家計の管理 挫折しない家計簿のつけ方は自分流のやり方が一番良い

 

皆さん、こんにちは!

お金の流れが一目瞭然に分かる家計簿をつけていますか? 確かにつけているけど、一目瞭然ではない場合やつけるのが面倒に感じている方も多いと思います。

今回は、挫折しない家計簿のつけ方についての紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

家計簿は挫折しやすい

01. 決められた形
家計簿専用ソフトやスマホのアプリも含めて、家計簿はある程度、やり方が決められている場合がありますから、そのやり方に少なからず合わせる必要がある。

そのように合わせないと、グラフや分析などの機能がが上手く反映されない場合があるためである。この場合、最初のうちは仕方がないということで合わせる事が出来るが、自分のやり方ではない場合、面倒に感じる場合がある。

面倒に感じていると、次第に家計簿をつけなくなってしまう。

 

02. 毎日つける
家計簿は基本的にお金の移動が発生した場合は、その都度、家計簿をつけなくてはならないですから、毎日のようにお金の移動が発生している場合は、面倒に感じることも有るでしょう。

だからと言って、家計簿をつけないと1ヶ月のお金の流れが把握できませんから、どの費用に余計なお金を使っているのか?を把握することが出来なくなってしまいます。

でも、お金の移動が少額ならば1〜2回ぐらい家計簿をつけなくても問題ないじゃないか?と考える場合も有ると思います。例えそうであったとしても基本的には毎回、つけないと家計簿なんて必要ではないと感じる場合に繋がるでしょう。

その結果、お金の流れは全て頭の中で把握しているから、別につける必要はない!という解釈になってしまい、家計簿を止めてしまうこともあります。

 

03. 活用していない
家計簿を毎日つける又は確認するという日課や習慣にしないと、残念ながら家計簿を必要に感じるということに繋がらないでしょう。

毎月のお金のことだから、既に把握済なので、必要性を感じない場合もあると思います。形式的に家計簿を継続している感じ。

ただ形式的に家計簿をつけている感じだと、家計簿を活用していないため、或る日突然、別に必要あるのかな?と感じることもあるでしょう。

やっぱりどんな用途でも良いから活用しないと、意味が無くなってしまうでしょう。

 

マイペース

01. 必要な機能だけを使う
市販の専用ソフトやスマホのアプリを利用する場合でも、やり方は自分流が良いと思います。必ず全て、決められたやり方で行う必要はありません。

予め決めれたやり方で行えば、全ての機能を使いこなすことが出来ますが、果たして全ての機能を使う必要はあるのでしょうか?

グラフや各種分析といった機能は、必要に感じている人もいれば、別にこのような機能は必要ないという人も居ると思います。

自分に必要な機能だけを利用するといった使い方でも良いと思います。

 

02. マイペースのメリット
家計簿を継続しないと意味が有りませんから、継続できるやり方で行うのが良いでしょう。自分のやり方で行うのが継続しやすいです。

自分のやり方の場合は、それに対応する家計簿が必要になりますから、自分流に作り変える必要があるでしょう。手間が発生するので、この手間が面倒だったりします。

でも、面倒でも自分のやり方で良いですから、継続しやすいというメリットがあります。

 

 

自分のやり方

01. 自分のルール
決められた形で行うと、途中で面倒やストレスに感じてしまう場合が有りますから、自分のルールを作って、そのルールに従って家計簿をつけるのが良いと思います。

他人が決めたルールに合わせる必要はありません。家計簿は自分も含めて関係する家庭の家計ですから、他人は関係ありません。

 

02. 自分で作る
自分のルールに合わせた家計簿を作りましょう。表計算ソフトのExcelを利用するのが良いと思います。

市販の専用ソフトやスマホのアプリの場合は、少なくとも入力方法や予め決められた形がありますから、それに合わせる必要があります。

どうしてそのように入力しなければならないんだろう?と感じてしまうと、逆に継続は難しくなって来ますから、自分が管理しやすいように作るのが良いでしょう。

自分のルールを具現化させることも必要だと思います。

 

03. 家計簿はつけなくても問題ない
必ず家計簿をつかなくてはならない!という訳ではありません。別につけなくても問題はありません。

必ずやらなければならない』という場合、いやいや家計簿をやることに繋がりますから、そういうのも良くありません。

入出金が大変なら、支出だけ管理すれば良いと思います。いや、そもそも支出も面倒だと感じることもあるでしょう。

この場合は、生活に密接している費用だけの支出をつける形でも良いと思います。もし、他の費用も必要だと感じたら、その都度、追加していけば良いので、最初から無理に全ての費用をつける必要はないでしょう。

家計の管理 家計簿が続かないなら洋服やバッグ等の被服費の支出簿を
皆さん、こんにちは! お金の流れを把握することが出来る家計簿ですが、活用していますか? いや面倒だからやっていないという人も居れば、逆に確かに以前は会計簿をやっていたけど長続きしなかったという人も居るでしょう。 今...

 

04. 継続が重要
家計簿は、ずっと毎日の日課のように継続する必要があるため、自分のやり方で継続できれば良いと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。