家計の管理 使ってない銀行口座をリストラしてお金を効率的に運用を

 

皆さん、こんにちは!

銀行口座はどのくらい持っていますか? 人によっても少なかったり多かったりすると思います。年間を通してあまり使っていない口座というのも有るのではないでしょうか?

今回は、あまり使っていない口座はリストラして銀行口座を集約することについての紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

銀行口座は持っているけど使っていない

01. 複数口座がある
人によっても様々だと思いますが、社会人であれば3〜4つぐらいの銀行口座は持っているのではないでしょうか?

3〜4つぐらいであれば、管理するのも容易ですから、問題ありませんが、ネットバンクをいくつも保有していたり、自宅や職場の近くにある金融機関の口座を多く持っていたりするでしょう。

 

02. 5万円未満
銀行口座の残高が5万円未満の場合で、年間を通してあまり利用していない銀行口座がある場合が注意が必要です。

もし、このような口座がある場合は、統廃合を検討した方が良いでしょう。今はそんなに利用していないけど、今後は利用するかも知れないといったパターンの場合であれば、一見すると保有していても良さそうですが、普通預金に5万円未満のお金を入金していても意味がないでしょう。

 

03. ネットバンクの口座
ネットバンクも同様に複数保有している人も居るのではないでしょうか?ネットバンクの場合は自宅に居ながら全てのことが行えますからとても利便性が高いです。金利も高いですから、定期預金を作る場合も有利です。

だからと言って、ネットバンクを複数持っているのは、賛否両論だと思います。預けている金額多く、年間を通して利用している回数も多い場合は複数持っていても問題ありませんが、年間の利用頻度が少ない場合は集約した方が賢明だと思います。

理由は、ネットバンクの場合は、いくつも銀行口座を持っていると、パスワードの管理が大変です。そういう部分のことも考慮すると、ネットバンクの口座は1つあれば良いのではないでしょうか?

 

04. あまり使っていない
根本的に年間を通して、あまり使っていない口座というのも有るかも知れません。この場合は真っ先に口座を解約することをお勧め致します。

使わなくてなる理由は色々と有りますけど、もともと自宅や職場の近くに支店や出張所が有ったけれども統廃合等で無くなってしまった場合というのも考えられるでしょう。

 

銀行口座を集約

01. 年間を通して使っていない場合
保有している銀行口座の中で、年間を通してあまり利用していなくて、残高も少ない場合は銀行口座を解約して、他の保有している口座に集約した方が賢明です。

何故か?というと、残高が少ない場合は預けていても利率が悪いですし、銀行口座の管理も出来ていない事に繋がりますから、自分が管理できる数に減らすことも大切です。

銀行口座をあまり使っていないということは、管理できていないとも言えますから、保有している銀行口座の数が多いのではないでしょうか?

 

02. 銀行口座の集約を検討
基本的に銀行口座は3〜4つあれば問題ありません。ネットバンクを利用するのであれば5つぐらい。6個以上の銀行口座を保有しても良いですけど、預けているお金が少ないのに分散させてもあまり意味がありません。

1つの金融機関に最高で1000万円までは元本保証で預金することが出来ますから、基本的には保有の預貯金額に比例して口座を増やして行く方法が望ましいです。

もし、必要以上に銀行口座を保有しているのであれば、銀行口座のリストラを検討した方が良いでしょう。

 

03. 新しい銀行口座を開く
新しく支店が出来た場合や魅力的な銀行が有った場合は、銀行口座を開設したいと考えると思います。この場合でも注意が必要です。

自分が管理できるのか?を真っ先に考える必要があります。近くに支店があって便利だからとか?そんな理由で口座を作ってしまうと、管理することが出来なくなってしまう場合もあります。

どのような目的で新しく口座を開設するのか?というのが重要になります。

 

 

お金は効率的に運用を

01. 眠っているお金
あまり使っていない銀行口座がある場合は、その口座に入金してあるお金は眠っている資金に該当します。

ただ眠らせているお金というのは非常にもったいないですから、新たに貯金する又は、金融商品や保険商品等に充当するなりして、お金を運用した方が良いです。

 

02. お金を運用
お金を運用するには証券会社が良いと言われていますが、今は銀行でも証券会社の商品を提供している場合が多いですから、銀行でもお金の運用(投資信託)を行うことが出来ます。

投資信託は投資商品ですから、元本保証はありません。購入される場合は、元本割れのリスクを伴う金融商品であるということを理解した上で購入してください。

家計の貯蓄 株主優待でお得な商品と配当金を貰いお金を増やす運用を
皆さん、こんにちは! お金を貯金するだけではお金を増やす事は出来ませんから、アレコレと色々な対策をしていると思います。 今回は、株主優待で楽しみながら貯蓄もしようというお話になります。 参考になるか?は分かりません...
家計の貯蓄 お金を増やす資産運用と株式投資の勉強ができる株主優待
皆さん、こんにちは! お金を増やす運用は行なっていると思います。 お金を銀行に預金しても利子が低くて増えませんから意味が無い感じと思っている方も多いと思います。 今回は、株式投資の勉強も兼ねて株主優待も検討してみて...

 

03. お金を効率的に運用する
お金は有限ですから、いつかは無くなってしまいます。お金を少なくしない運用を心掛けることも大切です。

お金を効率的に運用するには、銀行口座もシンプルにする必要があるでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。