健康的な生活 暑さ対策グッズを活用して熱中症のリスク軽減や対策を

 

皆さん、こんにちは!

夏場の怖い病気である熱中症への対策は行なっていますか? 水分補給を行なっていても熱中症になってしまう場合がありますから、しっかりとした対策が重要になってきます。

今回は、暑さ対策グッズを活用して熱中症への対策を行う紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

夏の怖い熱中症と対策

01. 夏の怖い病気
夏場の怖い病気としては熱中症が真っ先にイメージされると思います。熱中症は『めまい、頭痛、吐き気、体温が高くなる、異常な発汗や汗が出なくなる』等の症状が発症しますから、とても怖いです。

 

02. 熱中症のリスクを軽減
室内や車内に居ればエアコンによる冷房で室内温度を下げる事が出来ますが、外出や運動などを行なっている場合は、暑さに対する工夫や対策を行わないと熱射病や熱中症の危険がが高まります。

熱中症のリスクを軽減するには、常に飲み物を携帯して、こまめに水分補給が欠かせません。特に熱中症の場合は喉が渇いたらでは遅いですから、喉が乾く前に水分補給や適度な塩分補給が必要になるでしょう。

 

03. スポーツ等を行なっている場合
外でスポーツやジョギング、ウォーキング等を行なっている場合も注意が必要です。スポーツ等を行なっている時は常に汗を大量に吹き出している状態になりますから、体の中の水分が少なくなると発汗が止まり、体温が上昇して熱中症に陥ります。

外でスポーツを行う場合は帽子の着用スポーツドリンクの携帯は必須になるでしょう。

 

04. 睡眠時
実は睡眠時も熱中症のリスクが高いです。寝ていると自然に汗をかきますから、寝る前に十分な水分補給を行なっていないと、寝ている時に体温が上昇しても体温を下げれるだけの水分が体内にないと体温が下げられません。

特に睡眠時は喉が渇いても自分は寝ていますから水分補給を行うことが出来ませんから熱中症の危険が高まります。

室内はエアコンや扇風機をつけるなどを行い、体温を上昇させない工夫と対策が必要になるでしょう。エアコンと扇風機を活用して快適に睡眠できる環境にするのが賢明です。

 

暑さ対策グッズの活用

01. 室内の対策
エアコンの冷房効率を高める対策も必要になるではないでしょうか?気温が一番高い午後の時間にエアコンの冷房を利用してもあまり温度が下がらなかったりするでしょう。

窓から入る暖かい空気や太陽の光への対策を行う必要があります。遮光レースカーテンや遮熱カーテンなどを利用や併用等を行ってエアコンの冷房効率を高める工夫や対策が必要になります。

また、遮光レースカーテンや遮熱カーテンの場合は、夏場だけでなく、寒い冬場でも利用することが出来ますから節電や暖房費の節約にも繋がります。

電気代の節約 夏は窓の暑さやベランダの照り返し対策を行い節電を
皆さん、こんにちは! 夏の節電対策を行うシリーズ。今回は窓の暑さ対策についてになります。 参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。 窓の暑さ対策を行う必要性 01. 外から室内に入って来...

 

02. 外出時の対策
外出時は帽子を被ってお出かけするのが賢明です。帽子を被ると、帽子を脱いだ時に髪型がペッチャンコになっている場合が多いですから、被りたくない人も意外と多いのではないでしょうか?そのように感じている場合であれば、日傘でも良いですから、しっかりと対策を行いましょう。

それだけでは不十分です。外出すれば汗も多くかきますから、水分補給をこまめに行う必要があります。お茶やスポーツドリンクの携帯が求められます。

可能ならば、ペットボトルのお茶とスポーツドリンクの2本を携帯するのが良いと思われます。又は、ペットボトルのお茶と塩分が適度に摂ることが出来るお菓子などの組み合わせも良いでしょう。

 

03. 服装の対策
暑い夏場は、吸汗速乾性のある服装やタオルが望ましいでしょう。室内と屋外では気温の温度差が大きいですから体温調節も重要になってきます。汗をかいたままのびしょ濡れ状態で冷房の効いている室内に入るのは良くないですから、汗をかいても直ぐに乾くような素材で作られた服装が望ましいでしょう。

汗拭きタオルも服装と同様です。汗で濡れた状態で拭いても気持ち良くありませんから、給水速乾性のあるタオルを外出時に持ち歩いた方が良いでしょう。

電気代の節約 夏は吸汗速乾のシャツやパンツも活用し爽かに暑さ対策
皆さん、こんにちは! 夏の暑さ対策は何か行っていますか? 電気代も一段と増えますから夏場は頭が痛くなることもあると思います。 今回は、夏の暑さ対策についてのお話になります。 参考になるか?は分かりませんが最後...

 

03. 睡眠時の対策
睡眠時も対策が必要になります。睡眠時は喉が渇いても水分補給が行えませんから、寝る前には十分な水分補給が欠かせません。その上で、睡眠時の熱中症への対策が必要になります。

寝不足や浅い眠りの場合だと、夏バテやストレスの原因にもなりますから、睡眠も意外と重要です。しっかりとした睡眠を行うには快適に睡眠できる環境が求められます。

睡眠中もエアコンや扇風機を使用するのは勿論のこと、睡眠対策グッズの活用も行なった方が良いでしょう。

 

 

睡眠対策グッズも必要

01. 睡眠対策グッズとは?
快適に睡眠が行えるような睡眠グッズになります。夏場に使うならば、夏の熱帯夜でも快眠できるような商品になります。

 

02. 快眠グッズ
快眠グッズの代表例としては、冷却マットや冷んやりシーツ、冷んやり枕などがイメージされると思います。

冷却マットだけだと、時間が経過すると、体温で暖かくなってしまって、そんなに快適ではなくなるでしょう。結局のところ、全ての冷んやりシリーズを揃えての相乗効果を狙う感じになるのではないでしょうか?

そのため、全て揃えたら、意外と費用が掛かってしまうことになります。

 

03. い草マットや竹シーツ
い草マットや竹シーツでも良いと思います。調湿力通気性がありますから快適に寝れると思います。

但し、床に敷いて寝ても体が痛くなるだけですから、快眠できないでしょう。敷布団や敷マットの上に敷いて寝るなどした方が良いです。

因みに筆者の場合は、竹シーツを愛用でしています。快適に眠れますけど、起きた時の感じがちょっと痛いかな?という感じです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。