老後の生活費 運転免許の返納後の足の確保を今から検討&準備も必要

 

皆さん、こんにちは!

マイカーを持っている方は老後の運転免許を返納した場合のことを考えておりますか? 生活の足として便利なマイカーが無くなった場合のことも考えておく必要があります。

今回は、運転免許の返納後の足の確保についての紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

運転免許返納後

01. 行動範囲が狭くなる
運転免許を返納すると、今までは何処に行くにもマイカーを運転して出かけていましたが、自分で運転することが出来なくなってしまいますから、行動範囲も一気に狭くなる場合があります。

また、働いていた時からマイカー通勤の場合は、ずっと車を利用する生活であったため、便利な車が無くなることによる不便さが身にしみて感じることになります。

特に足腰の強化を怠っていた場合は、徒歩で出かけるにしてもそんなに遠くに行くことも大変になりますから必然的に行動力もガクンと落ちてしまいます。

その結果、自宅周辺での生活になってしまう形になりますから、友人や知人等に会う機会も少なくなってしまうでしょう。

 

02. 買い物や病院に行くのが大変
運転免許を返納して一番困ることは、車を運転することが出来ないということです。車を自分で運転することが出来ないと、一人でアチコチにお出かけにも行けませんから買い物病院への通院も大変になります。

路線バスやタクシー等の利用が主体となってしまいますから、移動に掛かる交通費の負担が大きくなってしまいます。

そのため、家族の助けが必要になりますが、中には家族と疎遠になっている場合や頼れる家族が居ない場合もありますから、そういった場合は移動できる足を検討する必要があります。

 

03. 家族の助け
自分で車を運転することが出来ませんから、何処かに行く場合は子供の家族への協力が必要不可欠になります。

一緒の家に住んで居れば、協力を仰ぐことが出来ますけど、他県や自宅から遠い場所に住んでいる場合も多いと思います。

必ずしも助けてもらえるとは限りませんから、家族への協力というのも難しい場合があります。

 

運転免許返納後の足の確保

01. シニアカー
高齢者向けに作られた電動の3輪又は4輪の一人乗りの乗り物があります。この乗り物はバッテリーに充電して動作しますから電気自動車のような感じの乗り物です。

一人で行動するには丁度良い感じでは有りますが、価格も意外と高いですから、簡単に購入することが出来ません。

さらには、道路交通法ではシニアカーは車両ではなく、歩行者の扱いになっているため、歩道を通行しないといけません。

 

02. 電動アシスト付4輪自転車
電動アシスト付4輪自転車の場合は、シニアカーよりも価格は安いですが、あくまでも自転車であるため、足でこぐ必要があります。

電動アシスト機能が搭載されているため、車両自体も重いですから転倒した場合に怪我のリスクが高いでしょう。

老後は足腰が若い人と比べると弱くなっているため、転倒すると怪我に直結します。購入される場合は、転倒時の事も十分に考慮した上で家族と相談するのが望ましいでしょう。

 

03. 公共交通機関
自宅まで迎えに来てくれるタクシーが望ましいですが、タクシーの場合だと路線バスの運賃よりも高くなりますから経済的ではありません。

それに引き換え路線バスの場合は、バス停に出向く必要があり、さらには自分が住んでいる地域の過疎化が進むとバスを利用する人が少なくなり、廃線になる場合があります。

必ずしも老後になっても路線バスが利用できるのか?という保証がありません。

 

04. 家族の協力
一番良いのは子供の家族の協力を仰ぐのが良いのではないでしょうか?安心感がありますし、多少の無理もお願い出来る場合があります。

子供の家族が近くに住んでいるのであれば、日頃から良好な関係を築いておく必要があります。

子供夫婦が他県や遠い場所に住んでいる場合は、無理難題は言えませんから、病院への通院といった必要不可欠な場合は路線バスやタクシー等を利用するしかないと思います。

 

検討&準備

01. 先ずは生活する上で大事なこと
生活するには食事をしないといけません。食事をするには食料品を購入する又は家庭菜園等で野菜を収穫する必要があります。

近くに購入できるお店があれば問題ありませんが、近くにない場合もありますから、この食料品をどのように確保するのか?を考えておく必要があります。

可能ならば、食費の節約にも繋がりますし、趣味にもなりますから、家庭菜園も有った方が良いのではないでしょうか?

老後の生活費 年金暮らしでは運転免許の返納も考慮した生活の準備を
皆さん、こんにちは! 高齢者の交通事故も多くなっています。どうしても年齢が高くなると注意力にも衰えが出て来ますから、何でも若い世代の人達とは同じというようにはいきません。 今回は、運転免許を返納したら後の生活についての紹...

 

02. 通院手段の確保
持病を抱えている場合や、虫歯、風邪等を引いてしまった場合には病院に通院する必要があります。徒歩で通えるお医者さんの検討が必要になるでしょう。

特にお医者さんの場合は、何処でも良いという訳にはいきませんから、下調べも重要になってきます。

 

03. 老後の一人暮らし
老後の場合は一人暮らしになる可能性がありますから、日頃から自炊できるように料理の腕を磨いておく必要もあるでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。