旅行の持ち物 リュック1つで行く1週間7日の台湾旅行のパッキング

 

皆さん、こんにちは!

台湾旅行に行く場合は荷物をどのくらい持って行きますか? 荷物といっても宿泊日数が多いと着替えの量も多くなりますから旅行バッグのサイズも大きくなってしまうと思います。

今回は、リュック1つで行く1週間分の台湾旅行のパッキングを紹介したいと思います。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

リュック1つで出発を

01. 厳密に言えばバッグは2つ
リュック1つで旅行する場合であってもサブバッグが必要になる場面が多いです。そのため、ポケッタブル仕様のボディバッグをリュックの中に収納して出発するようにしています。

特にサブバッグが必要になるのは空港や機内といった場所だったり、現地での観光時に貴重品やスマートフォン等を収納しておく場面になります。

 

02. 全ての荷物は機内に持ち込み
LCCを利用して台湾旅行のため、全ての荷物を機内に持ち込みます。基本的には5Kg未満になるようにパッキングしています。但し、秋冬シーズンは寒さ対策も必要になりますから5.5Kgになってしまいます。

台湾で購入するお土産を含めて7Kg未満になるようにパッキングしています。重量が超過してしまいますと、超過料金が発生してしまいますから、とにかく軽量なパッキングを心掛けた方が良いでしょう。

 

03. Peachで台湾へ
自宅が羽田空港の方が近いものですから、羽田空港から台湾桃園国際空港に行くことが出来るLCCのPeachを利用しています。

LCCで旅行 バッグパックで旅行なら機内持込のパッキングで旅を
皆さん、こんにちは! LCCを利用した海外旅行にはどのような旅行バッグで行かれますか? LCCの場合は格安で旅行することが出来て非常にお得ですけど、荷物の量や重量を超過してしまうと追加料金が発生してしまいます。 今回は、...

 

台湾旅行の持ち物

01. 台湾旅行の必需品
① パスポート
② 悠遊卡(悠遊カード)
③ クレジットカード
④ 日本円
⑤ 台湾元(前回の旅行で余った台湾元)

 

02. 着替え
1週間分の着替えは持って行きません。持って行く着替えは季節問わず2泊3日分のみです。旅行中は毎日洗濯することによって2泊3日分の着替えがあれば十分にカバーすることが出来ます。また、旅行に着て行く衣類も含めれば3泊分になりますから十分な衣類になります。

 

《持って行く着替え》
① Tシャツ × 2
② パンツ × 2
③ シャツ × 1
④ 替えズボン × 1
⑤ 靴下 × 2
⑥ 吸水速乾タオル × 2
⑦ タオル × 1

 

《洗濯セット》
① 洗濯ひも × 1
② 洗濯ばさみ × 10
③ 洗濯洗剤
④ 折りたたみハンガー × 2

 

03. 機内防寒及び雨具
① 夏はユニクロのポケッタブルパーカー
② 夏以外はモンベルのライトシェルパーカ
③ UVカット晴雨兼用の折りたたみ傘

 

04. ガジェット
① スマートフォン
② モバイルバッテリー
③ 充電コード等
④ SIMピン

 

05. 医薬品
風邪薬、胃腸薬など。特に胃腸薬は持って行った方が賢明です。台湾の料理は油を使った料理が多いですから、胃に負担が掛かります。

※ 胃薬や胃腸薬は持参して損はないと思います。

 

06. 旅行バッグ
リュック(バッグパック)で台湾旅行を行いますから、26L又は30Lのリュックを持って行きます。基本的に春夏は26L、秋冬は30Lのバッグパックを使っています。

① 春夏 : ホットショット 26L (ノースフェイス)
② 秋冬 : バークマウンテン 30L (コロンビア)
③ ポケッタブル・ボデイバッグ 8L (コロンビア)

 

 

07. その他持ち物
① 歯磨きセット、T字カミソリ等
② 固形のシャンプー石鹸や石鹸など
③ トイレットペーパー
④ 100円ショップで購入するビニール袋(ごみ袋)

 

※ ホテルに宿泊する場合は洗面用具やシャンプー&リンス等はサービスで用意されている場合が多いですが、1週間の旅行になるため、短期宿泊型アパートに泊まります。そのため、洗面用具などの日用品を持参する必要があります。

日用品なので現地のスーパーマーケットで購入しても良いです。

 

台湾旅行の服装

01. 夏場
台湾の夏場は男女ともにTシャツを着ている人が多いですから、郷に入れば郷に従えという言葉にならって基本的にTシャツで過ごすようにしています。ただ・・・日差しが強いですから紫外線対策は必要になると思います。男性でも日傘をさした方が良いと思います。

また、建物内や電車・バスの車内は強めの冷房が効いていますから夏場でも羽織る物は必須になるでしょう。

 

02. 冬場
冬の台湾は暖房が有りませんから非常に寒く感じます。路線バスの車内では冬でも冷房がガンガンに効いていることも珍しくありません。

また、一日の温度差が激しいこともあり、体調管理には十分に気を付けた方が良いです。真冬でも昼間は半袖でも大丈夫な感じの暖かさになる場合がありますから、朝晩の冷え込みがキツク感じるでしょう。

しっかりとした防寒対策が必要になります。沖縄よりも南だから暖かいというイメージで台湾に来てしまうと風邪を引いてしまうかもしれません。ポケッタブルになるウルトラライトダウンジャケットやパーカーを持参した方が良いと思います。

台湾旅行 冬の台湾は寒く温度差も大きい。旅行中の風邪や防寒対策を
皆さん、こんにちは! 台湾を旅行する場合は夏だけでなく冬も十分に有ると思います。 冬の台湾は日本と同じぐらい寒いですから風邪にも寒さにも注意が必要になるでしょう。 今回は、冬の台湾旅行での寒さや風邪への対策について...

 

台湾旅行のお土産

01. お土産は購入している
リュック1つで旅行する場合、スーツケースよりも収納スペースが狭いですから、あまり多くのお土産を購入することが出来ない感じになりますけど、ちゃんと必要な物をピンポイントで購入しています。

出発時点で既に何をいくつ購入するというのが決まっております。それ以外はどんなに魅力的な物であったとしても購入しないという形にしています。

 

02. 購入しているお土産
① 黒糖薑母茶(黒糖生姜茶)
② 鳳梨酥(パイナップルケーキ)
③ 方塊酥(ビスケット)

※ 筆者の場合は基本的に上記3種類のみ購入しています。鳳梨酥は職場へのお土産として購入し、黒糖薑母茶と方塊酥は自分へのお土産として購入しています。

台湾旅行 自分へのお土産として買う黑糖薑母茶は風邪や咳の予防効果
皆さん、こんにちは! 台湾に旅行された時にどのようなお土産を購入していますか? お土産というと家族や友人、職場の同僚等にお裾分けするような感じになると思います。 今回は、お裾分けするお土産ではなく、自分へのお土産について...
Peachの機内持込で台湾旅行なら25Lリュック1つで身軽な旅を
皆さん、こんにちは! LCCで台湾旅行にはどんなバッグで旅行に行きますか? おそらくスーツケース等で行かれる方の方が圧倒的に多いのではないでしょうか? スーツケースであれがコロコロ転がして荷物を運ぶことが出来ますから楽だ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。