ダイエット生活 おやつ等の間食に豆乳おからクッキーを食べて満腹に

 

皆さん、こんにちは!

おやつや間食には何を食べていますか? 3時のおやつにはお菓子を食べる方が多いと思います。でも、間食にお菓子を食べるとつい満腹感を求めて食べ過ぎになってしまったりする場合があります。

今回は、低カロリーな豆乳おからクッキーを間食に食べてダイエットに役立てる紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

おやつなどの間食を食べると

01. おやつ
おやつ等の間食にお菓子やスイーツ等を食べる方も多いかと思います。おやつは小腹を満たす程度の食事で良いのですが、毎日の日課のように食べていると、それだけでは満足せずに徐々に食べる量が自然と増えてしまう感じになりやすいでしょう。

本来ならば、小腹を満たす程度で良かった筈なのに、いつの間にか満腹感を求めてしまったりしている場合が多いです。

 

02. 間食について
間食は食事と食事の合間にちょっとした空腹を見たす程度で良いのが間食です。次の食事頃に丁度お腹が空腹になるように食べれば良いのです。

そのため、満腹感は不要で、ちょっとした空腹を満たすことが出来る軽食が望ましいでしょう。

 

03. おやつ代が掛かる
各家庭によっても違いがありますが、おやつ代として毎月4000〜6000円程度のお金が支払われていると思います。

仮に1ヶ月あたり5000円と仮定した場合、年間で6万円になります。また、おやつは毎日3食の食事をバランスよく食べていれば、おやつを食べなくても問題ない食事ですから、毎年6万円ものお金を余計に使っていることになります。

とはいえ、生活していれば疲れやストレスも溜まりますから、お菓子等の甘さは疲労回復や集中力の維持に繋がるため、体にも良い場合があります。可能ならば、毎月のおやつ代は半額にしたいでしょう。

 

豆乳おからクッキーを食べる

01. 豆乳おからクッキーとは
大豆から作られているおからを使って生産されているクッキーです。通常のクッキーよりも栄養価が高く食物繊維も豊富に含まれていて低カロリーです。ダイエットの置き換え食として利用される場合があります。

食物繊維は胃腸の中で溶けないで水分をたっぷり吸収しますから、水を含むと膨らむため、食べると水分と一緒に食べることで、満腹感が得られます。

 

02. 食べるメリット
ダイエット中だったとしても休憩時間におやつ等の間食を行う場合があります。特に小腹を満たさないと集中力の維持にも影響を及ぼしますから仕事を行なっている場合でも何か?小腹を見たす程度に食べたいでしょう。

でも、おやつ等の間食は食べなくても問題ない食事ですから、食べればその分余計にカロリーを摂取してしまいます。

本来ならば、1日3食の食事さえバランスよく食べていれば間食は不要なのですが、生活をしていれば様々な疲れやストレスが発生するため、必要に応じて水分や栄養補給しないといけません。

そのため、おやつ等の間食も必要である場合がありますから、なるべく低カロリーで済ませたいでしょう。幸いなことに豆乳おからクッキーの場合は低カロリーでさらに少量でも水分と一緒に食べることで満腹感が得られますから間食として食べるのが良いです。

また、ダイエット中のおやつとしても丁度良いでしょう。

 

03. デメリット
豆乳おからクッキーのデメリットは低カロリーですから、つい食べ過ぎてしまうことでしょう。その他の要素としては味が少ないですから飽きやすいといった感じでようか?

あと、賞味期限が意外と短かったりします。だいたい2ヶ月程度の場合が多いでしょう。

 

 

おやつ等の間食に食べて健康にも配慮

01. 食べ過ぎには注意
ビスケットと同じ感覚で食べてしまうと食べ過ぎになるでしょう。いくら豆乳おからクッキーが低カロリーだからといって、必要以上に食べてしまうと豆乳おからクッキーを食べている意味がありません。

また、豆乳おからクッキーの場合は少量で満腹感を得る事が出来るお菓子ですから、食べ過ぎるとお腹が苦しくなってしまいます。食べ過ぎには要注意でしょう。

 

02. 栄養のバランスに注意
通常のクッキーよりも低カロリーで栄養価が高いからといって毎日の3食の食事を疎かにしてはいけません。3食の食事はバランスよく食べなければなりません。栄養のバランスが崩れると栄養不足になったり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病のリスクが高まりますからバランスの良い食事にも力を入れる必要があります。

 

03. 飲み物と一緒に食べよう
この豆乳おからクッキーは単独で食べるのではなく、水分を摂りながら食べるお菓子ですから、水分を摂らないで食べると、後でお腹が苦しくなります。

 

04. おやつに食べる時
お水やお茶、牛乳等と一緒に食べるのが良いです。摂取量は1日に1食のみとし、コップ1杯以上の水分を摂るようにしましょう

健康的な生活 間食等のおやつには不足がちな栄養を補給できる食品を
皆さん、こんにちは! いつも健康的に暮らしたいと願っていても食生活によっては栄養が偏ってしまったりして満足に生活することが出来ない場合もあります。栄養が不足してしまうと不健康になってしまいますから病気にも繋がります。 今...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。