LCCで旅行 24時間空港の羽田空港等で野宿なら夏でも寒さ対策を

 

皆さん、こんにちは!

LCCで海外旅行に行く時に24時間空港を利用される方も多いと思います。24時間空港では空港内で野宿することも出来ますから、出発時や帰国時に電車や空港リムジンバスが営業終了している場合に野宿する場合もあると思います。

今回は、羽田空港で野宿する場合は、夏でも寒さ対策をした方が良いですよ! という紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

どうして空港で野宿するのか?

01. チェックイン時間
特にLCCで海外旅行に行く場合は、チェックイン時間が深夜又は早朝であることが多いですから、その時間に合わせて空港に移動することが出来ません。

深夜や早朝といった時間は空港に行く電車やリムジンバスが営業していない事が多いため、マイカーを持っている人や家族に空港まで送迎して貰えるような人やマイカーで空港に来れる人でないと空港に到着や自宅に帰宅することが出来ないでしょう。

 

02. 到着が深夜
海外から日本に帰国した場合、LCCだと深夜0時を過ぎている場合もあると思います。到着ロビーに出て来た頃には既に電車が営業終了になっていたといった場合や最寄りの主要駅に行く空港リムジンバスが既に無かったり等もあるでしょう。

家族が自家用車で迎えに来てくれている場合や自家用車で空港まで来ている方は帰宅することも可能ですけど、そうでない人は帰れないと思います。

このような場合には国際線ターミナルに隣接しているホテル等に宿泊するか?それとも国際線ターミナル内で朝まで過ごしてから、電車や空港リムジンバスの営業が開始されるのを待ってから帰宅するか?の2択になってしまうでしょう。

 

03. 誰も空港で野宿はしたいと思っていない
チェックイン時間や空港に到着する時間が深夜又は早朝であるため、空港に移動したり自宅に帰宅するための手段が既に終了していますから仕方なく野宿することになるのである。

特にLCCの場合は、少しでも安く海外旅行をしたいですから、空港近辺のホテルに宿泊する費用は抑えたい 又は、節約したいでしょう。

そうなって来ると、24時間空港のメリットを活かして空港で仮眠して過ごすといった選択が賢明になるでしょう。

24時間空港には24時間営業のコンビニや食事店も有りますから、食べ物や飲み物も手に入りますし、トイレも有り、巡回している警察官や警備員も居ますから安心して過ごすことが出来るでしょう。

 

羽田空港で野宿するには?

01. 野宿できるターミナル
羽田空港で野宿できるのは国際線ターミナルになります。国際線ターミナルには24時間営業しているコンビニのローソンや吉野家もあるため、お腹が空いても食べ物を購入したり食べに行くことも出来ます。

※ 第1・第2ターミナルの営業時間は5:00〜24:00迄ですが、第2旅客ターミナルの1階には24時間自販機レストランがありますから、そこで過ごすことも出来そうです。

 

02. 国際線ターミナルで野宿できる場所
国際線ターミナルには椅子が多くありますから、1〜5階までのエリアで椅子がある場所なら何処でも良いでしょう。

1階のローソンがあるエントランスプラザ付近と5階の TOKYO POP TOWN にはトイレが有りますから、仮眠する上では最適な場所になります。

 

03. 特にオススメの場所
① 1階のエントランスプラザになります。コンビニとトイレが有りますから、可能ならば確保しておきたい場所になります。

② 5階のTOKYO POP TOWN になります。ここには何といってもトイレが東西に2箇所ありますから確保したいエリアになります。

 

04. オススメではない場所
① 2階の到着ロビーには、椅子は多いのですが照明が明るいためアイマスクが無いと眠れないでしょう。また、意外と夏でも寒いです。

② 4階の江戸小路には木で作られた椅子のような座る場所がありますが、座面が硬いですから長時間座るのは難しいでしょう。横になって寝ることも出来ますが、寝心地は悪い感じがします。但し、このエリアは深夜でも空いていたりしますから穴場でもあります。

③ 4階のお好み横丁にも江戸小路と同じような椅子があるのですが、位置的に24時間営業の吉野家に近いですから、外国人旅行者が占拠している場合が多いです。

旅費の節約 羽田空港からLCCで海外や台湾旅行ならベンチで野宿を
皆さん、こんにちは! 成田空港や羽田空港からLCCで海外旅行に行く場合に、どのように空港まで行っておりますか? 各航空会社のカウンターでのチェックイン時間は深夜や早朝の場合が多いですから、この時間に間に合うように行くのは...

 

 

野宿するなら夏でも寒さ対策を

01. 深夜2時頃
仮眠して一寝入りした深夜2時頃になると、身体もエアコンの冷房で冷えてしまい、半袖だと寒く感じます。仮眠する場合は長袖の羽織る物を着て寝るようにした方が良いでしょう。また、同様にズボンも半ズボンではなく、長ズボンが良いと思います。

 

02. 機内防寒グッズが良い
夏でも機内防寒も兼ねるポケッタブルジャケットやパーカーが有った方が良いです。特にLCCで海外旅行する場合は、各航空会社のチェックイン時間が深夜や早朝の場合が多いですから、羽田空港で野宿することになる場合が多いでしょう。

施設内は空調が効いており、快適な気温なのですが、じっとして寝ていると身体が冷えて寒くなりますから、機内防寒で利用するポケッタブルジャケット等を着てから仮眠するのが望ましいでしょう。

でも、ポケッタブルジャケットを着て仮眠しようとすると、暑い感じがしますけど、皆さんが寝静まった深夜2時頃になると冷房が効いていて寒いでしょう。

旅行で便利 機内防寒を兼ねる撥水性のポケッタブルパーカーの持参を
皆さん、こんにちは! 旅行にはどんな服装で行きますか? 旅行に行く前には色々とアレコレ悩む事が多いと思います。特に着替えは何を持って行った方が良いのか?というのも悩む場合もあるでしょう。 今回は、旅行では機内防寒や簡易カ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。