夏の夜の快眠 寝苦しい夜はジェルマットよりも竹シーツで快適に寝る

 

皆さん、こんにちは!

夏の熱帯夜などの寝苦しい夜はどのように寝ていますか? エアコンや扇風機を利用しているとは思いますが、エアコンの電気代が気になってしまうと思います。

今回は冷感寝具との併用で寝苦しい夜を少しでも快眠できるようにする紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

夏の寝苦しい夜

01. 熱帯夜
夏は熱帯夜になる場合が多いですけど、どのように寝ていますか?窓を全開にして網戸にして扇風機を回して寝ると熱風しか来ませんから涼しくないでしょう。

特に寝苦しい夜は、蒸し暑くて眠ることが出来ませんから、翌朝は寝不足気味になってしまう場合が多いです。このような睡眠不足の状態が続くと、夏バテになってしまったり、熱中症にも影響が出ると思います。

熱帯夜又は寝苦しい夜の場合は、エアコンをつけて寝た方が快眠できるでしょう。

 

02. 扇風機の場合
扇風機に取り付ける保冷剤を使えば1時間程度は涼しい風が送られて来ますが、徐々に熱風に変わりますから、涼しい風が送られている内に眠りに着く必要があります。

窓を網戸にしていたとしても風は無風に近いですから扇風機の風に頼ることになりますから、決して快適に寝れるとは限らないでしょう。

でも、毎日仕事や家事等で疲れていれば、例え扇風機であっても疲れもあり自然と眠くなりますから、この場合は扇風機でも寝ることが出来ると思います。

 

03. エアコンの場合
エアコンの場合だと、おやすみタイマーを使って2時間ぐらい自動運転して自動OFFしたり、朝までずっと着けていたりすると思います。

エアコンの場合だと、とても快適に眠ることが出来るので大変嬉しいのですが、同時に電気代が掛かってしまうというデメリットも併せ持っています。

電気代を節約するには設定温度を28度以上にする必要がありますから、その場合に快眠できるのか?という問題が発生するでしょう。恐らく設定温度は29度でも良いと思います。

可能であれば、サーキュレーター又は扇風機の併用が望ましいですけど、サーキュレーターの場合はちょっと煩いですから気になって眠れないかも知れません。

寝苦しい夜はエアコンと扇風機の併用が望ましいと思います。

 

冷感寝具(ジェルマット、冷感敷きパッド等)で寝る

01. 冷感ジェルマットの場合
エアコンの電気代の節約にと購入した冷感ジェルマットですが、残念ながらエアコンの節約にはならなかったです。確かに触れると冷んやりしていて気持ち良いのですが、時間が経過すると徐々に温かくなってきます。

確かに気持ち良いんですけど、そんなに長く冷んやり感は継続しないので、とても一晩は持ちませんから快眠はできないです。

また、ジェルマットの上に直接寝ると汗をかいた時に汗を吸い取りませんからシーツを掛けて寝ることになりますが、残念ながらシーツ等を掛けてしまうと冷んやり感がしないという問題があります。

だからといってジェルマットの上に直接寝ると、汗疹(あせも)が出来てしまう場合がありますから悩ましい冷感寝具です。

 

02. 冷感敷きパッドの場合
冷感敷きパッドと呼ばれている接触冷感素材のシーツもあります。冷感敷きパッドの場合、肌触りがシーツ並に良いですから、寝ていても快適です。

但し、冷感敷きパッドを使っていたとしても熱帯夜などの寝苦しい夜では、あまり効果はないため、そのような夜の場合は扇風機との併用よりもエアコンとの併用が望ましいです。

少しでも快適に寝るにはエアコンが必要不可欠になります。

 

03. 冷感敷きまくら
冷んやり感のある枕用の冷感枕カバーもあります。接触冷感素材が使ってある冷んやり感のある枕カバーなんですけど、この枕を単体で利用してもあまり効果は得られないと思います。

この枕は、冷感敷きパッドとの併用で効果が有るのではないでしょうか? 1つではあまり効果は無くても同類の関連商品があれば相乗効果が期待できるというような商品ですから、冷感寝具を2〜3個同時に使用するのが望ましいでしょう。

また、こちらも扇風機との併用よりもエアコンとの併用が望ましいです。

電気代の節約 夏はエアコンの使用を抑えて快眠や快適に乗り切る方法
皆さん、こんにちは! エアコンの電気代の節電対策は色々ありますけど、一番効果的な方法って何だと思いますか?省エネのエアコンだと思います。 たぶん、これが一番効果的だと思いますが、省エネ効果の高いエアコンは価格も高いですか...

 

 

竹シーツで寝る

01. 竹シーツの場合
竹シーツと呼ばれる天然素材で作られたシーツもあります。冷感ジェルマットの場合ですと、通気性がありませんから熱が溜まりやすく冷んやり感の持続が難しいですが、竹シーツの場合は通気性が有りますからジェルマットと比べて冷んやり感が持続します。

 

02. 竹シーツのデメリット
竹シーツの場合は表面が硬いですから背中や足が痛いと感じる場合があります。寝ていて確かに快適なのですが、シーツの硬さで逆に痛い。特に朝、起床する時にこの痛さを感じる場合があります。痛くて目が覚めるといった場合も有ると思います。

また、天然素材ですから、長く使っていると自然にささくれ等ができる場合がありますから、注意が必要です。定期的に表面を確認することも必要になると思います。

 

03. 類似品
竹シーツとうたっておきながら実際には天然素材ではなくプラスチック製の竹シーツもあります。購入するのであれば、天然素材の方が良いと思います。

 

04. 扇風機との併用
冷感ジェルマットの場合は扇風機との併用を行なったとしても時間が経過すると蒸れて暑くなりますが、天然素材の竹シーツの場合は通気性が有りますから快適に眠ることが出来ます。

扇風機と竹シーツの併用を行うと意外と朝まで快適に眠れますから、エアコンの電気代の節約に繋がります。

但し、扇風機との併用で一晩寝る場合、前提条件として、窓は網戸及び部屋のドアは開けっ放しにして扇風機は首振りになります。

そのため、雨が降っている場合は網戸にすることが出来ませんから、快眠は出来ない感じです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。