家計の貯蓄 自分に適した貯金方法を確保して無理なくお金を貯める

 

皆さん、こんにちは!

毎月の貯金は行なっていないという人も居れば、定期的に一定金額を銀行等に預貯金 又は、貯金はボーナス月に限定して行っているという人も居るでしょう。

今回は、貯金は自分に適した方法で無理なく行う紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

お金を貯める

01. お金を貯めるには
お金を貯めるといっても明確に『何の為にお金を貯める』という気持ちがないと難しいと思います。毎月の給料を指定の銀行口座に振り込まれている場合でも残高がそのまま貯金という感じになっている人も居ると思います。

これだと、普通預金にお金を預けているだけですから利息は全く期待できないでしょう。お金は口座に入っているから貯金しているという状態というのは貯金ではありません。預貯金を管理してこそ貯金だと思います。

やっぱり、お金を貯めるには、ただ貯める 又は、何もしなくて貯まるというのではダメです。

 

02. 道具やツール
お金を貯めるには目的と意識があれば貯めることが出来ますが、それでは効率的にお金を貯める感じにはならないでしょう。効率的にお金を貯めるには小銭貯金であれば貯金箱、銀行等に預貯金するのであれば銀行口座も必要になります。

 

03. 知識や情報
効率的にお金を貯めるには、それなりの知識や情報も必要になります。銀行等に預貯金するのであれば、どの銀行の金利が良いのか?というのも重要な要素になってきます。満期を迎えた時の利息相当金額に違いが出てきます。

さらには預貯金しようとしている銀行についても知る必要があります。自宅や職場の近くに有るのか?だったり、クレジットカードのように利用できる1回払いの国際ブランド付のデビットカードを提供しているのか? 又は、スマホで利用するのであれば専用アプリを提供しているのか?なども知る必要があるでしょう。

その他には、銀行口座を開設する手続も重要だと思います。普段仕事をしていると銀行の窓口に出向いて口座開設の手続は出来ませんから会社を休む 又は、郵送等で銀行口座の開設が行えるのか?というのも重要だと思います。

 

貯金は自分に合った方法を見つける

01. 目標や貯蓄計画
何の目的でお金を貯めるのか? や 貯金を行う期間はどのくらいを考えているのか?というのも重要になってきます。

ただ、毎月、一定金額を銀行口座から自動引落にして貯金しているから問題なしという貯金の仕方でも良いですけど、その自動引落で貯まった貯金はどうするの?というのがないと、残すことはしないで全て使い切ってしまうという場合も十分に想定できます。

たとえ何かを購入する目的で貯めていた場合でも、最低でも20%は残るようにした方が良いです。ゼロからお金を貯めるのは大変ですしそれなりの期間も必要になるのは素論のこと、冠婚葬祭等も含めて急に必要になるお金というのも有りますから、そのようなお金として残すことも必要です。

 

02. 貯金の見直し
効率的に貯金するには見直しも必要になります。別に見直しなんて必要ないと考えている方も居ると思いますが、貯金の見直しは意外と重要だったりします。

え!? 見直し? と思ってしまう方も居るのでは?

貯金には見直しが必要です。定期預金であれば満期を迎えるタイミングが見直し時期になります。このまま自動更新させるのか?預け替えするのか?ということも必要ですし、さらには毎月の貯金金額は増減するのか?ということも必要になります。

毎年ずっと同じ経済状況とは限りませんから、満期を迎えるタイミングで行うのが丁度良いです。

 

03. 自分に適した貯金
どの貯金方法が自分には最適なのか?というのも重要になります。仕事をしていて平日に銀行に行くことが出来ない場合ならば、毎月自分の銀行口座から一定金額を自動引落するのが一番簡単かつ、確実にお金を貯めることが出来ます。

銀行口座から自動引落されてしまうと支払いの関係で困る場合があるといったことも有ると思います。そのような場合であればその都度、銀行に出向いて預貯金したり、インターネットバンキングで、自宅等で預貯金の指示を出すといった方法も良いです。

どの方法が自分には適しているのか?を見つけて効率よくお金を貯めたいでしょう。

家計の貯蓄 自動引落の積立預金で貯金して自由なお金を減らす生活を
皆さん、こんにちは! 家計の貯蓄シリーズ。 今回は、自動引落で強制的に積立預金で貯金する方法についての紹介になります。 参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。 どうして自動引落で積...

 

貯金は自分に合った方法で無理なく貯める

01. 無理なく貯める
貯金は無理なく貯めるのが良いです。多少無理してまで貯金しようとすると、継続することが出来なくなってしまったり、途中で挫折してしまったりする事に繋がる可能性があります。

一度、貯金を行うのをストップさせてしまうと、別に貯金しても大して増えないから貯金しなくてい問題ないといった感じになり、貯金しなくなってしまいまいます。

利息が期待できないから貯金しても意味がないといった感じになると悪循環に陥ります。そうならない為にも無理なく貯められる金額設定が求められます。

 

02. 銀行口座は無料の金庫
利息が期待できないから貯金しなくても良いと考えている方も居ると思います。銀行等に預貯金すると良いことも有るのです。

確かに利息は全く期待できませんが、銀行等に預貯金すると無料でお金を預かってくれますから大きな金額を自宅に保管しておかなくても良いです。

それこそ無料で利用することが出来て、自由に使える安全な金庫でしょう! 自宅に大きな金額を保管していると、泥棒が侵入して来たら盗られてしまう可能性がありますが、預貯金ならばその可能性が少なくなります。

但し、インターネットバンキングの場合は危険が付き纏います。ログインIDとパスワード、認証コード等を他人に知られてしまうと、簡単にお金が盗られてしまいますから注意が必要です。

家計の貯蓄 何の為にいくら貯めるのではなく将来を見据えて貯金を
皆さん、こんにちは! 毎月、定期的に貯金を行っている方は意外と少ないのではないでしょうか?貯金しても利息が期待できませんから、預貯金しても意味がないような感じになってしまうと思います。 今回は、将来を見据えて貯金行う事に...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。