老後の生活費 老後に挑戦してみたい楽しみを見つけて充実した生活を

 

皆さん、こんにちは!

定年退職後はどのような生活を行うのか?考えていますか?趣味を満喫したり、全く新しいことに挑戦したりする場合も有ると思います。

今回は、老後に挑戦してみたいことを含めて充実した生活についての紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

定年退職前

01. 定年退職の1年前
定年退職を1年後に迎える場合は、定年退職後を意識した生活に合わせていくことも必要になります。ずっと働き詰めで定年を迎えてしまうと、今まで働いていた時間の過ごし方がどのように過ごせば良いのだろうか?というのが分からない状態に陥りやすいです。

少なくとも定年退職の1年前から、徐々に定年後の生活をイメージしながら生活をするのが良いと思われます。

 

02. 挑戦してみたい事を検討
おそらく、挑戦してみたいことは、いくつかプランを練っていると思いますが、先ず最初に何から始めるのか?というのを明確に決めておくことも重要です。

挑戦してみたい事が複数ある場合は、同時に2つを追い求めることになりますから効率が悪く空回りも多くなり、充実した一日を過ごせるか?分かりません。

挑戦する順番を決めておく事も必要になります。

 

03. 夫婦揃って挑戦できるものを
可能ならば、一人でも楽しめることが出来るのは勿論のこと、複数(夫婦)で挑戦できるものが良いでしょう。

何故なら、老後は行動範囲が狭くなりやすいですから、一緒に出来る仲間が居た方が気力の維持には必要不可欠だからです。

一人でも毎日が充実していれば気力の維持は十分に可能ですが、一人だと孤独感が生まれやすいですから孤独にならないような取り組みも必要です。

老後の生活費 定年退職後から始まる第二の人生の設計プランを準備
皆さん、こんにちは! 定年退職後を迎えたら何を行いますか? 今まで働いていたから、定年後はアチコチに旅行に行って見たいという場合もあれば、田舎暮らしをしたいといった場合も有るでしょう。 今回は、定年後の人生設計プランにつ...

 

挑戦してみたいこと

01. 気力の維持
定年退職後に挑戦してみたい事が有るのか?無いのか?で第二の人生の楽しみ方が変わって来ます。

挑戦したいことがある場合、毎日の生活が充実していきますから、やる気や気力も働いていた時と同じように気力を維持することが出来ます。

また、何かに挑戦することで体も動かしますから体力維持にも繋がります。

 

02. 病は気から
何かに挑戦するという気力が無くなると、自然と体も弱くなりますし、季節の変わり目などに風邪を引きやすくなりますから、気力の維持はとても重要になります。

体力と気力が維持できていれば、季節の変わり目でも風邪を引いてしまうようなことは少なくなりますから体力維持気力維持はとても重要です。

 

03. 毎日が充実しない
何も挑戦したいことがない場合は、何をするにしてもやる気がありませんから、毎日の生活が充実することが出来ませんから引き籠りがちになりやすいです。

家に引き籠ると孤独に繋がりますから、孤独にならないように意識改革も必要になります。孤独になると人生も寂しくなりますから、毎日の生活が楽しめるような事を見つけるのも大切です。

何もやりたいことが無い場合は、何かに興味を持つ事から始めてみては如何でしょうか?

 

04. 趣味とは別に
何かに挑戦してみたいことは趣味とは別に作るのが良いです。常に新しいことに挑戦し続けることでアイデアや工夫も見つかり、気力の維持にも繋がります。

また、趣味が1つだけの場合だと、その趣味が病気になったりして出来なくなってしまった場合に心にポッカリと穴が空いてしまう感じになりますから多趣味 又は 趣味の他に挑戦してみたいことを用意する必要があります。

老後の生活費 老後の年金暮らしでは趣味の必要性や扱いが非常に大事
皆さん、こんにちは! 人それぞれ色々な趣味を持っていると思います。多趣味の人もいれば、そうでない人も居て様々だと思います。又は無趣味だったり。 今回は、老後の趣味についての紹介になります。現在の趣味を老後も継続するのか?...

 

毎日が充実するような生活を

01. 時間はたっぷり
老後は自分の時間がたっぷり有りますから、時間配分に苦労することもあると思います。働いていた頃は一日の大部分が往復の通勤時間や仕事をしている時間に充てられていましたが、定年退職後は働いていた時間や往復の通勤時間も自由な時間になります。

この自由な時間をどのように使うか?で毎日の生活が変わってきます。

 

02. 挑戦してみたい事に充てる
自由な時間の全てを挑戦してみたい事に充てる必要はありませんが、少なくとも半分の時間は老後に挑戦してみたい事に充てるのが良いと思います。

たとえ挑戦してみたい事に充てる時間が少なくても、今まで出来なかったことを挑戦しているという実感がありますから、充実しているという状態になります。

時間を多く掛ければより多くの充実感が得られるとは限りません。少ない時間でも集中力を維持して短時間で行なった方が効率的でもあります。

余った時間を娯楽に充てるも良し、趣味に充てるも良しで良いと思います。

 

03. 挑戦するための費用も
老後の生活費とは別に、新しく挑戦してみたいことに費やす費用も少なからず用意しておいた方が良いです。

新しい挑戦には、それなりの費用も発生することが多いですから、積立貯金等で新しい挑戦のための費用を貯めておくことも必要だと思います。

使わなければ、そのお金は老後の生活費として補填すれば良いので、積立貯金を行っても無駄にはならないでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。