家計の管理 家計を見える化すると無駄な支出が見つかり節約に繋がる

 

皆さん、こんにちは!

毎月のお金の流れは把握していますか? 家計簿をつけているから把握できているよ!と言われてしまうかも知れませんが、果たして本当に家計簿だけで把握できているのでしょうか?

今回は家計の見える化についての紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

家計の見える化

01. 見える化
家計の見える化というと、真っ先に思い浮かぶのが家計簿になりますが、正解でもあり外れでもあります。

何故なら、確かに家計簿を毎日つけることでお金の流れは把握することが出来ますが、家計簿だけでは見える化には繋がらないのが実情です。

それはどういうことか?というと、お金の流れを全て家計簿で管理することができないのである。例えば・・・SuicaやPasmoといった電子マネーが該当します。

 

02. 電子マネーの残高管理
SuicaやPasmoといった電子マネーを毎日のように利用している人も多いと思います。これらの電子マネーは、お金を前もってチャージしないと利用できません。後払い方式の電子マネーもあります。

家計簿につける場合は、電子マネーにチャージした代金は記録するとは思いますけど、電子マネーで支払った金額についてはどうなんでしょうか?

電子マネーの残高まで家計簿で管理しているのであれば、チャージした代金を記録しても問題ありませんが、残高を管理していないのであれば、あまり意味がないと思います。

そうなると、電子マネーは家計簿の除外になってしまいますから、各個人の管理に委ねられることになります。

 

03. クレジットカードでの買い物
インターネットでの買い物の倍はクレジットカードで買い物する場合が多いと思います。代金引換での支払方法の場合は代引手数料が別途発生しますから、お得な支払方法とは言えません。

そのため、クレジットカード国際ブランド付のデビットカードでの支払方法が多いと思います。

でも、このクレジットカードでの買い物も見える化には繋がっていないと思います。何しろ、購入した月から数えて2〜3ヶ月後に請求されますから、チェックするのが大変です。

クレジットカードでの購入も見える化する必要があるでしょう!

生活費の節約 使い過ぎや浪費に気をつけたクレジットカードの節約術
皆さん、こんにちは! クレジットカードを利用していると貯金ができないといったことは有りませんか? 今回はクレジットカードの利用は計画的にして節約に繋げる方法についてになります。 参考になるか?は分かりませんが最後ま...

 

04. 銀行口座の残高管理
クレジットカードでの買い物した場合は指定の銀行口座から引落されますから、通帳と引落された金額をチェックする必要があるでしょう。これを行わないと、ご請求が有った場合に大変なことになります。

いつでも残高が見えるようにする必要があります。

 

先ずは家計を見える化する

01. お財布の中
お財布の中も基本的に毎日残高チェックを行う必要があります。流石に毎日となると面倒に感じる場合もありますが、時間はいつでも良いので暇な時間に行うのが良いでしょう。家計簿をつける時に行うのがベストだと思います。

また、お財布の中も整理整頓するのが良いと思います。どこに何が入っているのか分からないような感じではなく、一週間の予算と残りの予算が管理できるような財布が良いと思います。

自分が管理しやすいようにすれば良いと思いますから、新しい財布を購入しなくても良いと思います。アイデア次第で管理もし易くなるでしょう。

 

02. インターネットでの買い物
インターネットでの買い物ではクレジットカードは利用しないで、クレジットカードと同じように利用することが出来る国際ブランド付のデビットカードに切り替えましょう。支払は必ず1回払いになります。

国際ブランド付のデビットカードにすることで、インターネットで購入した物は直ぐに銀行口座から引落されて、さらに通知もありますから、残高と購入金額を管理しやすいです。

クレジットカード払いの場合だと、請求が2〜3ヶ月先になってしまうため、この分はいつ購入した金額だったのかな?というような感じになってしまう場合が多いでしょう。

家計の管理 買物や出費の管理ならイオン銀行デビットカードがお得
皆さん、こんにちは! 国際ブランドが付いたデビットカードは使っていますか? クレジットカードは持っているけど、デビットカードは持っていないという方の方が多いかも知れません。 今回は、イオン銀行デビットカードでお得に...

 

03. 電子マネーの残高管理
子供のSuicaやPasmoの場合、思っていたよりも残高が少なかったといった場合が有るでしょう。通学や塾の帰りにコンビニ等での買い物をしたりする場合がありますから、毎週末は必ず残高明細をチェックする必要があるでしょう。

以前は、PCと専用の機械がないと残高確認が行えませんでしたが、今はスマホがあれば簡単にSuicaやPasmoの残高を確認することが出来ますからチェックするのも簡単だと思います。

 

 

無駄な支出が見つけよう

01. お金の流れ
お金の流れは、全ての収支を確認するのが大事である。銀行口座にはお金が貯金されているけれども、毎月の残高は常に変動していますから、毎月確認するのではなく、確認する頻度を多くするようにした方が良いでしょう。

だからと言って、銀行に出向いて通帳を記帳するのは大変ですから、公共料金や買い物で利用している銀行口座はいつでも確認できるようにしておくのも必要になるでしょう。

 

02. 支払明細は夫婦揃ってチェックを
いつでも入出金明細を確認できる状態が望ましいですが、実はそれだけではダメです。一人暮らしであれば、それでも構いませんが、家族が居る場合は、少なくとも夫婦揃ってお互いにチェックするようにしないといけません。

どちらか一方がチェックしてもどれが無駄遣いなのか?というのは意外と分からないものです。二人でお互いにチェックするようにした方が良いです。

夫婦揃ってチェックをしたけど、無駄は見つからなかったという場合であれば問題ありませんが、どちらか一方があれ?と思うような支払であれば、詳細に内容を確認する必要があるでしょう。

 

03. 家計の見える化とは?
夫婦が揃って家計簿をチェックすることが見える化に繋がると思います。そういう時間も設けるのも大切だと思います。

夫婦は家庭を共同経営していますから、家庭の経理である家計は全て奥様にお任せというのではなく、旦那様も共同経営者として意外と大変でもある支払明細のチェックは手伝う等の作業は行なった方が良いでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。