羽田空港から一人旅で台湾旅行ならLCCを利用して台湾に行こう!

 

皆さん、こんにちは!

台湾旅行にはLCCを利用して行かれる方も多いと思います。首都圏に住んでいる場合は国際空港が成田と羽田にありますからドチラの空港でも利用することが出来るでしょう。

今回は、羽田空港からLCCを利用して台湾旅行についての紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

羽田空港からLCCで台湾に行く場合

自宅が成田空港よりも羽田空港の方が近い場合は羽田空港を利用して台湾に行きたいでしょう。わざわざ遠い成田国際空港に行く必要はないです。でも、LCCを利用して台湾旅行に行く場合は、ほとんどの場合は成田空港から発着しています。

羽田空港から発着しているLCCはタイガーエアPeachぐらいですから、その他のLCCを利用している人は成田空港まで行く必要があります。

 

鉄道やリムジンバスで行く場合

鉄道で行く場合は乗換案内のアプリを利用して最安の運賃で行く 又は、一番楽な方法で羽田空港に行くのが良いでしょう。これが一番確実な方法だと思います。

鉄道で行く場合は、JR浜松町駅から東京モノレールを利用して行く 又は、京急で行く場合の2択になります。

京急で行く場合は京急蒲田駅で乗り換えるのか?それとも直通で羽田空港に行くのか?というのも重要になるでしょう。乗り換えないでスムーズに羽田空港に行きたい場合はエアポート急行を利用するのが良いです。

 

空港リムジンバスで行く場合

空港リムジンバスで行く場合は、荷物と一緒に空港まで行くことが出来るため、非常に楽なのですが料金は鉄道運賃よりも少し高めになっています。そのため、料金を優先するのであれば鉄道を利用して行くのが良いでしょう。

但し、帰りの場合は空港リムジンバスの方が良いと思います。帰りは疲れている場合が多いですから、確実に座れる保証がない鉄道よりも確実に座って目的地の駅まで快適に乗車できる空港リムジンバスは非常に魅力的です。

自宅までの距離が遠ければ遠いほど、のんびり快適に帰りたいでしょう。

 

羽田空港では

航空会社のチェックイン手続は深夜又は早朝ですから、前日の最終電車までに羽田空港に到着しておく必要があります。何しろ、深夜や早朝といった時間は既に電車やバスが営業していない場合が多いですから時間に合わせて行く事が出来ません。

そのため、前日の内に羽田空港国際線ターミナルに到着しておき、チェックイン時間が来るまで仮眠や暇つぶしを行なって過ごす必要があります。

一人旅の場合はホテルに宿泊する必要がありませんから、ベンチの上で仮眠するのも良いでしょう!

 

台北に行く場合

LCCを利用して羽田空港から台湾に行くと台湾の空の玄関口である台湾桃園国際空港に到着します。台北市にある台北松山空港には直接行くことは出来ません。

直接、台北松山空港に行きたいのであれば、ANA、JAL、中華航空、エバー航空を利用して台湾旅行するのが良いでしょう。

 

客運(空港連絡バス)で行く場合

第1ターミナルの到着ロビーを出て左手に歩いて行くと突き当たりに下に降りるエスカレーターがあります。エスカレーターを下に降りて道なりに行くと空港連絡バスのチケット売り場に行くことが出来ます。客運のチケットを購入して台北に行くことも出来ます。

客運で台北に行くのであれば1819路線國光客運が良いと思います。理由はこの路線は自動券売機でチケットを購入することが出来るため。

カウンターでもチケットを購入することが出来ますが、日本語には対応していませんから中国語で購入する事になります。

 

台湾桃園国際空港からMRTを利用して台北に行く

桃園機場捷運(MRT)を利用して台北に行くのがスムーズに行くことが出来るでしょう。悠遊卡(悠遊カード)を持っていれば、日本のSuicaやPasmoのように使うことが出来ますから乗り降りもスムーズです。

※ 台北駅までの料金は160元になります。

 

《悠遊カードを購入》
第1ターミナルの到着ロビーを出たら直ぐ左手に見える桃園機場捷運服務のカウンターに行きます。我要買悠遊卡(ウオヤオマイヨウヨウカア)と言えば購入することが出来ます。また、日本語の案内説明も用意されていますから指を差しながら購入することが出来ます。

台湾では必需品ですから、何度も台湾に行く場合は購入して損はありません。台湾旅行の記念として購入するのも良いでしょう。

台湾旅行 悠遊カードは鉄道・バス・買物に利用できる台湾の必需品
皆さん、こんにちは! 台湾旅行で便利なカードを紹介します。 皆さんご存知だと思いますけど、悠遊卡(悠遊カード)と言います。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 悠遊カードとは ...

 

 

台湾中部や南部に行く場合

台湾桃園国際空港から中部の台中市や南部の台南市に行くのであれば桃園機場捷運(MRT)と高鐵(台湾新幹線)を乗り継いで行く方法と客運(高速バス)を利用する方法があります。
時間を優先するのであれば高鐵を利用した方が良いです。それに対して時間はたっぷり有るから問題ない場合や、とにかく安い運賃で台中や台南に行きたいというのであれば客運の利用がオススメです。

客運であれば、高鐵の半額程度の料金で目的地の台中や台南に行くことが出来ますからお得です。

 

MRTと台湾新幹線で行く場合

台湾桃園国際空港の各ターミナルの地下にMRTの駅があります。第1ターミナルからMRTの駅に行くのはチェックインカウンター側に行く必要があります。

到着ロビーを出たら左に歩いて行き、突き当りを左に曲がり真っ直ぐ進んだ奥に地下に行くエスカレーターがありますから、下に降りましょう。エスカレーターは2回降りる感じになります。

MRTの切符(トークン)は自動券売機で購入しても良いですし、悠遊卡(悠遊カード)を持っていれば日本のSuicaやPasmoと同じように自動改札口を通り抜けることが出来ます。

MRTは高鐵方面のホームに行き電車が来たら乗車してA18の高鐵桃園站で降車します。

※ 20分間隔で運行しています。

 

《高鐵桃園站》
① チケット購入
自動券売機でチケットを購入します。現金で購入できる自動券売機を選びます。タッチパネルで操作します。

自由席であれば、座れる保証は有りませんが、当日であれば、どの列車に乗車しても良いです。

 

② 出発ホーム
南に行くため、『南下』のホームに行きます。
※ 北に行く場合は『北上』になります。

 

客運で台中や台南に行く場合

國光客運か統聯客運で行くのが良いと思います。チケットはカウンターで購入するのが良いでしょう。中国語が話せない場合はメモ用紙に繁体字で記入して手渡しする形でも購入することが出来ます。

 

《客運のチケット購入》
我要買到○○車站的車票 と書いてお金を添えて出せば購入出来ます。

※ ○○には目的地を書きます。台中駅に行くなら、台中を書きましょう!

台湾旅行 桃園空港から台中へは台湾新幹線よりも高速バスで旅費節約
皆さん、こんにちは! 旅行で台湾を訪れた場合、台北や高雄といった政治や経済の中心地に旅行される方も多いと思います。台湾には他にも魅力的な都市や地域がありますから、そういう場所も訪れてみたいでしょう。 今回は、桃園空港から...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。