通勤や通学でもコンパクトに携帯できる帰宅困難の対策グッズの準備を

 

皆さん、こんにちは!

自然災害等も含めて通勤や通学、旅行等の際に帰宅困難になったことはありますか? 対策は行なっていても外出時への対策まで行っている人は少ないと思います。外出時は対応するのが意外と難しいですから仕方ない部分もあります。

今回は、帰宅困難対策についての紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

帰宅困難時の対策

帰宅困難の場合は、或る日、突然訪れることになります。自然災害ですから仕方がありません。私達ができるのは帰宅困難になった場合でも対策しておくことだと思います。

でも、どんな対策が出来るのでしょうか? アレコレ携帯するのは重たくてなりますから携帯性を損ないます。多少の荷物が増える程度が望ましいでしょう

 

帰宅困難に陥った場所でも対応が異なる

最低限必要な物といっても、帰宅困難に陥った場所によっても違いがあると思います。自宅から近い場所なのか?会社に近辺なのか?遠い場所なのか?によっても対応が異なります。

自宅から近い場所であれば歩いて帰宅することも可能ですけど、自宅から遠い場所だと帰宅困難になりますから風雨を防げる場所を確保するのが賢明になるでしょう。

でも、同じような人達は沢山いますから必ずしも、そのような場所を確保するのが難しい場合が多いです。風雨への対策が必要になると思います。

 

旅行時の場合もある

楽しい旅行の際にも帰宅困難になる場合があります。特に帰りの飛行機が台風等の自然災害で欠航になってしまった場合は帰宅困難に陥ってしまうでしょう。

国内であれば何とかなるかも知れませんが海外旅行の場合だと、振替便によっては帰宅するのが遅れてしまうことになります。宿泊場所の確保も行わないといけませんから、海外旅行の際には、余計にお金を持って行くなどの対策も必要になると思います。

両替したお金は全て使い切ってしまうと困ることになるかも知れません

 

通勤や通学時でも携帯できる物

毎日の通勤や通学にはバッグを持ち歩く場合が多いですから、バッグの中に保存期間の長いお菓子等を常に携帯するようにした方は無難です。

でも、お菓子だと小腹を満たすことが出来ますから、つい手を出して食べてしまう感じになりやすいのではないでしょうか? 食べても良いのですが常に補充しておく必要があるでしょう。

 

食料&飲料

食料や飲料はコンビニや自販機で購入すれば良いのですが、帰宅困難時はあっという間に売れ切れになってしまうと思います。何せ、物流網がストップしてしまいますから商品の補充が行えません。

そのため、2食分に該当するお菓子等の食べ物は通勤や通学のバッグの中に入れておいた方が賢明かも知れません。飴玉1個でも立派なおやつになりますから、無いより有った方が良いでしょう。

但し、飲料だけは真っ先に確保する必要があります。水分を適度に摂らないと脱水症状になってしまいます。

 

雨具

帰宅困難時は晴れとは限りませんし、当日は晴れでも翌日は雨という場合も十分に想定できますから折りたたみ傘などの雨具は必要になると思います。

折りたたみ傘を晴れの日でも携帯するのは流石にどうかな?と思いますが、ゲリラ雷雨も有りますから、こればっかりは悩みどころですね。

毎日持ち歩くのであれば超軽量でかつ、コンパクトな折りたたみ傘が良さそうです。

 

防寒対策

蒸し暑い夏場であれば防寒対策は必要ありませんが、その他の季節の場合、防寒対策が必要になると思います。寒い冬場であれば防寒対策は必須ですけど、春・秋シーズンでも朝晩は涼しいですから、風邪を引かないように羽織る物が有った方が良いと思います。

海外旅行等で持って行く機内防寒用のポケッタブルジャケットがあると便利かも知れません。防風&撥水性能のある物ならば簡易的なカッパにもなりますから、折りたたみ傘+αになると思います。

ウィンドブレーカーであればモンベルのEXライトウインドパーカが良いと思います。何せ、手のひらサイズで重量が僅か56gという圧倒的な軽さとコンパクトさです。

 

 

帰宅困難の対策グッズは携帯性に優れた物を

帰宅困難時は必ず職場とは限りません。平日であれば職場に居る可能性が高いですけれども通勤時の場合も有りますし、休日にお出かけしている場合もあるでしょう。そのような外出時でも帰宅困難になる可能性も十分に想定できるのです。

そのため、外出時でも帰宅困難対策が必要になるため、いつでも最低限必要な物だけでも通勤や通学のバッグに入れて携帯しておくことが求められます。

特に、いつも手ぶらで行動している人は何かしらのバッグは携帯しておいた方が無難の選択だと思います。

 

最低限必要な物

携帯性を重視するならば最低限必要な物だけを常に携帯することが求められます。最低限必要な物は食料と水と防寒対策でしょう。

《飲料》
未開封のペットボトル1本は常に携帯しておいた方が無難ですが、ペットボトルとはいえ重たいですから500ml 以上はキツイかも知れません。常に携行するならば380ml程度が良さそうです。

《食料》
食料はカロリーメイト等のバランス栄養食が良いのではないでしょうか?満腹感が得たいのであれば一口羊羹がお勧めです。一口羊羹であれば夏でもチョコレートのように溶けてしまうことも有りませんし、チョコレートに匹敵するぐらいの高カロリーです。

疲れている場合には高カロリーな食べ物を食べると回復力が高まりますから通勤や通学のバッグの中に潜ませておくのも1つの方法でしょう。

《その他》
その他には携帯性の優れたLEDライトが有った方が良いでしょう。暗い夜道にはライトが必要です

 

職場に保管できる物

帰宅困難の場合、平日であれば職場で被災する可能性が高いと思います。職場に帰宅困難対策のグッズを用意しておくことも必要になるでしょう。

当然のことながら会社では従業員の為に防災グッズを準備していると思いますけど、それはあくまでも最低限必要な物であることが多いですから、それだけでは足らない場合があると思います。

そうなって来ると各自、それなりの準備が求められますから、職場に置いておける物を準備しておく必要があるでしょう。それが食べ物や飲み物の場合は定期的に消費期限の管理も行う必要があります。

《マイカー通勤》
マイカー通勤ならば帰宅困難グッズを保管しておくことも出来ると思います。

【非常食】防災&備蓄! 3日分の保存食 えいようかん・井村屋羊羹
皆さん、こんにちは! 災害等でも便利に食べられる非常食シリーズ。 今回は非常食としても食べることが出来る羊羹についてのお話です。 羊羹というと、おやつ等のお菓子になりますが、羊羹はチョコレートのように高カロリーな食...
旅行の準備 海外旅行では帰国の飛行機が欠航や振替の備えと対策を
皆さん、こんにちは! 海外旅行をされた時に、悪天候などで帰りの飛行機が欠航になってしまったという貴重な体験をされた方は居ませんか? まだそういった経験がない方も居ると思います。 今回は、海外旅行で帰国の飛行機が欠航になっ...
旅行の準備 海外旅行では帰国の飛行機に乗り遅れた時の備えと対応を
皆さん、こんにちは! 海外旅行に行く方も多いと思います。帰りの飛行機に乗り遅れてしまったというような貴重な体験をした事は有りませんか? 今回は、帰りの飛行機に乗り遅れてしまった時の対応についての紹介になります。 参...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。