旅行の準備 海外旅行では帰国の飛行機に乗り遅れた時の備えと対応を

旅行術

 

皆さん、こんにちは!

海外旅行に行く方も多いと思います。帰りの飛行機に乗り遅れてしまったというような貴重な体験をした事は有りませんか?

今回は、帰りの飛行機に乗り遅れてしまった時の対応についての紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

スポンサーリンク

帰国の飛行機に乗り遅れた場合

01. 帰国便に乗り遅れる
帰国の飛行機に乗り遅れるような展開は90%は無いと思いますが、それでも交通渋滞や事故・災害等に巻き込まれたり、電車やバスに乗り遅れたりして国際空港への到着が遅れてしまい、航空会社のチェックインカウンターにて搭乗手続に間に合わなかったといった場合。

個人旅行ならば、帰国の飛行機に乗り遅れてしまうパターンも十分に想定できますが、旅行会社のツアー等では、ほとんど無いと思います。特に旅行会社の場合は空港への移動は観光バスですから大渋滞等に巻き込まれない限り、国際空港への到着が遅れるような事にはならないでしょう。

 

02. お金を持っていない
クレジットカードを持参していると思いますから、片道の航空券を購入することは出来ると思います。

でも、現地のお金を全て使い切ってしまっている場合の方が多いのではないでしょうか? 日本円に両替し直すと為替の関係で損する場合が有りますから、海外旅行ではお金を全て使い切ってしまうという考えの場合。

この場合、日本円も手元にない場合が多いですから、最低限必要な日本円は残しておいた方が良いと思います。

 

03. 旅行会社のツアーの場合
旅行会社のツアー等で海外旅行の場合は、帰国の飛行機やホテル等の手配は旅行会社で行なってくれますが、帰国できるまでの滞在費用は自腹になりますから、少なくとも帰国できるまでの日数分の滞在費用が必要になります。

クレジットカードがあればホテルの宿泊には問題ありませんが、食事は外食される場合が多いですから、この時にお金が必要になるでしょう。

どのお店もクレジットカードでの支払に対応しているとは限りません。

 

旅行前の準備

01. お金
もしもの帰りの飛行に乗り遅れた場合に備えて、最低限の余分なお金を持って行った方が良いのではないか?と考えます。

自分は帰りの飛行機に乗り遅れるといった事はないと考えている人も多いと思います。でも、こればっかりは必ずや絶対は無いですから、最低限の滞在費用は余分に持って行った方が良いのではないでしょうか?

明日は我が身とも言いますから、自分はそんなヘマはしないという考えは止めて、準備した方が良いと思います。

 

《使い切らないという方法》
海外旅行で余ったお金を全て使い切ってしまうような事はしないで持ち帰るという方法も有効だと思います。もう同じ国や地域には絶対に旅行しないというのであれば日本円に両替した方が良いですけれども、そうでない場合は次回の旅行時に余ったお金を使えば良いのです。

同じ国や地域に旅行するリピーターも多いと思いますから、もし、また訪れる又は訪れようと考えている場合は、日本に現地通貨を持ち帰っても無駄にすることは無いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

《注意事項》
余分にお金を持って行くと、余計にお金を使ってしまうパターンになりやすいです。何故なら、旅行に持って行ったお金は両替してしまう場合が多いからです。余分に持って行ったお金は日本円で残したままにしておくのが良いでしょう。

 

02. クレジットカード
パスポートとクレジットカードは必需品ということで必ずセットで持って行くようにしましょう。

 

03. 食べ物
3食分の非常食を持って行った方が良いのではないでしょうか? 手持ちのお金が少ない場合は非常食があると滞在費用の抑制にも繋がります。

もし、海外旅行に非常食を持って行く場合はおやつ替わりに食べる事も可能なカロリーメイト等のバランス栄養食とドライフリーズ食品がオススメです。

バランス栄養食の場合は食べた時点で不足している栄養を補うことが出来ますし、フリーズドライ食品の場合は軽量でお湯でも水でも短時間で食べられる状態に戻すことができるため、そんなに荷物になるような事はありません。

但し、ドラーフリーズ食品の場合は食器が必要になりますから注意しましょう!

旅費の節約 旅行で帰りの飛行機が欠航時の食事・おやつは非常食で!
皆さん、こんにちは! 飛行機を利用した旅行で帰りの飛行機がまさかの欠航になった経験はありませんか?このような場合は帰りが遅くなりますから大変です。 今回は、帰りの飛行機が欠航になった場合も含めて旅行での非常時の旅費を節約...

 

04. おやつ
バランス栄養食をおやつ替わりに利用しても良いのですが、高カロリー食品も1つは持って行った方が賢明だと思います。

但し、チョコレートの場合は、夏場の暑い時期は溶けてしまいますから涼しい時期限定ですし、チョコレートに匹敵する高カロリー食品である羊羹の場合は1個の重さがあります。一口羊羹を持って行かれるのも良いと思います。

一口羊羹ならば、満腹感も得られますから、おやつにも行動食にもなります。

コメント