家計の貯蓄 小銭貯金の貯金箱は買わないで自作や活用でお金を貯める

 

皆さん、こんにちは!

各家庭や一人暮らし等も含めて何かしらの小銭貯金を行なっていると思います。小銭貯金はどのような入れ物で行なっていますか? 小銭貯金なのだから貯金箱で! という方も居ると思います。

今回は、小銭貯金の貯金箱は買わないで何かで代用して行うという紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

小銭貯金の貯金箱はどうしている?

01. 小銭貯金はやってない
いつもクレジットカードや電子マネーで買い物をしているといった場合は1円玉や5円玉が発生しないという場合でない限り1円玉は発生します。このような買い物ならば小銭全くが発生しないですから小銭貯金は必要ありません。

 

02. 小銭貯金は端数のみ
小銭の中で一番使わないお金は1円玉や5円玉だと思います。これらのお金は買い物時に使わないと、どんどん貯まってしまいますから、使った方が良いのですが、パッと購入したい場合も含めて切りの良い単位で購入してしまう場合の方が多いのではないでしょうか?

このような支払い方をしていると、気持ち良いぐらいに1円玉や5円玉が貯まっていってしまいます。1ヶ月も経てば結構、多く増えてしまいます。

また、お財布の小銭入れの中に基本的に1円玉や5円玉を入れておかないといった場合もあると思います。小銭を入れておくと重くなりますし、ジャラジャラ音がしますから、よく使う100円玉や500円玉等を中心に入れておくといった場合は確実に1円玉や5円玉が発生しますから、まとめて端数のみ小銭貯金を行うようになるでしょう。

 

03. 貯金箱を買う場合
小銭貯金をするために貯金箱を購入している方も居ると思います。シンプルな物であれば100円ショップでも販売していますから、いつでも気軽に購入することが出来ます。特に500円玉貯金を行う場合、500円玉が入れられるようになっていますから便利です。

 

04. 貯金箱を貰う場合
貯金箱が貰える場合もあります。預貯金したりすると預貯金した金額に応じて貯金箱などのグッズをプレゼントされるといった場合です。このような場合は、100円ショップで販売しているようなシンプルな貯金箱ではなく、デザイン的にも凝っているいる場合が多いです。部屋のインテリアにもなるような感じの貯金箱って感じ。

 

貯金箱を自作や活用しよう

01. 買うのは勿体ない
お金を貯める目的で小銭貯金を行うのに、貯金箱を購入したら逆にお金が減ってしまうでしょう。たとえ100円+消費税で購入できたとしても貯金箱を購入すると100円分減ってしまいますから、可能であれば購入しないで、貯金箱に代わる何かで代用したり、自作したりするのが良いと思います。

 

02. 貯金箱に代用できる物
定期的に購入している物の中には小銭が十分に収納することが出来るサイズのボックスやプラケース等があると思います。そのような本来であれば、使い終わったらゴミに捨ててしまうような物や何かに使えるかも知れないということで、とりあえず保管しているボックスやケース等も有ると思います。

そのようなケースの中で小銭貯金に適したサイズのボックスケースを使うのが良いと思います。使わなくて保管していたり、ゴミに出してしまうのは勿体ないですから、何かに使って有効活用するのが良いです。

そのような物を有効活用したり、ちょっとの工夫を加えることで、わざわざ購入しなくても用途にあった物を作ることが可能になります。一度、検討してみることをお勧め致します。

 

03. サプリメントのプラケースを利用
そもそも小銭は入れられれば何でも良いのでタブレット型のサプリメントのプラケース等の中に小銭を入れている場合もあると思います。サプリメントのケースには蓋が付いていますし、小さいタイプでも小銭を十分に収納できる大きさですから、蓋に小銭が入れられるように穴を開ければ貯金箱になるでしょう。

また、別に穴を開けなくても蓋が付いていますから、その都度、蓋を開けて小銭を入れても良いでしょう。さらには、プラケース自体に強度がありますから、変形することは有りませんし、別の場所に移動することも出来ます。

そのため、銀行等に預けに行く場合も、そのままバッグ等に入れて持って行く事も容易ですから、便利な代用貯金箱って感じでしょう。

家計の貯蓄 500円玉貯金よりもカレンダー貯金で確実に小銭貯金を
皆さん、こんにちは! 500円玉貯金をやった事は有りますか? 500円玉貯金用の貯金箱を購入したは良いけど、満杯になるまで継続することが出来なかったといったことはありませんか? 今回は、500円玉貯金よりもカレンダー貯金...

 

自作や活用で作った貯金箱で小銭貯金

01. 自作や代用品で貯金を
代用品でつくる貯金箱の場合、基になるケースが有れば、いくつでも貯金箱にすることが出来ますから硬貨の種類ごとに小銭貯金を行うことも容易です。

 

02. 小銭貯金を行うなら
買い物でよく利用する100円玉や500円玉ではなく、10円玉50円玉で行うのが良いと思います。確実に大きな金額を貯めたいというのであれば500円玉が良いのですが、500円玉は買い物で便利ですから500円玉貯金に充ててしまうと利便性が良くないです。

また100円玉も同様に、お財布の中に入っている100円玉を小銭貯金に充ててしまうと、結果的に1000円札が少なくなってしまいATMでお金を引き出す回数が増えてしまうことに繋がります。

ATMを利用すると、曜日や時間帯、引き出す場所によっても違いがありますが手数料が発生しますから、なるべくATMでお金を引き出す回数は増やしたくないでしょう。

 

03. 10円玉や50円玉なら
100円玉や500円玉よりも使用頻度が少ないですから小銭貯金には丁度良いと思います。自動販売機で飲み物を購入する場合においては10円玉は即戦力になりますが、それ以外の買い物では即戦力になるのは少ないですから良いのではないでしょうか?

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。