旅行の荷物 旅行では身軽でコンパクトなパッキングでスマートな旅を

 

皆さん、こんにちは!

宿泊を伴う旅行の場合に荷物はどのようにパッキングしていますか? たいていの場合は旅行のメインバッグはスーツケースの場合が多いと思います。

今回は、宿泊旅行ではコンパクトなパッキングで旅行を楽しむ紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

旅行のパッキング

01. 旅行バッグ
旅行の持ち物を収納するためのバッグになりますが、たいていの場合はスーツケースが多いと思います。リュック(バッグパック)で旅行される方も多いでしょう。

スーツケースの場合は小さなタイヤが付いていることもあり、転がして荷物を運ぶことが出来るため、非常に楽なのですが、階段では転がす事が出来ませんから運ぶのが大変というデメリットがあります。

それに対してリュックの場合は、荷物を背中に背負うと両手を空けることが出来るため、防犯に良いのですが、逆に貴重品をリュックに入れてしまうと危険性が高くなるというデメリットが発生します。

そのため、リュックをメインにして、貴重品等を収納するバッグが別途に必要になってしまったりするでしょう。

 

02. 着替え
宿泊を伴う旅行の場合は着替えを持って行くことになります。着替えは旅行バッグの中に占める割合が非常に大きくなりますから、圧縮袋などを利用してコンパクトにしたりする場合が多いです。

衣類圧縮袋は100円ショップでも購入することが出来ますから、とても便利なのですが、あまり収納する枚数が少なかったりします。

着替えをコンパクトにするには、必要最小限の着替え+洗濯が良いと思います。2泊3日以上の宿泊の場合であれば、基本的に30日泊まった場合でも準備する着替えは2泊3日分で良いでしょう。

2泊3日分の着替えに加えて洗濯セットを持って行くことで大幅に着替えを圧縮することが可能になります。

また、着替えが少なくなれば、その分、現地でのお土産を収納できるスペースも多くなりますから、旅行でもホテルで着替えを洗濯という方法も十分に有りなのではないでしょうか?

 

《洗濯セット》
洗濯洗剤、洗濯ばさみ、折り畳みハンガー、洗濯ひも

 

パッキングはコンパクトに

01. コンパクトな荷物
荷物をコンパクトにするには、余計な物を持って行かないようにする事だと思います。旅行だと、ついアレコレと持って行きたくなってしまいますから、そのような荷物は持って行かないようになるのが賢明です。

でも、自分ではどれも必要に思えてしまいますから、先ずは必要かも知れない物は持って行かないようにするのが良いでしょう。

必要かも知れない物は、使わないかも知れないという物ですから、持って行けば使う可能性がありますが、持って行かなくても問題ないという物になります。

 

02. 余計な荷物
旅行では余計な荷物を持って行くことが多いです。実際には使わなかったり、用途は少なかったりするような物でも持って行ってしまうことがあります。

このような持ち物は持って行くと荷物になりますから、その分、重量も重たくなります。余計な荷物は必要かも知れない物の他に、有ると便利な物です。

有ると便利な物は、有った方が便利だけど無くなても問題ない物です。そういう荷物を意外と多くパッキングしてしまう傾向になりますから、コンパクトな旅行を行うのであれば、そのような物は持って行かないようにしないといけません。

 

03. コンパクトなパッキング
旅行のパッキングをコンパクトにするには、余計な荷物をカットするのは勿論のこと、その他に重要なことがあります。

それは、旅行の荷物を収納するバッグを小さくすることです。旅行バッグが大きいと、色々な物が入ってしまいますから、余計な荷物を収納したくなってしまいます。特に旅行で便利なグッズなどを入れても余裕があるといった状態でしょう。

コンパクトなパッキングをするのであれば、旅行バッグは一回り小さくすることをお勧め致します。荷物を収納するバッグを強制的に小さくすることで、余計な物を持って行くのを防ぐ効果が期待できます。

 

04. サブバッグ
特に飛行機を利用した旅行の場合になりますが、空港等ではショルダーバッグなどのサブバッグを利用した方が便利だったりする場合があります。

機内防寒としてポケッタブル・ジャケットや羽織る物の収納として利用したり、貴重品やガジェットを収納したりするバッグになりますが、この場合もコンパクトにするのが良いと思います。一回り小さくするのも良いですし、軽量にするのも良いでしょう。

但し、サブバッグは現地での街歩きや観光のバッグを兼ねる事になりますから、そういう点も考慮する必要があります。

 

 

身軽でスマートな旅行を

01. 機内持ち込み
LCCで海外旅行をする場合、機内に持ち込める重量が7〜10Kgである場合が多いですが、重量が超過してしまった場合や機内に持ち込める持ち物が多くなってしまうと別途追加料金が発生してしまいます。

そのため、荷物は軽量でかつ、コンパクトなパッキングが求められます。特に現地でお土産を多く購入した場合は注意が必要になります。

 

02. 身軽さも必要
旅行では身軽さも必要になります。身軽でないと移動も大変ですし、荷物がいっぱい有ると、注意力も分散してしまいますから、防犯の観点からも良くないでしょう。

特に注意力が分散してしまうと、盗難対策が疎かになってしまいますから、なるべくコンパクトにして注意力を分散しないように心がける必要があります。

 

03. スマートな旅行
コンパクトな荷物で移動や滞在することで疲れストレス等を軽減する効果も有ります。旅行の疲れを軽減するのであれば、引きながら荷物を運ぶことが出来るスーツケース+両手が空くリュックという組み合わせがあまりストレスを感じないのではないでしょうか?

飛行機を利用しない旅行であれば、リュック1つで旅行するのがスマートでかつシンプルですけど、着て行く服装によってはリュックではダメな場合がありますから、旅行の服装も注意が必要になるでしょう。

旅費の節約 LCCで海外旅行なら持ち物は機内持込のパッキングで!
皆さん、こんにちは! LCCで海外旅行に行かれる方も多いと思います。 今回は、LCCで海外旅行する場合に各航空会社のチェックインカウンターで超過料金が発生しないようにパッキングして旅行しましょう! という紹介になります。...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。