台湾旅行 沖縄より南で暖かなイメージの台湾の冬は超寒い旅行の注意

 

皆さん、こんにちは!

冬のシーズンに台湾を旅行される方も居ると思います。

台湾の冬はとても寒いですから、沖縄と同じ気温だろう?と考えていると風邪を引いてしまうと思います。

今回は、冬の台湾旅行での寒さについての紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

冬の台湾のイメージ

01. 沖縄よりも南
冬の沖縄は本州よりも暖かいですから、沖縄よりもさらに南にあり、赤道にも近い台湾の冬も暖かいと思っている方も多いと思います。

天気予報で沖縄や石垣島を見ると冬でも最高気温と最低気温が高いですから、旅行するなら蒸し暑い夏よりも冬の方が良さそうに感じてしまいます。

 

02. 冬でも軽装のイメージ
特に台湾は先島諸島に近いですから、石垣島の気温と同じか?それよりも暖かいイメージがしてしまいます。冬でも半袖シャツ又は長袖シャツ1枚で過ごせるようなイメージ。

 

台湾の冬は寒い

01. イメージとのギャップは大きい
冬の沖縄や石垣島のイメージのままで台湾に旅行すると風邪を引きます。日本と台湾では決定的に違うことが1つあります。

 

02. 日本の冬には暖房がある
日本の冬は必ずと言っても良いほど暖房があります。エアコンにも冷暖房が完備されていますし、鉄道や路線バスの車内もポカポカで暖かいでしょう。

室内が暖かくなれば、着ている服を脱いだりして体温調節を行うと思います。

 

03. 台湾の冬は重ね着
台湾の冬は暖房がないため、寒く感じます。暖房がない世界というのをイメージしたことがない人にとっては冬の台湾は良い勉強になります。

現地の台湾人は基本的に衣類を重ね着して寒い冬を過ごすそうです。寒かったら、もう1枚着るといった感じで・・・

日本は便利になってしまったから、暖房のない生活というのをイメージするのは難しいです。

 

04. なんで寒く感じるのか?
暖房がないから寒く感じるのでは有りません。確かに暖房がないから寒いというのは正解ですけれども、他にも要因があるのです。

台湾の冬は、昼間の時間帯という短い時間で考えれば、昼間は暖かくて過ごしやすいでしょう。でも、一日という長い時間で考えると、寒い時間帯もあるのです。

日本の冬の場合は、一日を通してずっと気温は一定温度だったり、そんなに気温の変化はありませんから、体は慣れて対応できますが、台湾の場合は、日本と違って、1日の気温が乱高下ではないですけど、朝晩と昼間の温度差が大きいです。

この温度差が大きければ大きいほど余計に寒さを感じるのです。

 

エアコンにも暖房機能がない

01. 台湾の冬は短い
台湾は1年を通して暖かい季節の方が多いですから、エアコンには暖房機能が搭載されていません。

 

02. 台湾のエアコン
日本のエアコンには冷暖房が完備されていますが、台湾のエアコンには暖房機能が搭載されていません。

台湾旅行でも利用するホテルの部屋等に設置されているエアコンも例外ではなく、暖房機能が搭載されていない方が多いです。しかも冬でもエアコンの冷房が効いている場合が多いです。

うっかり、このことに気がつかないと夜中に寝ていると寒く感じる場合もあると思います。

 

03. 路線バス
筆者が一番驚いたのは市内を走っている路線バスの車内である。真冬だというのに冷房がガンガンに効いている状態だったので非常に寒い思いをした経験があります。

いくら防寒着を着ているからといっても流石に冷房の効いているバスの車内では寒いでしょう。冬に台湾を旅行される方で路線バスに乗車する予定のある方は注意が必要です。

 

 

冬の台湾旅行の服装

01. 冬の台湾旅行
基本的には日本の冬と同じ服装で大丈夫です。ヒートテック仕様のインナー上下やダウンジャケット等があれば問題ありません。

 

02. 昼間の服装
昼間の気温は20度以上になる場合もありますから、上着は脱げるような服装が良いでしょう。夕方の時間帯からは徐々に気温も下がり始め、夜には一気に寒さ全開って感じになりますから常に暖かい厚手の上着は携帯しておいた方が良いです。

 

03. 雨天時は注意
旅行なので、1日ずっと雨というような場合もあると思います。雨の日は気温が上がりませんから余計に寒く感じます。

旅行の持ち物 機内防寒はカッパも兼ねる撥水性のライトシェルパーカ
皆さん、こんにちは! 飛行機を利用する場合、夏場での冷房が効いていて寒いことが有ると思います。 JALやANAといったフルサービスキャリアの場合は毛布を借りることが出来ますが、LCCの場合は毛布はオプションになってしまい...

 

04. 服装その他
ユニクロ等のウルトラライトダウンを着ている人をよく見かけます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。