株価と睨めっこ生活はストレスや健康に良くない一喜一憂の株式投資!

 

皆さん、こんにちは!

株式投資を行なっている方も多いと思います。株価のチェックは毎日行って一喜一憂することはありませんか?

今回は、株価と睨めっこしない生活で株式投資を行う事についての紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

株式投資を行うと

01. 株価チェック
株式投資を行うようになると毎日のように株価チェックをするようになるでしょう! 特に株価は毎日変動しますから保有している銘柄の株価の変動は損益に直結します。

株式を購入したら、そのまま何もしないで放置にしてしまうと売却のタイミングを逃してしまいますから株式投資で儲けることは出来ないでしょう。

そのため、毎日の日課のような感じで1日数回程度、株価をチェックしたくなるでしょう。

 

02. のめり込む
株式投資である程度(1ヶ月の給料に相当)の儲けが出てしまうと、株式投資に夢中になってしまうことがあります。何せ、株式の運用だけで1ヶ月の給料に相当する売却益が発生したら、次はボーナス分ぐらいは儲けたいな〜といった感じで夢が膨らんでいきますから、お金に対する執着心が強くなります。

株式投資に夢中になってしまうと、本業が疎かになってしまう可能性がありますから、夢中にならないように保つことも大切です。

本来ならば夢中になることは良い事なのですが、株式投資などの投資商品の場合は夢中になるのは良くないでしょう。

 

03. 期待感
株式投資は運用次第でお金を大きく増やすことが出来ますから期待も大きいと思います。自分の運用次第でお金を大きく増やすことが可能になりますから、どうしても期待感も自然と大きくなってしまいます。

でも、この期待感は運用次第によっては大きなガックリ感にもなりますから過度な期待を持つのは良くないでしょう。株式投資は得する人も居れば損する人も居るということを承知しておきましょう。

 

株式投資はストレスが溜まる場合がある

01. 株価チェックでのストレス
毎日のように株価をチェックしている場合は一喜一憂することも多いのではないでしょうか? 大きく値上がりすることもあれば横ばいだったり、徐々に下降気味になったりすることも有ると思います。

特に購入すると株価がずっと下がり続けてしまうことも珍しくありません。このような状態の時は心中穏やかではありませんから、購入銘柄た買い時を間違えてしまったかな?とか考えてしまいがちになるのではないでしょうか?

このような状態は既にストレスが発生していますから、ストレスを発散しないと、どんどん溜まっていってしまうでしょう。リフレッシュすることも大切です。

 

02. 儲ける事が1番になってしまう
株式投資を行なっていて、横ばいな状態であれば、そんなにお金に対する執着心は無いのですが、連戦連勝のような感じでトントン拍子で儲けが発生してしまうと、頭の中が株式で大きくお金を増やすことで頭がいっぱいになってしまうでしょう。

やっぱりどうしても思い描いた通りになってしまうと自分の考えが正しいことが証明されたと勘違いしてしまう場合が多いですから、周りが見えなくなってしまいがちになってしまいます。

その結果、次はもっと大きく増やすという方向になってしまいますから、同時にハイリスク・ハイリターンに足を踏み込んでしまうでしょう。

 

03. ハイリスク・ハイリターンはストレスが大きい
ハイリスク・ハイリターンは先ず健康によくありませんから可能であるならば足を踏み入れるような事をしない方が良いです。一喜一憂が続いただけでも不健康になりますけど、ハイリスク・ハイリターンの場合は強い精神力も必要になるでしょう。

また、ほとんどの人は成功しませんから、ローリスク・ローリターンの方が良いと思います。

 

 

ストレスにならない株式投資を行う

01. 株価と睨めっこしない生活
株価と睨めっこな毎日になってしまうと、本業が疎かになってしまいます。さらに株式投資で本業の給料の1ヶ月分程度を稼いでしまうと、本業よりも副業に力を入れたくなってしまいます。そのため、毎日のように株価を睨めっこしないような生活が望ましいでしょう。

これでは株価をチェックしないという事になりますから儲けることが出来ない!ということになります。

でも、株式投資は必ずしも投資を行えば儲かるとは限らない投資商品ですから、毎日の日課のように株価チェックを行わなくても良いと思います。

 

02. ローリスク・ローリターンの検討を
株式投資=株式売買といった感じになりますけど、株式投資には他にも色々と魅力的なことがあります。株式を購入すれば株式配当金を受け取ることが出来ますし、株主優待制度を設けているう企業であれば株式配当金+株主優待を受け取ることも可能になります。

銀行にお金を預けていれば利息が付きますけれども、この利息は大きな金額を預金しても大した金額にもなりません。

でも、株式配当金であれば銘柄ぶによりますけど、預貯金よりも配当金が高額ということも意外と多いです。預金代わりに株式投資を行って株主優待という楽しみを受け取る生活も可能になるのです。

これならば毎日株価をチェックしなくても楽しい株式投資が行えて、ストレスも溜まらない一石二鳥だと思います。

 

03. 全ては人それぞれ
どんな株式投資を行うのか?は人それぞれです。全ては運用次第で決まりますから、自己責任でリスクを考慮した運用を心がけましょう。

株をやってみたいならネット証券に口座開設してお金を増やす勉強を
皆さん、こんにちは! お金を増やす目的で様々な金融商品に手を出しているか?と思います。その中でも株式投資は成功すれば大きくお金を増やすことが出来るため、株式投資を行っている個人投資家も多いでしょう。 今回は、ネット証券に...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。