LCCの海外旅行で荷物は機内持込or受託手荷物?ドッチが良いの?

 

皆さん、こんにちは!

LCCで海外旅行に行く場合、旅行の荷物は機内に持ち込みですか?それとも受託手荷物として航空会社に預けていますか?

純粋にドッチが良いのでしょう?という旅行の荷物に関する悩みになります。そんなに悩むことでは無いのでは?と考える人も居るかもしれませんが、これに関する内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

LCCで行く海外旅行では

LCCで海外旅行に行く方も多いと思います。LCCのメリットやデメリットを理解して利用しないとストレスが発生する場合があります。格安料金というだけで利用するのはどうかな?と思います。

 

メリット

LCCで海外旅行するメリットといば格安な料金で旅行に行くことが出来るのが最大のメリットなのではないでしょうか? 大手航空会社の場合は片道でも大して変わらない運賃ですけれどもLCCの場合は片道でも安い料金で購入することができます。

格安や旅費を少しでも安く旅行したい人にとってはLCCで旅行した方が良いと思います。

 

デメリット

メリットがあるのだからデメリットも当然のことながらあります。LCCの場合はデメリットの方が多いのではないでしょうか?

① チェックイン時間
LCCのチェックイン手続が深夜・早朝の場合が多いのではないでしょうか? この時間になると流石に鉄道や空港リムジンバスといった交通機関は営業していない場合が多いですから、チェックイン時間に合わせて空港に行くことが出来ない場合は前日の最終電車に乗って空港に到着しておく必要があります。

② 遅延
定刻通りに出発することは少ないのではないでしょうか?遅れるのが当たり前といった感じで遅延が多いです。

③ 機内サービス
機内食や飲み物、毛布などの機内サービスが全て有料(オプション)になっています。座席の前に液晶ディスプレイはありません。

④ 座席が狭い
座席と座席のスペースが非常に狭いのも特徴の1つです。座ったら膝が前の座席に当たってしまう場合もあると思います。そのくらい座席スペースが狭いため、快適に機内を過ごせる環境ではないでしょう。

⑤ 受託手荷物
料金プランによっては無料の場合もありますが、基本的には預け荷物(受託手荷物)は有料になります。そのため、全ての手荷物を機内に持ち込む 又は 受託手荷物が無料になる料金プランの選択という方法になるでしょう。

⑥ 機内持込の手荷物
機内持込の手荷物の場合、各航空会社の手荷物規定に沿った内容で厳しく制限されています。特に重量は7.0Kg以内の場合が多いです。全ての荷物を7.0Kg以内に抑える必要があります。

また、機内に持ち込める荷物は身の回り品を含めて2つだけという場合が非常に多いですから旅行先で購入する特産品などのお土産の量が多かったりすると、追加オプションになってしまう場合があります。

 

荷物は機内持込or受託手荷物ドッチが良いの?

旅行の荷物を全て機内に持ち込むのか?それとも預けるのか?というのは大いに悩む部分ではないでしょうか? え!? そんなに悩むこと? と思う人も居るかもしれませんが、悩む人も居ると思います。

 

機内持込の場合

全ての荷物を機内に持ち込む場合のメリットとしては、現地の空港に到着した時にターンテーブルで預けた荷物を受け取る手間が必要ないという部分が大きいと思います。

真っ先に受け取れるのであれば問題ないですけど、そうでない場合は荷物が流れて来るまで、ひたすら待つことになるでしょう。この時間がちょっと勿体無い感じになります。

また、預けた荷物が流れて来ない場合もあります。他人が間違って持って行ってしまう場合も十分に想定されます。

 

受託手荷物の場合

機内に持ち込むことが出来るサイズや重量の荷物の場合は、受託手荷物として航空会社に荷物を預けることになります。

荷物を預けた場合は、移動がスムーズになりますから空港内でお店やトイレに行く場合に荷物を考えなくて良いですから快適に過ごすことが出来ます。

機内持込の場合だと、常に荷物を気に掛けている必要がありますから、その分、預けてしまえば気分が楽になります。飛行機に搭乗する前に食事やトイレには行く場合が多いですから、荷物があるちょっと大変だったりする場合があります。

 

 

機内持込or受託手荷物ドッチが良いのか?

LCCに限らず全ての荷物を機内に持ち込むのか?預けてしまうのか?は人それぞれ個人差があるでしょう。 空港内を楽に行動したいのであれば預け荷物の方が良いですし、現地に到着した後にターンテーブルで預け荷物を受け取る手間が嫌ならば機内持込にした方が良いと思います。

 

判断ポイント①

航空会社の手荷物規定に収まるサイズの荷物と重量ならば機内持込で良いと思います。但し、現地で購入する特産品などのお土産のことも考慮する必要があるでしょう。これを考慮しないと帰国便は追加料金が発生してしまったといったことも十分に想定できます。

お土産を含めて機内に持ち込み可能なサイズ&数量&重量なのか?という部分になるでしょう!

 

判断ポイント②

とにかく格安な旅費で旅行するというパターンなのか? 旅行なのだから、なるべく楽に行動したいのか?というパターンも有るでしょう。前者の場合であれば機内持込、後者の場合であれば受託手荷物になるでしょう。

結局のちころ、自分はどのパターンで旅行したいのか?という事になりますから、自分の基準に照らし合わせて最良の選択をするのが良いと思います。

旅行で買うお土産の悩みはバッグの中に収納できなくて困るパッキング
皆さん、こんにちは! 旅行での悩みは人それぞれ違いがありますが、その中でも、せっかくお土産を購入したのにも関わらず旅行バッグの中に収納することが出来なくて困ってしまったような事は有りませんか? 今回は、買ったお土産が入り...
旅費の節約 LCCで海外旅行なら持ち物は機内持込のパッキングで!
皆さん、こんにちは! LCCで海外旅行に行かれる方も多いと思います。 今回は、LCCで海外旅行する場合に各航空会社のチェックインカウンターで超過料金が発生しないようにパッキングして旅行しましょう! という紹介になります。...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。