健康的な生活 間食等のおやつには不足がちな栄養を補給できる食品を

 

皆さん、こんにちは!

いつも健康的に暮らしたいと願っていても食生活によっては栄養が偏ってしまったりして満足に生活することが出来ない場合もあります。栄養が不足してしまうと不健康になってしまいますから病気にも繋がります。

今回は、おやつ等の間食で食べるお菓子をやめて、不足しがちな栄養を補給できる食品を食べる紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

おやつは何を食べますか?

01. お菓子
子供が好きなスナック菓子やビスケット、チョコレート、煎餅等のお菓子を3時のおやつに食べる場合も多いと思います。

 

02. スイーツやデザート
誕生日やクリスマスに食べるケーキだったり、仕事や家事に頑張っている自分へのご褒美として食べるスイーツなど。食後に食べるデザートも食べている場合が有ると思います。

 

03. 和菓子
お団子や大福、かしわ餅などの餅菓子やカステラ等の和菓子も3時のおやつで食べる場合もあります。特にお団子は1本あたりの単価が安いですし、満腹感も得られますから3時のおやつとして食べると丁度良い感じです。

但し、お団子等の餅菓子の場合は日持ちがしませんから必要以上に購入すると余計に糖分を多く摂ってしまいます。

 

04. 菓子パン等
チョコレートパンやクリームパン、バターロールといった菓子パンも3時のおやつに食べる場合があるでしょう。菓子パンの場合はそれなりの量が有りますから1個食べてしまうと満腹になってしまう場合があります。

 

おやつの効果

01. 疲労回復や集中力の維持
お菓子などの甘い物を食べると、回復力が高まりますから集中力の維持にも繋がります。特に昼食後〜夕食後の間の休憩時間に食べると効果的でで3時におやつを食べる場合が多いでしょう。

 

02. ストレス解消
おやつを食べることでストレスの解消に繋がります。毎日の仕事や家事等で疲れやストレスは溜まっていきますから、効率よく発散しないと鬱病や体調不良の原因にも繋がります。そんな時におやつを食べることによって一息つけますからリラックスできます。

 

03. 余計な買い物を防ぐ
毎日の食事に利用する食材等をスーパーマーッケット等で購入する場合に飴玉を舐めながら買い物を行うと余計な買い物を防ぐ効果が期待できます。

特にスーパーマーケット等には良い匂いのするご飯のおかずになる食べ物もありますから、匂いに誘われて買ってしまうといった場合もあると思います。

夕方等の空腹時間に食材等の買い物を行うと、本来は買う予定にない食品でも匂い等に誘われて購入してしまう場合があります。

このような場合は余計な買い物になりますから、これをたった1個の飴玉で防ぐことが出来ます。但し、飴玉1個の効果は30分ですから、入店の直前に飴玉を口の中に入れて30分以内に買い物を終える必要があります。あと、飴玉は噛まないでずっと舐め続けないといけません。

 

04. デメリットもある
おやつを食べると良いことばかりに思えてしまいますが、注意して食べないとデメリットにも繋がります。

基本的におやつは間食です。間食というのは食事と食事の間に食べる食事になりますから、食べる量は小腹を満たす程度で良いです。毎日おやつを食べる習慣になっていると、小腹を満たす程度では満足できずに満腹感が得られるまで食べてしまう感じになりやすいです。

この場合、必要以上に栄養を摂ることになりますから消費できなかった栄養は体内に蓄積されていきます。その結果、高血圧た糖尿病などの生活習慣病のリスクも高まりますし、肥満になってしまったりするでしょう。

 

 

間食するなら、不足しがちな栄養の補給を

01. おやつは食べなくても問題ない
おやつは、あくまでも食事と食事の間の間食ですから別に食べなくても問題ありません。毎日朝・昼・夕の3食の食事をしっかり行っていれば、おやつを食べる必要はないのです。

 

02. おやつを食べない場合
食事と食事の間の時間は長いですし、仕事や家事も含めて人は色々と忙しいです。忙しく体を動かしていればエネルギーを多く消費しますから、水分不足やお腹も空いてきます。空腹状態になりますと集中力もダウンしてしまうため、仕事のや家事の効率も悪くなります。

この状態のままだと、仕事が全く捗らないといった状態を引き起こしてしまう 又は、夏場では熱中症になったりする場合がありますから、適度な水分栄養補給は必要になります。

 

03. お菓子を食べると
お菓子を食べると美味しいですから、つい余計に食べてしまう感じになります。特に手が止まらなくなってしまう感じのお菓子は注意が必要です。

余計に食べてしまっても十分な運動を行って余計な栄養を消費できていれば問題ありませんが現代人は運動不足の方が多いですから、なるべくなら余計に食べてしまうのを避けたいところでしょう。

間食として食べるのであれば、小さな袋で小分けされたお菓子が良いと思います。

食費の節約 袋で小分けされている煎餅等のお菓子を買いおやつ代節約
皆さん、こんにちは! 毎日の仕事や家事の休憩時、帰宅してからの楽しみの1つでもあるおやつ。このおやつ代は毎月けっこう掛かります。 今回は、おやつ代の節約についての紹介になります。 参考になるか?は分かりませんが最後...

 

04. 間食するなら栄養の補給を
お菓子を食べると余計な栄養を摂ってしまうことに繋がるため、普段から不足しがちな栄養を摂るようにするのが良いでしょう。

毎日おやつを食べるのは良いです。その代わりにお菓子ではなく、お菓子以外の栄養補給になる食べ物を食べて不足気味の栄養を補給すれば丁度良いと思います。

 

《具体的には》
カルシウムが不足しがちであれば『食べる煮干し、チーズ』だったり、鉄分が不足しているのであれば『レーズンやプルーン等』、食物繊維が不足しているなら『ナッツ類』といった感じ。

また、バランス栄養食でも良いでしょう。バランス栄養食の場合は、食べた時点で不足している栄養を補給することが出来る便利な食品です。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。