老後の生活費 定年前に年金暮らしのシュミレーションで資金の準備を

 

皆さん、こんにちは!

定年退職前に老後の暮らしについて色々と考えると思います。特に老後の生活費については関心が高いでしょう。その他には私達が実際に年金を受け取る年代になった場合にどのくらいの年金が受け取れるのか?というのも大きな関心ごとです。

今回は、定年前に老後の生活費についてのシュミレーションを行なって必要な金額の準備に役立てる紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

老後の年金暮らしのイメージは出来ていますか?

まだ定年まで時間がある場合は老後にどんな生活をしたいのか?について考える余裕は少ないと思います。でも、老後の生活は意外と長いですから、時間がたっぷり有る時にしっかりと考えておいた方が良いと思います。

まだ時間があるからと言っていると、気が付いた時には何も考えていなかった!といった場合もあるでしょう。

漠然でも良いですから、老後の生活設計は早めに行なっておいた方が賢明です。

 

どのように生活するのか?

年金暮らしといっても色々なサークル活動を行なっていて忙しい人も居れば、引き籠り生活になっていたり、趣味に没頭したりと人によっても違いがあると思います。

定年後はどんな生活をするのか?という具体的なプランが既に出来上がっている人であれば、その目標に向かって進むのみですから、そんなに心配することもありませんが、具体的なイメージが出来ていない場合はちょっと焦った方が良いかも知れません。

どうしてか?というと、まだ時間がたっぷりあるから・・・と考えていると、そういう面倒なことは後回しになりがちですから、定年直前になってから何をやろうかな?って感じになってしまうでしょう。

定年後や年金暮らしの場合の生活設計は必要になりますから、面倒でも早めに立てた方が良いと思います。

それに、あくまでも設計ですから、今後の経済状況によっては変更も十分に想定されることです。変更が有った場合でも臨機応変に対応できるようにしておくことも必要でしょう。

 

どのくらいの費用が発生するのか?

定年になる前に定年後の生活費がどのくらいになるのか?という試算はやっておいた方が良いでしょう。特に年金だけで暮らしていけるのか?というのは重大な関心事項になります。

一説によると、年金だけでは厳しいようですから、年金プラスαのお金(貯金)が必要になると思います。貯金というのは基本的に増えませんから、いつか?は枯渇してしまいます。

貯金が枯渇しないような方策も考えておく必要があります。特に年金暮らしになると収入は年金だけになってしまいますから、厳しい面もあると思います。

 

老後の医療費や介護費は?

老後は足腰も弱くなりますからお医者さんのお世話になる回数も多くなるでしょう。また自分が介護される側になってしまう場合もあります。そういった場合の医療費や介護費はどのお金から工面すれば良いのでしょうか?

年金から工面すると生活費が圧迫してしまうと思います。そのような場合もある程度、想定しておく必要がありますから、前もって老後の生活費についてのシュミレーションも必要になるでしょう。

 

定年前に老後生活費のシュミレーションを

定年前に老後の生活費のシュミレーションを行なっておくのが良いと思います。老後の生活費?と思うかも知れませんが、老後の生活費はいくら?掛かるのでしょうか?

これは誰も具体的にいくら?必要というのは断言できないと思います。各家庭によっても違いがありますから、自分の家庭ではどのくらい必要になるのか?というのを予め試算および準備が必要になります。

老後の生活費といっても主に年金がベースになりますから、受け取った年金だけで暮らしていけるのか?を試算しておく必要があります。

年金だけでは暮らして行くことが出来ないのであれば、貯金を取り崩す必要がありますから、具体的にどのくらいの貯金があれば大丈夫なのか?というのを把握しておく必要があるでしょう。

また、必要金額が多くて用意できない場合も当然の事ながら有ると思います。そのような場合はどのように生活費を工面するのか?などの節約生活が必要になりますから、どのくらいまでなら生活できるのか?ということも前もって確認しておく必要があります。

 

 

定年前に行うべき理由

老後の生活費のシュミレーションは定年直前に行なっても意味がないと思います。準備するお金が関わって来ますから、遅くとも定年5年前にはシュミレーションを行なっておく必要があります。

特に経済状況健康状態は毎年変動がありますから、毎年シュミレーションを行うことで、より正確に老後の生活費の必要金額を割り出すことが出来るでしょう。

 

老後の生活費はどのくらい?

シュミレーションした結果、老後の生活費は年金だけで足りるのか?いうのが試算できると思います。各家庭によっても家計状況に違いがありますから、どのくらいの金額になるのでしょうか?大変興味があります。

 

シュミレーション通りにはいかない

老後の生活費のシュミレーションが出来たと仮定した場合、1つ大きな問題に直面すると思います。 試算した金額で本当に生活できるのか?という問題です。

これは、あくまでも試算ですから実際には足らない方が多いと思います。実際の条件に合致するような試算を行わないと意味がないでしょう。とはいえ、どんなに実際に合わせた試算を行なったとしても実際には足らない場合が多いです。

そのため、1ヶ月間という単位で実際に算出された老後生活費で生活できるのか?というのを体験して確かめる必要があるでしょう!

老後の生活費 年金暮らしできるか?実際に試してみるのが非常に大事
皆さん、こんにちは! まだ老後の世代でない人も年金生活のことを考えることもあると思います。年金だけで生活できるのか?はとても関心があるのではないでしょうか? 今回は、年金生活を実際に体験して今後の対策に役立てることについ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。