台湾旅行 冬の台湾は寒く温度差も大きい。旅行中の風邪や防寒対策を

 

皆さん、こんにちは!

台湾を旅行する場合は夏だけでなく冬も十分に有ると思います。

冬の台湾は日本と同じぐらい寒いですから風邪にも寒さにも注意が必要になるでしょう。

今回は、冬の台湾旅行での寒さや風邪への対策についての紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

冬の台湾

01. 暖房がない
台湾の冬は基本的に暖房がありません。日本のエアコンには冷暖房が付いているのが当たり前ですけど、台湾で使われているエアコンには基本的に暖房機能が搭載されていないです。

 

02. 冬でも冷房が効いている
台湾では真冬でも冷房が効いている場合が多いです。ホテルの部屋でも冷房が効いていますから、冷房を止めないで寝てしまった場合は途中で寒くて目が覚めてしまうこともあると思います。

部屋に入ったら、真っ先に冷房が効いているのか?を確認し、冷房が効いている場合は停止することをお勧め致します。

 

03. バスの車内でも冷房
市内を走っている路線バスの車内も冷房が効いています。夏の場合であれば羽織る物がないと寒く感じる程度なのに、真冬でも夏と同じように冷房が効いていますから、防寒着を着ていても寒いでしょう。

旅行中に路線バスを利用する場合は、車内の冷房にも気を付ける必要があります。

 

04. 朝晩と昼間の温度差
日本の冬の場合は、一日を通してずっと寒いという場合だったり、そんなに温度差に変化がない感じが多いですが、台湾の場合はちょっと事情が異なります。

台湾の朝晩と昼間の温度差が非常に大きいです。朝晩は非常に寒いですが、昼間の気温は20度以上になる場合もあります。

※ 雨天時の場合は、日本の冬と同じ感じでずっと寒いです。

 

風邪に注意

01. 温度差に注意
冬の台湾は朝晩と昼間の温度差が非常に大きいですから、体にも負担が大きくなり体調不良で風邪を引いたりしてしまう場合もあります。1日の温度差が激しいと体が気温の変化に対応できなくなってしまう感じです。

 

02. マスクの持参を
台湾の冬は風も強いですから、風邪菌も飛散しやすいでしょう。日本と同様にマスクの着用が望ましい。

 

03. 水筒の持参を
蒸し暑い夏場であれば水筒の持参というのも理解できますが、どうして寒い冬場に水筒を持って行く必要があるのか?と疑問を持たれる方も居ると思います。

台湾ではお湯を飲む習慣があります。寒い冬場にお湯を飲むと、喉を殺菌して風邪を防ぐ効果があります。

風邪は先ず喉から症状が出ますから、喉を殺菌することによって風邪を予防することに繋がります。

空港やホテルには冷水とお湯が出る飲水機(ウォーターサーバー)が設置されていますから、水筒があればお湯をゲットするのが容易です。

旅行中でも風邪への対策は必要ですから、風邪対策の医薬品だけでなく、水筒の持参も十分に検討してみては如何でしょうか?

旅費の節約 旅行の飲み物代の節約なら粉末ジュースと水筒の持参を
皆さん、こんにちは! 旅行で観光施設や散策中に喉が渇いた場合や何か飲みたくなった場合はどうしていますか?近くにコンビニや自動販売機があれば立ち寄って購入すると思います。 でも、旅行中の飲み物代って意外と多く買っていたりす...
旅費の節約 国内や海外の旅行でも持ち物に水筒とおやつを携帯しよう
皆さん、こんにちは! 学校の遠足やピクニック等では水筒とおやつを持って行くと思いますが、旅行でも水筒やおやつを持って行くのが節約にも貢献すること間違いなしといえるでしょう。 今回は、旅行でも水筒やおやつを持って行って節約...

 

 

旅行中の防寒対策

01. 暖房
日本と台湾の冬で決定的に違うのは暖房の有無ですから、暖房が無くて困るという方であれば、貼るカイロを持参された方が賢明だと思います。

別に貼らないカイロでも良いですけど、貼らないタイプの場合は、どっちかの手が塞がってしまいますから、旅行中の注意力が低下してしまう場合があります。

台湾は安全な国ですけれども、日本と同じ感覚というのは良くないと思います。

 

02. 服装
服装に関しては、基本的に日本の冬と同じ服装で問題ありません。台湾の冬は室内でも暖房がありませんから、しっかりとした防寒対策が必要です。

ヒートテック仕様のインナー上下やフリース素材等の暖かい衣類、ダウンジャケットなどの防寒着は必需品になるでしょう。

 

03. 防寒グッズ
マフラー等の防寒グッズも有った方が良いのではないでしょうか?暖房が有りませんから、防寒着を着ていれば、着ている部分は暖かいです。

でも首の周りなどは寒いですから、日頃からマフラーをしている方であれば、日本と同じように台湾旅行でもマフラーを持参するのが賢明です。

 

04. 雨にも注意を
基本的に雨が降っている場合は気温も上昇しませんから、余計に寒く感じます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。