健康的な生活 おやつ等の間食を控えて食生活の改善を行い糖尿病予防

 

皆さん、こんにちは!

毎日お菓子などのおやつを食べている人も多いと思います。おやつを食べるのが日課になっている場合もあると思います。

今回は、おやつなどの間食を控えて糖尿病のリスクの軽減に繋げる紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

おやつはストレス発散にも繋がる

01. おやつといっても様々
おやつと言っても、お菓子だったりスイーツ、デザートなど様々な種類があります。どのおやつを食べるのか?は各個人の自由ですから好きな物や食べたい物が中心となるでしょう。

ケーキなどの洋菓子、お団子などの和菓子、食後のデザートは勿論のこと、食事でも食べる食パンや野菜等もおやつとして利用することが出来ます。

また、たとえ飴玉1個だとしても立派なおやつになります。

 

02. おやつは間食
おやつは食事と食事の合間の時間に食べる間食になります。そのため、毎日の生活では午前と午後に食べる機会があるでしょう。

午前であれば10時、午後であれば15時の1日2回です。でも、学校や仕事といった場合では、その時間帯におやつを食べることは出来ませんから、休憩時間や帰宅途中、夕食後に食べるパターンになってしまうと思います。

自分へのご褒美や誕生日といった特別なイベントとして美味しいスイーツを食べたりする場合がありますけど、これらも食事と食事の合間に食べていれば間食になります。

 

03. 疲れやストレス発散
お菓子などの甘い物を食べると、仕事や家事の疲れやストレスの発散に効果があります。甘い物は回復力を高める効果がありますから集中力の維持にも役立ちます。

疲れやストレスを溜めて込んでしまうと発散するのが出来なくなり、不健康や病気になってしまう場合がありますから、なるべく早めに発散するのが望ましいです。

ストレスの発散には運動が望ましいですけれども美味しい食べ物を食べて発散するのも良いと思います。

 

おやつを減らした方が良い理由

01. 肥満防止
お菓子などのおやつを食べると回復力を高める効果があるので疲れやストレスが溜まっている場合に食べるのは良いことです。

しかし、美味しいお菓子だったり、なかなか止められないスナック菓子といった食べ物を食べていると、必要以上に食べてしまうこともあると思います。

満腹感が得られるまで食べてしまうと、太る原因にも繋がりますから注意が必要です。おやつなどの間食は、小腹を満たす程度で良いので満腹になるまで食べる必要はありません。

腹八分目程度でも多いと思います。次の食事までに空腹が持てば良いので肥満体質にならないように食生活を見直すことも必要になります。

 

02. おやつ代の抑制
毎月のおやつ代の合計金額はどのくらいになっていますか?各家庭によっても違いがありますが、4000〜6000円程度になるのではないでしょうか?

特におやつ代は食費に占める割合が高いですから、おやつを減らすことで食費の軽減にも繋がります。

また、1回に食べるお菓子などの量が少なくすることでお菓子の購入サイクルが長くなりますから、おやつ代の節約にも繋がります。

家計の節約 おやつ等の間食を見直して食費を抑え健康に配慮した生活
皆さん、こんにちは! 普段から、おやつなどの間食をしている方も多いのではないでしょうか?小さいお子様が居る場合やお仕事中の休憩時間でもお菓子などを食べてリラックスする場合も有ると思います。 今回は、おやつ等の間食を見直し...

 

03. 健康にも配慮
お菓子等の甘さは回復力を高めてくれる効果がありますから、おやつを食べるのは問題ありません。しかし、おやつを食べ過ぎてしまうと逆に肥満体質になってしまう場合がありますから注意が必要になります。

食べ過ぎない程度に食べるようにする必要があるでしょう。おやつの食べる量をコントロールして計画的に食べるようにした方が良いです。

特に高カロリーなお菓子であるケーキ等のスイーツをよく食べる機会のある人は要注意です。

 

 

食生活の改善を行い糖尿病を予防

01. 糖尿病のリスク
毎日、お菓子などのおやつを必要以上に食べていると肥満糖尿病のリスクが高まります。糖尿病になると甘い物が食べられなくなりますから、毎日の食生活が大変になります。

また、糖尿病は3大合併症の1つで、様々な病気を引き起こす原因にもなる怖い病気ですから、特に注意が必要になります。

 

02. おやつを食べる習慣の見直し
おやつをあまり食べない習慣の方が良いと思いますが、それでは疲れやストレスが溜まってしまった場合に回復することが出来なくなってしまいますから、食べる量を少なめに調整して食べて本当に小腹を満たす程度に抑えた食べ方にするのが賢明だと思います。

但し、今までずっとある程度の量を食べていた場合は、急に食べる量を少なくすると逆にストレスが溜まってしまいますから、暴飲暴食の一因にも繋がるため、食べる量を少しずつ減らして行くようにした方が良いでしょう。

 

03. おやつの見直し
おやつを食べる習慣の見直しだけでなく、食べ物にも見直しを行う必要があるでしょう。お菓子主体のおやつであった場合は、お菓子以外の野菜などを主体にしたり、組み合わせたりするといった対策も必要になります。

小腹を満たす程度であれば、ミニトマトもおやつになると思います。特に水分も多いですから、水分補給にも繋がります。

 

04. 糖尿病を予防
糖尿病を予防するには、必要以上に糖分を摂らないことと、定期的な運動が必要不可欠になります。毎日30分程度の散歩でも良いので毎日継続して運動を行うのが良いです。

また、毎日30分程度の運動を行うことで足腰の強化にも繋がりますから、老後の世代になった場合でも、しっかりした足腰が維持されて、生活する上で助かります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。