家計の管理 買い物の記録はスケジュール帳に記入して家計簿いらず

 

皆さん、こんにちは!

日常の買い物や支払等の記録は何で行なっていますか? 何もしていない人も居れば、家計簿に記録している人も居ると思います。

今回は、日常の支払の記録はスケジュール帳に記録して家計簿を使わない方法の紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

家計簿はつけている?

01. 家計簿は多種多様
家計簿と言っても簡単な物から本格的な物まで多種多様ですが、パソコンの家計簿ソフトを利用していたり、エクセルでオリジナルの家計簿をつけていたり、ノートに記入したりと、これまた家計簿のやり方は多種多様です。

 

02. 家計簿は挫折し易い
お金の移動が有ったら家計簿をつける事になるので、ちょっと面倒なこともあり、簡単のようで意外と継続するのが難しかったりします。

別に毎日つける必要はないため、一週間まとめて記録しても問題ないと思いがちになってしまうのも事実です。

でも、後で纏めて行うと、家計簿につけるのが大変になってしまうため、嫌だな〜という気分になってしまいますから、結局は買い物をした日につけるのが望ましいです。

 

03. 節約して貯金するなら必需品
家計が赤字になったり、大きな買い物をしたかったり、今よりも貯金したいと思うことも有ると思います。その時に、今のようなお金の使い方だと難しいから、どうにかして工面したいでしょう!

お金をローンで借りてしまうと、金利手数料も含めて返済になりますから、家計を圧迫してしまいます。

そうなって来ると、お金を節約する傾向になりますから、効率的に節約するのであれば、どうしても毎月のお金の流れを把握する必要があるため、家計簿が必須となって来るでしょう。

 

毎月の支払いは把握しているのか?

01. 家計簿で無くても良い
お金の流れを把握するのであれば別に家計簿で無くても良いと思います。毎月の支出さえ分かれば、何にいくら使っているのか?が分かりますから支出だけを記録した支出簿でも良いでしょう。

但し、ただ記録するだけでは何の意味もありませんから、せっかく記録したデータを活用するなりした方が良いです。ただ、そうなって来ると、家計簿っぽくなってしまいますから、自然に家計簿をつけている感じになって来ると思います。

 

02. 支出簿も工夫すれば立派な分析ツール
ノートに支出だけを記録しても良いですけど、この場合は紙ベースの記録になってしまいますからパソコンに活用することが出来ません。活用しないで、ただ見て確認するのであれば、このやり方でも問題ありません。

しかし、せっかく記録するのでれば活用しないと勿体ないですから、上手く活用できるように工夫する必要があります。例え紙ベースのノートで有っても工夫すれば活用できるツールになりますからアイデア次第で立派な分析ツールになるでしょう。

 

 

スケジュール帳やカレンダーに記入

01. カレンダーに支払を記録
自宅にあるカレンダーに毎日の支払総額を記入して行くのも良いと思います。しかし、支払総額だけだと何にいくら使ったのか?が分かりませんから、最低でも費目別の総額+用途マークで記入した方が良いと思います。

カレンダーの場合、沢山書き込みすることが出来ませんから、限られたスペースで記入する事になります。そのため、パッと見て直ぐに分かるようなマークが必要になります。分かり易いマークがあれば月末に集計する時にも役立ちますから良いと思います。

※ 基本的にはパソコンやスマホのカレンダーの方が良いでしょう。

 

02. スケジュール帳に支払を記録
スケジュール帳の場合はカレンダーよりも書き込みできるスペースが有りますから、何にいくら使ったのか?が分かるように項目別に書き込んだ方が良いでしょう。

例えば、食事であったら、朝食代500円、歯医者3000円といった感じに記入することで、何にいくら使ったのか?が分かります。

紙ベースの場合だと、月末に集計するのが非常に大変になってしまいますから、毎日の合計を算出するようにして、毎日足していく形の集計が良いと思います。

毎日集計していけば毎日の支払合計今日までの支払総額が分かりますから、パソコンで管理しなくても問題ないと思います。

但し、毎日の支払が多い場合は、流石にこの方法には無理がありますから、とりあえず記録だけしておいて、パソコンやスマホのアプリで管理するのが良いと思います。

 

03. 券売機や自動販売機用として
自動販売機や券売機で食券等を購入するタイプのお店の場合はレシートが貰えませんから、記録に残しておく必要があります。

頭の中で記録しても良いのですが、仕事に追われていたりすると、忘れてしまう場合が有りますからスケジュール帳に書き込んでおいた方が良いです。

普段からスケジュール帳を利用している人であれば、券売機や自動販売機で購入した商品の記録を書き込んでも特に違和感は無いと思います。

※ 普段からスケジュール帳を利用しない人であればスマホのアプリで管理するのが良いと思います。

家計の管理 挫折しない家計簿のつけ方は自分流のやり方が一番良い
皆さん、こんにちは! お金の流れが一目瞭然に分かる家計簿をつけていますか? 確かにつけているけど、一目瞭然ではない場合やつけるのが面倒に感じている方も多いと思います。 今回は、挫折しない家計簿のつけ方についての紹介になり...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。