健康的な生活 日頃から夏バテと熱中症に負けない体力づくりで予防を

 

皆さん、こんにちは!

夏場になると夏バテや熱中症といった症状に悩まされる季節になります。これらの対策を行わないと生活にも悪影響を及ぼしますから意外と重要です。

今回は、夏バテや熱中症への予防についての紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

日頃からの取り組み

01. 規則正しい生活
夏バテや熱中症というと夏場の病気というイメージですが、夏場に限定したことではなく、日頃からの体力づくりを行なっていれば十分に蒸し暑い夏の季節にも対応することが出来ます。

日頃からの取り組みといっても大したことではなく、規則正しい生活を行えば良いのです。たったのこれだけなのですが、意外とこれが難しいでしょう。

 

02. 何が難しいのか?
規則正しい生活とは?何だと思いますか?
1日3食の食事はもちろんのこと、夜更かしも行わず、毎朝決まった時間に起床したりすることです。

よく平日は早起きするけど休日はのんびり起床するといった事を行なっている人も居ると思います。これは規則正しい生活を行なっていないことになります。平日・休日は関係なく毎日、決まった時間に起床しないといけません。

 

また、昼寝も注意が必要です。
昼食後は満腹感もあり、眠くなってしまいますが、寝過ぎるとよくありません。昼寝は20分程度にするようにしましょう。

 

さらに、夜の食事も注意が必要になります。
寝る数時間前に夕食を済ませないといけません。これが意外と難しい。仕事から帰宅すれば18〜19時以降になると思います。

仮に18時に夕食を済ませることが出来れば問題ありませんが、通勤距離が遠い場合は21時以降に帰宅することもあるでしょう。何も食べないで寝ると、お腹が空いて逆に寝不足になってしまう場合もありますから、何か食べてから寝ないといけません。

規則正しい生活は、簡単に見えて実は凄く難しいことが分かります。

 

夏バテの予防

01. 夏バテの症状
ビールや炭酸飲料等も含めて冷たい飲み物を必要以上に摂り過ぎると消化器官の機能が低下して食欲不振に陥りやすくなります。

食欲不振の状態では、しっかりと食事を摂ることが出来ませんから、軽く食事を済ませてしまうことが多くなります。簡単に食事を済ませてしまうと栄養のバランスが偏りますし、1日の必要な栄養を摂取することもできませんから、体調不良の原因になります。

食欲不振にならないように冷たい飲み物を過剰に摂取しないように心がけましょう。消化器官に優しい飲み物は常温の飲み物です。常温でも美味しい麦茶を飲むようにするのが良いと思います。

健康のお茶 夏の定番である麦茶は暑さや熱中症にも効果がある飲み物
皆さん、こんにちは! 蒸し暑い夏場によく飲む飲み物は何でしょうか? おそらく麦茶を飲む機会が多いと思います。でも、人によってはビールだったり、ミネラルウォーターだったり違いがあると思います。 今回は、夏場に飲む麦茶につい...

 

02. 夏バテの予防
夏バテの予防には、しっかりとした睡眠が必要です。しっかり眠ることで体を休めることが出来ますから体に溜まった疲れをとることが出来ます。

でも、夏場は夜中でも暑いですから、寝苦しくて寝れないといった場合が多いですから、翌朝は寝不足気味になってしまう場合が多いでしょう。

エアコンや扇風機だけでなく、寝る時に使用する夏場の睡眠対策グッズなども有効に活用して少しでも快適に睡眠できるような対策も必要になります。

睡眠不足の状態では、夏バテになりやすいですから、先ずはしっかり睡眠が行える環境づくりを行うようにしましょう。

 

03. 睡眠の質を上げる
睡眠の質を上げることも重要になります。睡眠の質を上げるには適度な運動が欠かせません。適度な運動とは、20分程度のジョギングやウォーキングが程よい汗をかく事ができますから丁度良いでしょう。

また、それだけでなく、扇風機も工夫が必要になります。直接、肩体に風が当たらないようにする必要があります。

でも、これでは夏の嫌な蚊の襲来に対処できませんから、蚊取り線香やベープマットなどの蚊除けも必要になるでしょう。

特に睡眠中に蚊に刺されると、痒くて目が覚めてしまう場合が有りますから、この場合も寝不足気味になります。

健康的な生活 夏バテ予防は十分な睡眠と水分補給、1日3食の食事で
皆さん、こんにちは! 夏バテ予防にはどのような対策を行なっていますか? 人それぞれ色々な方法やアイデアがあると思います。 又は、何も対策は行なっていないという人も居るでしょう。 今回は、夏バテ予防についての紹介になります...

 

 

熱中症の予防

01. 熱中症には塩分
大量に汗をかくと体の中にある水分と塩分が失われますから、発汗が止まって体温が上昇して熱中症になってしまいます。

喉が渇いたと感じたら、こまめに水分補給と適度に塩分を補給して熱中症にならない対策が必要になります。

大量に汗をいた場合には経口補水液スポーツドリンクを飲むようにしましょう。特に体を激しく動かすスポーツ時は注意が必要です。

また、散歩やウォーキングでも時間が長いですから、大量に汗をかきます。スポーツドリンクを飲んだ方が良いでしょう。

 

02. ビールはダメ
夏はビールを飲みたくなってしまいますが、大量に汗をかいた場合にはビールを飲むのはいけません。ビールは脱水作用がありますから水分補給には適さないです。

 

03. 熱中症への対策
水分補給のタイミングは、喉が渇いてからこまめに水分補給ではなく、喉が乾く前に水分補給を行うことが重要です。

喉が渇いてから水分補給だと既に脱水が始まっていますから、脱水に対する補給といった感じになってしまいます。これでは後手に回ってしまいますから、早めに水分補給を行うようにしましょう。

特に高齢者や子供は注意が必要です。

 

04. 意外と見落としがちなこと
外出時は日傘や帽子も利用して直射日光を避けることも重要です。日傘というと、女性がさすイメージですが熱射病への対策にもなりますから、男性でもさすようにした方が良いでしょう。どうしても抵抗があるなら、帽子は被るようにした方が良いです。

 

日頃からの取り組みが重要

01. バランスの良い食事
規則正しい生活を行なっていたとしても夏バテになる場合があります。1日に必要な栄養のバランスが悪いと栄養が偏り、体力の維持が難しくなります。そのため、バランスの良い食事というのも重要なポイントになります。

 

02. 野菜不足
バランスの良い食事には、野菜不足にもならない事も重要になります。

1日に摂取する野菜の量は、1日あたり350gとされております。こんなに多くの野菜を摂取するのは難しいです。たとえ1日3食の食事を行なっていたとしても350gの野菜を摂取できるのか?という問題に直面します。

野菜ジュースなどの飲料を飲んで野菜不足を補うことも必要になるでしょう。

【非常食】防災&備蓄! 3日分の保存食 野菜一日これ一本・カゴメ
皆さん、こんにちは! 災害等が発生すると、いつも食べてた食材が手に入らなくなると思います。特に流通がマヒしてしまうような場合ですと、食生活において大事な野菜等も例外では無いと思います。 このような野菜はどのように摂れば良...

 

03. 体力づくり
バランスの良い食事だけでなく体力づくりも必要になります。体力づくりには先ずしっかりとした食事が重要になります。その上で、定期的な運動が必要になるでしょう。

毎日でなくなても良いですが、定期的に運動が行える環境が必要になります。運動を行うことで足腰の強化にも繋がりますし、睡眠にも良い影響を与えます。

しっかり睡眠ができれば、体の疲れも取れますから夏バテにもなりにくい体質になります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。