食費の節約 電子レンジで簡単調理してサツマイモを3時のおやつに

 

皆さん、こんにちは!

お菓子などのおやつを毎日食べている方も居るのではないでしょうか?また、食べない人も居ると思います。

今回は、サツマイモをおやつにしておやつ代の節約に繋げる紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

3時のおやつ

01. 午前と午後
人によっても様々ですけど、1日のうちの午前と午後におやつを食べたり、3時だけ食べたりする場合があると思います。

おやつを午前と午後の2回を食べている場合、特にお菓子の場合なのですが、1日の糖分の摂取量が増えてしまうのではないでしょうか?

糖分を摂り過ぎると将来的に糖尿病にも繋がる恐れがありますから注意が必要でしょう。

 

02. 夕食後
夕食後におやつを食べる場合も注意が必要でしょう。特に食後のデザートを食べている場合、その後にお菓子を食べることになりますから、肥満の一因にもなるのではないでしょうか?

食後のデザートを食べる場合は、おやつは食べないというようにしないといけないでしょう。

 

03. 食べない
そもそも、おやつは一切食べていないという人も居ます。日頃から食べない習慣の場合だったり、ダイエットなどをしている場合だったり様々です。

おやつを食べない習慣であれば、食費に占めるおやつ代の割合がありませんから、既に食費の節約が行えているという状態ですね。素晴らしいでしょう。

 

何を食べる?

01. お菓子
スーパーマーケットやコンビニ、ドラッグストア等でお菓子を購入している場合は、毎月のおやつ代が食費に占める割合が大きくなっているでしょう。

特にお菓子主体の場合は、常に在庫を抱えておかないといけませんから、うっかり切らしてしまうと余計にストレスが溜まります。

おやつ代を少しでも減らしたいと考えているのであれば、量を減らす又は和菓子を組み合わせる等の工夫が必要になると思います。

和菓子のお団子の場合、1本の単価が安くて腹持ちが良いですから、1本だけ食べれば満腹感が得られます。

食費の節約 袋で小分けされている煎餅等のお菓子を買いおやつ代節約
皆さん、こんにちは! 毎日の仕事や家事の休憩時、帰宅してからの楽しみの1つでもあるおやつ。このおやつ代は毎月けっこう掛かります。 今回は、おやつ代の節約についての紹介になります。 参考になるか?は分かりませんが最後...

 

02. スイーツやデザート
おやつにプリンやゼリーといったデザートやケーキなどのスイーツを食べる場合もあるでしょう。特に自分へのご褒美や誕生日などの特別の日の場合はちょっと豪華なお菓子を食べたくなるものです。

但し、洋菓子の場合は和菓子と違って価格が高めですから、スーパーマーケット等で買う3個セットのプリン等が良さそうです。

 

03. 清涼飲料水やジュース
意外と清涼飲料水を間食と考えている人は少ないと思います。皆さん恐らく清涼飲料水やジュースなどの飲み物は水分補給という扱いになっているのではないでしょうか?

清涼飲料水は自動販売機でも購入することが出来るため、何処でも購入することが出来るでしょう。また、ジュースの場合は100%果汁であるため、清涼飲料水よりも栄養価が高いです。その代わりに価格が高く内容量も少ないです。

ペットボトルの清涼飲料水の場合は1本飲んだだけで満腹感も得られますから、おやつとして十分に機能します。それがたとえお茶であったとしても同様です。

但し、夏場に関しては汗が吹き出ますから、飲料+おやつといった形になるのではないでしょうか?

 

04. 野菜や果物
ミニトマトやバナナ、りんごといったフルーツやサツマイモ等は食べると満腹感が得られますから、十分におやつとして機能します。

特にミニトマトの場合は、水で洗ったら直ぐに食べられるという手軽さですし、バナナも皮を剥いたら食べられますから、おやつ代わりに最適でしょう!

それに引き換え、サツマイモの場合は加熱しなければならないため、ちょっと手間が掛かります。

食費の節約 栄養豊富で美味しいバナナやミニトマトを3時のおやつに
皆さん、こんにちは! 毎日の間食や3時のおやつは何を食べていますか?スーパー等で購入するお菓子が多いと思います。手作り菓子を作っている方も居るでしょう。 今回は果物のバナナや野菜のミニトマトを3時のおやつにしてはどうか?...

 

3時のおやつはサツマイモ

01. どうしてサツマイモ?
サツマイモの場合は、何と言っても満腹感が得られるのが決めてになります。また野菜ですから栄養も豊富です。特に食物繊維が多いため、便秘解消にも効果があります。

少し食べると、飲み物が欲しくなりますから、飲み物とセットで満腹感が得られます。少し食べただけで満腹感が得られることになるため、おやつなどの間食には丁度良いでしょう。

また、サツマイモも野菜ですから、野菜不足の解消にも効果があるでしょう。

 

02. 電子レンジ
電子レンジがあれば、直ぐに簡単に調理が行えるため、そんなに手間なく食べることが出来る。

 

03. デメリット
唯一のデメリットとしてオナラがあるのではないでしょうか?これは仕方ないため、諦めてもらうしかりません。

何しろ、サツマイモを食べると、ガスが発生しやすくなるため、腸の動きも活発になることもあり、おならが出やすくなってしまうからである。

 

04. おやつ代の節約
サツマイモを3時のおやつにすると、おやつ代の節約に繋がります。少し食べるだけで満腹感が得られますから、1個を食べる必要がありません。大きさにもよりますけど3〜4等分してして食べれば問題ないと思います。

例え、3〜4等分したとしても飲み物が欲しくなりますから、飲み物もセットでお腹の中に入りますから間食として丁度良いと思います。

また、サツマイモを組み合わせることで、お菓子を常にストックしておく必要がなくなりますし、食事のおかずにもなりますから、効率よく食材を使い切ることが出来ます。

野菜が高騰している場合では、この手法は使えませんけれども、検討してみる価値はあると思います。

食費の節約 おやつは栄養も豊富でご飯のおかずにもなる野菜や果物を
皆さん、こんにちは! おやつは子供だけでなく大人も食べますが、お菓子などのおやつは食費に占める割合も意外と多いと思います。 今回は、ご飯のおかずとしても利用している野菜や果物をおやつにして食費の節約に繋げる紹介になります...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。