家計の管理 クレジットカードの支払を管理するなら1回払いの徹底を

家計節約術

 

皆さん、こんにちは!

クレジットカードを利用して買い物や固定費の支払いに利用されている方も多いと思います。また、色々なお店でカード払いが行えるため、小銭いらずで買い物が出来て便利です。

今回は、クレジットカードの支払方法は1回払いが良いという紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

スポンサーリンク

クレジットカードの利用

01. 一時的な借金
クレジットカードで買い物を行うと、銀行口座への請求は2〜3ヶ月後になります。商品代金をクレジットカード会社が少しの間、肩代わりしてくれますから一時的な借金をして買い物を行うことになります。

クレジットカードで買い物をしても銀行口座のお金は直ぐに引落されませんから、まだ購入しても大丈夫という錯覚を起こしやすいため、結果的に借金が銀行口座の残高不足を招いてしまったりする恐れに繋がります。

銀行口座が残高不足になると、毎月の固定費の支払いが行えなくなりますから、光熱費が止められてしまったりすることも有ると思います。

また、銀行によっては残高が不足すると自動的にお金を融通する仕組みになっている場合がありますから、そういった場合は自分では気がつかない内に借金が膨らんでしまっているといった状態になってしまうかも知れません。

一時的な借金だからといって軽くみないで、計画的にクレジットカードを利用することが求められます。

 

02. 特典やポイント
クレジットカードを保有することで様々な特典を受け取ることが出来たり、ポイントを貯めることが出来ます。これらの特典やポイントは魅力的ですから、クレジットカードを買い物に利用している方も多いでしょう。

何しろ、利用すればするほどポイントが貯められますからポイント交換も行えて特典も貰えて一石二鳥です。

また、クレジットカードを保有しているだけで自動的に付帯保険が付いて来たりする場合が有ったり、自動的ではないにしろ利用すると付帯保険が付いて来るカードもありますから、そのようなクレジットカードはとても魅力です。

1つは保有しておいて損はないと思います。特に海外旅行を趣味にされている方であれば、海外旅行保険が付帯されるカードが有れば海外旅行保険の費用を節約することが出来ます。

 

03. 色々な支払い方法
支払方法も色々あります。通常は1回払いですが、ボーナス月に支払いたいといった事も可能ですし、毎月分割払いで払いたいといったことも出来ます。

 

クレジットカードの支払方法

01. 1回払い
商品を購入したら1回で商品代金を支払う方法になります。クレジットカードのように利用できるデビットカードと同じ1回払いでの購入となります。

家計の管理 買物や出費の管理ならイオン銀行デビットカードがお得
皆さん、こんにちは! 国際ブランドが付いたデビットカードは使っていますか? クレジットカードは持っているけど、デビットカードは持っていないという方の方が多いかも知れません。 今回は、イオン銀行デビットカードでお得に...

 

02. 分割払い
クレジットカードで分割払いというのは3回払い以上の回数で分割して支払う方法になります。さらには、金利手数料が発生する事と、自分が指定する回数を選ぶことが出来ないというデメリットがあります。

※ 予め決められた回数での支払いとなります。

 

03. リボ払い
リボ払いという支払方法もあります。分割払いでは、支払回数を指定する方法ですが、リボ払いは支払回数ではなく、支払金額を指定する支払方法になります。

このリボ払いは、毎月の返済金額を常に一定金額にすることが出来るため、銀行口座の残高のやりくりがし易くなるというメリットがあります。

逆にデメリットも有ります。どんなにお金に余裕が有ってたくさん返済に充てる事が出来る場合でも毎月決められた返済金額しか返済することが出来ませんから利用すればするほど未払い残高が膨らんでしまうという悪循環になりやすいです。

分割払いと同様に支払回数が自分の好きな回数に選ぶことが出来ないため、金利手数料もその分多く負担しなければなりません。

 

スポンサーリンク

 

支払い管理が面倒

01. 請求は2〜3ヶ月後
クレジットカードを利用して買い物を行なった場合、買い物をした月の2〜3ヶ月後に銀行口座に請求されますから、購入レシートと請求明細書のチェックが大変になります。

購入回数が少ない場合であれば、比較的にチェックするのも大変ではないですが、2〜3ヶ月前の買い物をチェックしなければならないというのは大変でしょう。

 

02. チェックの必要性
2〜3ヶ月前に購入した商品等のチェックを行わないと、クレジットカードの不正利用の被害に遭う可能性も否定できませんし、公共料金等の固定費では、請求書の金額と実際に引き落とされた金額が違ったといった場合も有りますから、チェックは必要不可欠になります。

 

03. 1回払いの徹底を
クレジットカードを利用するのであれば、1回払いに徹する必要があるでしょう。2〜3ヶ月前の買い物をチェックするのも大変なのに分割払いやリボ払いなんて利用したら、金利手数料まで負担しなければなりません。

金利手数料の負担が大きくなれば、貯金に充てる金額も少なくなってしまったり、貯金することが出来ない状態に陥ってしまいますから、金利手数料が発生しない方法で返済するのが望ましいです。

そのため、クレジットカードを利用する場合は1回払いを徹底しましょう。

 

04. 買い物では利用しないという選択
クレジットカードは一時的な借金ですから、借金をしてまで買い物を行うことになります。1回で支払える余裕が有るのならクレジットカードで買い物をしなくても良いと思います。

とはいえ、クレジットカードを利用すると様々な特典やポイントが貯まりますから、買い物に利用するのではなく、固定費の支払に利用した方が良いでしょう。

固定費の場合は毎月必ず支払が発生しますから、確実にポイントを得る事が出来ます。

家計の管理 カード払いでの買い物は管理がしやすいデビットカードで
皆さん、こんにちは! 日常的な買い物の支払いにクレジットカードを利用している方も多いと思います。現金いらずで買い物ができますし、利用できる店舗も多いですから便利だと思います。 今回は、買い物はデビットカードを利用の検討を...

コメント