老後の生活費 年金暮らしではお金の掛からない生活を心がけよう!

老後資金

 

皆さん、こんにちは!

老後の年金暮らしでは何かとお金が掛かると思います。その中でも医療費や介護費用は大きな負担となるでしょう。その他にも生活費や光熱費も含めて色々と出費があります。

今回は、なるべくお金の掛からない生活を心がけましょう! という紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

老後はお金が掛かる

01. 生活消耗品
毎日の食事だけでなく、消耗品も意外と負担が多いと思います。消耗品は生活する上で必要な物ですから、これらの生活消耗品が無いと困ります。

シャンプー&リンス、石鹸、歯ブラシ、糸ようじ、歯磨き粉、洗濯洗剤、お風呂の掃除、トイレの掃除など例を挙げたら切りがありません。

これら全ての生活消耗品は生活する上での必需品になりますから、老後の生活でも頭の隅にでも入れておく必要があります。

可能であれば、老後になるまでに固形の石鹸等は在庫を抱えておいても良いのではないでしょうか?

 

02. 医療費及び健康保険
老後になると、身体の衰えますし、免疫力も低下しますから病気に掛かりやすくなります。お医者さんのお世話になる回数も増えますから医療費も多く負担することになると思います。

近くに病院がない場合はマイカーやバス等を利用して通院することになりますから、交通費も発生しますし、場合によっては昼食等の食事代も発生する場合も有ると思います。

また、健康保険料や介護保険といった公的な保険制度の費用も掛かりますから、お金はいくら有っても足らない感じになります。

 

03. 介護費用
介護費用も疎かにすることが出来ません。自分が介護される側になる可能性も有りますし、家族が介護される側になる可能性もあります。

そのようにならない為にも日頃から健康である必要があります。毎日を健康に過ごせるようにするには、それなりに費用の負担も必要になりますから、出し惜しみしない方が良いかも知れません。

それとは別に、認知症という病気のリスクも高まりますから、もし認知症になってしまった場合の対策も必要になるでしょう。

特に、認知症の場合は徘徊といった行動が見受けられますから、簡単に徘徊できないように自宅を改造する等の対策が必要になります。自宅を改造するとなると、お金も掛かりますから、頭が痛いでしょう。

 

04. 冠婚葬祭
老後の世代になると、知人等の冠婚葬祭も多くなると思います。これらの費用負担は金額的にも大きくなりますから場合によっては家計を圧迫することになると思います。老後の家計を圧迫しないようなやりくりが必要になるでしょう。

老後の冠婚葬祭の費用負担も十分に考慮しておく必要があります。事前に有る程度のお金を用意しておいた方が賢明だと思います。

老後の生活費 老後の年金暮らしでは冠婚葬祭も考慮して費用の準備を
皆さん、こんにちは! 老後の年金暮らしでは色々とお金が掛かることになると思いますが、意外と忘れがちになっている費用も多いと思います。そのような費用も含めて準備する必要があるでしょう。 今回は、忘れがちになってしまう費用で...

 

スポンサーリンク

お金が掛からない工夫と対策

01. 料理
毎日の食事は必ず必要になりますから、自炊生活が基本となるでしょう。老後の一人暮らしの場合でも自炊生活を行うようにして、なるべくお金が掛からないようにした方が良いです。

お年寄り向けの食事サービスという便利な物もありますけど、これらのサービスを利用してしまうと食費の負担が大きくなりますから、自炊するようにした方が良いです。

 

02. 趣味
老後の趣味はお金が掛かる物も多いと思います。特に旅行は気晴らしにもなりますし、充実感が得られますからアチコチ旅行に行かれる方も多いと思います。でも旅行は費用が掛かりますから、旅行に行かれるのであれば計画的に旅行を楽しむ必要がります。

お金の掛からない趣味を持つのも1つの方法だと思います。ウォーキングならば足腰の強化に繋がりますし、20分以上ならば定期的な運動にもなります。

また、料理も良いと思います。料理ならば毎日の食事にも役立ちますし、料理の腕前が上達すれば節約料理も自由自在です。

 

03. 健康
健康も大事です。不健康ですと病気にも掛かりやすいですから常に健康であることが求められます。健康であれば、お医者さんのお世話になる回数も少なくなりますから何かと老後の医療費の節約に繋がります。

毎日を健康に過ごすにはバランスの良い食事と定期的な運動、十分な睡眠時間そしてストレスのない生活が欠かせません。

ストレスが溜まっていると体調不良の原因にもなりますから、毎日楽しく過ごしたり、充実した一日を過ごすのが良いでしょう。

 

老後はお金の掛からない生活を

01. 自給自足
完全な時給自足というのは難しいですから、食費の足しになるぐらいの野菜を家庭菜園やプランター菜園で栽培するのが良いと思います。食費も意外と大きな負担になりますから、少しでも節約になるようにした方が良いです。

 

02. 株主優待
株主優待も1つの方法です。株主優待の場合は配当金の他に株主優待品が貰えますから、お米やジュースなどの食品や商品券等の生活の足しになるような物を受け取れる場合があります。

そのような株主優待品であれば、老後の生活にも潤いが出て来るでしょう。

老後の生活費 老後の暮らしは株主優待で配当金と優待品で楽しむ生活
皆さん、こんにちは! 老後の生活では老後資金が必要になりますが、どのようにお金を工面しようとしていますか? 年金プラスαとして貯金や貯蓄性のある保険商品で考えている人も居ると思います。これでも良いですけど、さらにプラスαも欲し...

コメント