老後の生活費 定年退職後は旅行や付き合いが多くなり支出も増える

 

皆さん、こんにちは!

定年後の支出は意外と増えたりしませんか?
今まで働いていた時から比べてると支出は抑えられるのではないかな?と頭の中ではイメージ出来そうですが、実際のところはどうなんでしょうか?

今回は、定年後の支出についての紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

定年後

01. 時間の使い方が分からない
毎日の通勤時間や勤務時間がそっくり無くなってしまうと、張り合いが無くなってしまい、この有効な時間をどのように使って良いのか?分からなくなってしまうこともあります。

毎日が日曜日という感じになってしまいますから、時間を持て余してしまう傾向になりやすいです。

今までは仕事で忙しくしていたのに、定年退職になったら、仕事の張り合いが無くなってしまい、どう過ごして良いのか?分からなくなってしまう。その結果、有効な時間の使い方が出来なくなってしまう恐れがあります。

 

02. 行ったことがない場所に行きたくなる
今までずっと仕事で働きずめになっていたため、その反動として今まで訪れたことがない場所への旅行にも自然と行きたくなってしまうでしょう。

定期的に送られて来る旅行会社のパンフレットを眺めたりしていると、『ここに行きたい』や行ってみたいと思ってしまうのではないでしょうか?

特に、仕事をしていた時は旅行に行くとなると、ゴールデンウィークや盆休み等の休暇に限られてしまう場合が多いと思います。

でも、実家が遠方の場合は帰省等で、なかなか他所の土地への旅行というのも現実的に難しい場合も有るでしょう。

そのため、定年後は時間的な余裕も十分過ぎるほど有るため、夫婦揃って、旅行に行きたくなってしまうと思います。

 

03. 趣味の時間が増える
今まで働いていた場合でも趣味の時間は普通に有ったと思います。定年後は、往復の通勤時間や勤務時間がそのまま自由な時間になりますから、趣味の時間も多くなると思います。

全部、趣味の時間に充てることは無いですけれども、1日あたりの趣味に充てる時間は十分に取れるでしょう。

老後の生活費 老後の年金暮らしでは趣味の必要性や扱いが非常に大事
皆さん、こんにちは! 人それぞれ色々な趣味を持っていると思います。多趣味の人もいれば、そうでない人も居て様々だと思います。又は無趣味だったり。 今回は、老後の趣味についての紹介になります。現在の趣味を老後も継続するのか?...

 

04. 付き合いが多くなる
定年後は、兄弟や親類との付き合いは勿論のこと、趣味等で知り合った方や地域の人達との交流も多くなるでしょう。

今までは会社や仕事の関係での付き合いしか無かったですから、地域の人と接する機会というのも少なかったと思います。

 

定年後に増える支出

01. 働いていた時に支出していたもの
ビジネススーツで通勤していた場合であれば、スーツ代、ワイシャツ代、革靴代等の必要経費が定期的に発生していたと思います。

また、私服での通勤の場合であれば、洋服代や靴代といった費用が定期的に発生しているでしょう。

これらの定期的に発生していた必要経費が無くなりますから、この時点で節約できることになります。

 

02. マイカー通勤の場合
自動車で通勤していた場合は、通勤手当としてガソリン代を支給されていましたから、マイカーの維持管理も問題ありませんでした。

しかし、定年後はマイカーの維持・管理費用がズシンとのし掛かります。特に車検代や任意保険は意外と費用が掛かります。

特に車の場合は、維持・管理費用が掛かるからといって乗らないと、故障の原因にも繋がりますから定期的に乗り続ける必要があります。

また、食料品等の買い出しにマイカーが有ると便利だと思います。

 

03. 定年後に増える支出
定期的に発生していた必要経費を遥かに上回る形で旅行などのレジャーに掛かる費用が発生すると思います。

何せ、今まで仕事等で色々な制約があったことにより、行きたい場所も行けなかった場合もあるでしょう。定年後は、そういった場所を巡る旅というのも十分に理解できる行動だと思います。

 

04. 医療費
意外と忘れがちになってしまうのが医療費だと思います。定年後になると体も弱くなりますから、お医者さんにお世話になってしまう機会も多くなります。

なるべく健康で暮らしたいでしょう!

 

支出の見直しも必要

01. 定年後の設計
定年退職にならないうちから定年後の人生設計を検討しておく必要が有ると思います。定年後も支出が増えてしまう場合が多いですから、しっかりとした設計図も必要になるでしょう。くれぐれも計画倒れにならないように注意が必要になります。

 

02. 支出の見直しも必要
なかなか定年後になってから支出の見直しに着手するというのは難しい面が有りますから、もう直ぐ定年を迎えるといった時期に支出の見直しを行うのも必要だと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。