老後の生活費 老後の年金暮らしでは医療費や介護費用の準備も必要

 

皆さん、こんにちは!

まだ老後の世代になっていない方も居れば、既に老後の年金暮らしをされている方も居ると思います。老後では医療費や介護費用の負担も大きいですから日頃からの十分に検討や対策をしておくことが必要になるでしょう。

今回は、医療費や介護費用についての紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

老後はどのように暮らす

01. 自宅で過ごすのか?
老後はずっと住み慣れた自宅で過ごすのか?という問題に直面します。元気で居れば自宅でずっと暮らすのが一番良いですが、ずっと元気に暮らせるという保証は有りませんから、そういったことも十分に検討しておく必要があると思います。

 

02. 介護施設で過ごすのか?
介護施設にお世話になるのか?という問題も有るでしょう。自宅では介護できない場合は介護施設のお世話になる場合も十分に想定されます。

自宅介護の場合は、家族に相当な負担が掛かりますから家族の事を考えると施設で暮らすのも仕方がないという考えと、家族には本当に申し訳ないけど、ずっと家族と一緒に暮らしたいという考えがあると思います。

可能であるならば、ずっと家族と一緒に暮らしたいと思います。家族や自分にとって一番良い選択は何なのか?という悩みは早い内から家族と十分に話し合っておいた方が良いと思います。

 

老後の資金

01. 年金
老後の生活費は年金を充てるとして、生活費の中には食生活の費用だったり、医療費だったり、趣味の費用等も含まれるでしょう。公的年金だけでは生活が厳しいという場合も多いと思います。

また、個人年金保険を契約している場合は、公的年金に加えて、予め決められた一定期間を年金として受け取ることが出来ますから、受け取っている期間は普通に生活をする事も可能だと思いがちですが、本当にそうなのでしょうか?

 

02. 貯金
貯金は、受け取った年金にプラスするお金になります。年金だけでは生活が苦しい場合に貯金を取り崩して生活費の一部に充当したりするお金になりますから、最低でも20年ぐらい枯渇しない程度の貯金額が必要になると思います。

可能ならば、30年分の貯金額が有った方が良いと思います。何故なら、平均寿命が延びていますから、長生きする可能性の方が高いからです。

 

03. 個人年金保険
個人年金の場合は年3~4回等の回数になっている場合が多いですから、効率的にお金を使わないと苦しくなる場合も有ると思います。

年金だけでは足りないな?と感じた場合でも個人年金の受け取り月はまだ先だったといったことも有るでしょう。意外と見落としがちですが、契約する場合は、実際に受け取る時の事も考慮して契約した方が良いと思います。

 

04. 貯蓄性の高い保険等
養老保険等の貯蓄性の高い保険の場合は満期が来れば、まとまったお金として利用することが出来るため、老後の資金としては丁度良いと思います。

働いているうちに、いくつか貯蓄性の高い保険に加入しておいた方が良いと考えます。但し、保険期間は考慮する必要があるでしょう。

働いている場合であれば、別に保険期間はそんなに考えないと思いますが、実際に老後の年齢になると、お金が急に必要になったりする場合もありますから、そういう場合も十分に考慮してコントロールすることも必要だと思います。

 

問題は医療費や介護費用

01. 医療費
老後の世代になると骨も弱くなりますから、ちょっとした転倒でも骨折や怪我をしてしまう場合が多いです。

また、健康状態が悪くなったり病気に掛かりやすくなるため、お医者さんのお世話になる確率の方が高いと思います。これらの医療費の事も十分に考えて予め準備しておく事も必要になると思います。

老後は医療費の支払も増える!日頃から健康や体力作りで病気への対策
皆さん、こんにちは! 老後の生活費を普段から考えている方も多いと思います。老後になると体も弱くなりますから医療費の負担も増えると思います。 今回は、日頃から健康や体力作りをして老後の医療費を抑える紹介になります。 ...

 

02. 介護費用(自宅)
ずっと自宅で暮らすのであれば介護費用は発生しないだろう?と考えてしまう場合が多いですが、意外とそうでは有りません。自宅でも介護費用が必要になります。

病気や怪我で一人で動けなくなってしまったり、認知症になってしまったりすると、家族介護士のお世話になります。

介護士のお世話になると、費用が発生しますから、自宅で暮らす場合も、介護士のお世話になる費用は最低でも準備しておく必要があるでしょう。

また、車椅子や介護ベッドなどの介護商品も必要になる場合が有りますから、そのような介護商品の購入費用も想定して準備しておいた方が賢明だと思います。

 

03. 介護費用(介護施設)
介護施設に入所する場合は、自宅で暮らす場合と比べ物にならないぐらいの費用が発生します。介護施設を考えているのであれば、先ずはこの費用を工面することから始めた方が賢明です。

年々、入所費用も高くなっておりますから、自分達が老後の世代になった場合は、現在の入所費用よりも高騰している可能性が十分に想定できるため、余裕を持ってお金を用意した方が良いです。

 

04. 介護費用の準備
準備といっても貯金になってしまうと思いますが、老後の資金とは別に介護に充てる費用を用意しておく形になるのではないでしょうか?

可能ならば、働いている内からコツコツと老後の事を考えて少ない金額で積立貯金という方法も有効だと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。