旅行の持ち物 便利な巻き取り式のマカロン型TYPE-C充電コード

 

皆さん、こんにちは!

旅行にスマートフォンやモバイルバッテリーを持って行くと思いますが、皆さんはどのようなモバイルバッテリーや充電コードを持って行きますか?純正の充電コンセント&充電コードを持って行く方も多いと思います。

今回は、筆者が旅行や出張に持参しているUSB充電コードについての紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

旅行に持って行くガジェット

旅行にはスマートフォンやデジタルカメラ、ゲーム機器などのガジェットを持って行くと思います。もっともスマートフォンのカメラはとても高性能ですから望遠ズームを利用しない撮影であればデジカメを持って行かなくてもスマートフォンで十分だったりします。

でも、旅行ならではの風景等を撮影する場合も多いですから、重量等を気にしないのであればデジカメを持って行った方が良い場合もあります。誰もがスマートフォンのカメラに満足するとは限りませんから、光学ズームを搭載したデジカメや一眼レフ等のカメラを持って行く場合もあります。

 

旅行でもスマートフォンは便利

スマートフォンさえあれば、旅行のガイドブックは不要になりますし、デジカメも優秀ですからデジカメ代わりにも利用することが出来る旅行の必需品でしょう。

迷子になってもGoogle Map で調べれば確実に迷子から脱出することが出来ますから、方向音痴でも安心です。

また、WI-FI を利用することが出来ますから、ホテルや空港のフリーWI-FIを利用してインターネットも行えます。

 

スマートフォンを多用すると困ること

普段でも該当しますが、旅行でスマートフォンを多用すると、スマホのバッテリーの消費が早くなります。特にインターネットに接続していると、バッテリーの消費が早いですから、モバイルバッテリーを別途用意しておかないと安心できないでしょう。

この場合、丸一日充電しないでスマートフォンを使い続けるのは難しい場合も多いと思います。人によっては1日2回以上の充電も行なっているのではないでしょうか?

 

旅行でもスマホの充電が必要

旅行ではスマートフォンが有ると何かと便利ですから、スマホのモバイルバッテリーと充電コンセント&充電コードも必需品になります。

もし、バッテリーが少なくなってしまった場合でもモバイルバッテリーや充電コードがあれば、いつでも何処でも充電を行うことが出来ますから便利でしょう。

 

充電コンセント&充電コードが有ると

国際空港にはスマートフォンの充電用にコンセントの差し込み口が沢山ありますから、充電コンセント&充電コードを持っていると、スマートフォンやモバイルバッテリーを充電することが出来ます。

海外旅行に行く場合には空港の椅子等でスマートフォンに充電している方も多いと思います。

 

純正の充電コードは綺麗に纏まらない

旅行にスマホを持って行く場合、充電コンセント&充電コードを持って行きますが、純正の充電コードの場合は、ベルクロテープや輪ゴム等で留めれば綺麗に纏まりますけど、そうでない場合は、がさばります。

特に純正の充電コードの場合は丸めても形状が元に戻りやすいです。そのため、100円ショップで販売しているファスナーポーチの中に入れておく感じになってしまうでしょう。

 

 

USB充電ケーブルは自動巻き取り式のマカロン型

旅行や出張等で好んで持って行く TYPE-Cの充電コードがあります。マカロン型で小さくてコンパクトで端子が邪魔になりませんから非常に便利です。全部で10色のカラーが有りますから、お好みのカラーをチョイスすることが出来ます。

 

充電コードはマカロン型

筆者のスマートフォンはUSB TYPE-C に対応していますから、充電コードはTYPE-C のコードになります。

両面にUSBのAタイプとCタイプの接続端子をはめ込むようになっております。コードを長くするには両方の端子を同時に引っ張ることで最大1m の長さに調整することが出来るようになっています。

 

マカロン型USB充電コードTYPE-Cの仕様

サイズ : 直径5cm 、暑さ2cm
付属品 : 専用ポーチ
カラー : 全10色
その他 : 巻き取り式(収納は自動巻き取り)

 

※ 付属品の専用ポーチは、しっかりした作りになっていますが、他の用途に利用することが出来ませんから、無くても問題ない感じです。 筆者の場合は使っていません。

接続端子は本体の両面に格納する形になりますから、プラグは保護される形になります。そのため、あえて専用ポーチに収納する必要性を特に感じません。

 

3in1タイプ

このマカロン型USB充電コードTYPE-Cには3in1タイプも有ります。コチラのタイプも魅力的なのですが、同時に3つ利用することも有りませんし、あまり意味が無いかな?ということで購入しませんでした。

充電端子は、Android、iPhone 、TYPE-C の3つの端子に分かれているのが特徴になります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。