 旅行中の水分補給
なるべく身体への負担になるようなことは控えて水分補給も適度に行う等の対策を行うのが良いでしょう。特に夏場は、熱中症や熱射病には要注意になります。夏の台湾旅行でも荷物になりますが水筒を持って行くのも1つの方法です。

旅費の節約 国内や海外の旅行でも持ち物に水筒とおやつを携帯しよう
皆さん、こんにちは! 学校の遠足やピクニック等では水筒とおやつを持って行くと思いますが、旅行でも水筒やおやつを持って行くのが節約にも貢献すること間違いなしといえるでしょう。 今回は、旅行でも水筒やおやつを持って行って節約...
旅費の節約 旅行の飲み物代の節約なら粉末ジュースと水筒の持参を
皆さん、こんにちは! 旅行で観光施設や散策中に喉が渇いた場合や何か飲みたくなった場合はどうしていますか?近くにコンビニや自動販売機があれば立ち寄って購入すると思います。 でも、旅行中の飲み物代って意外と多く買っていたりす...

 

03. 海外旅行の場合
荷物になるような物は持って行きたくない感じになりますから、日差しを避ける効果にも繋がる帽子を持って行かない方も多いと思います。

女性であれば、晴雨兼用の折りたたみ傘を持って行くと思いますが、男性の場合は日傘にはちょっと抵抗があると思います。日傘に抵抗があるのなら、帽子を持って行くしかないと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。