防災の備えと対策はベッドや布団の近くに靴と非常持ち出し袋の準備を

 

皆さん、こんにちは!

自然災害等への備えや対策は行なっていても、いつ何処で発生するか?分かりませんから備えていても対応できない場合も多いのではないでしょうか?特に寝入ってしまっている時間に発生すると完全に無防備になってしまいますから即応できないのが実情です。

寝る部屋でも何かしらの防災対策が必要になるのではないでしょうか?今回は自宅や寝る部屋での対策を中心とした内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

防災の備え

日本は自然災害が多い国ですから、台風や地震等の災害に対する備えや対策が必要になります。これは各家庭や個人というレベルでも必要になりますから経済的な負担も多くなってしまうでしょう。

特に災害に備えて備蓄している食料には期限が有りますから、定期的にチェックや交換などを行う必要があります。備えるのは簡単でも期限をチェックするというのは意外と難しかったりします。

それだけでなく、季節によっても対策が異なりますから備えて維持するのも大変です。

 

自然災害は予測できない

自然災害は予測することが出来ないのが厄介です。台風ならば規模や強さで危険な台風なのか?は何となく予想することは出来ますけど避難が必要になるぐらいの危険な台風なのか?の判断が素人には出来ません。

これが一番の怖さだと思います。自分で判断できないと行政の防災無線に頼ってしまう感じになってしまいます。必ずしも最良なタイミングで行政の防災無線が有るとは限りませんから、台風では自主的に早めに行動することも必要になるでしょう。

 

外出時はどうするのか?

自然災害は必ず自宅に居る時に発生するとは限りませんから外出時でも最低限の準備だけは行っておいても損はないでしょう。最低限の準備とは、帰宅困難の対策になります。

もし、交通機関がマヒしてしまうような災害が発生したら確実に帰宅困難に陥りますから最低でも夕食と朝食の2食分相当の食品及びミネラルウォーター等のペットボトルが必要になります。

また、季節にもよりますけど、必要に応じて防寒対策や風雨への備えも必要になるでしょう。職場等に帰宅困難グッズ等を用意しておいた方が賢明の選択だと思います。

 

自宅での防災対策

ひとえに自宅での防災対策といっても、どの程度行えるのでしょうか?食料や飲料の備蓄は可能ですけど、何日分の食料等を備蓄しておけば良いのか?という問題も発生します。例え3日分だったとしても家族の人数分となると結構な量になりますから備蓄というのも意外と難しかったりするでしょう。

 

非常食や飲料の備蓄

最低でも家族が3日間、生活が行える分の食料と飲料の備蓄が必要になります。しかし、大規模災害となるとライフラインの復旧は1週間ぐらい掛かると予測されるため、少なくとも7日分の食料と飲料が必要になるのではないでしょうか?

近くに学校等の公共の施設があれば食料や飲料が期待できますが、必ずしも近くにそのような施設があるとは限りませんから、自宅で食料や飲料といった生活必需品の備蓄が必要になるでしょう。

また、食料だけでなく、薬などの医薬品も家族の人数分だけ必要になりますから、7日分の備蓄も意外と大変だったりします。

だからと言って一気に食料や飲料を揃えてしまうと、消費期限を迎えた時に消費するのは大変になってしまいますから、同じ月に消費期限を迎えないようにする工夫も必要になります。

 

非常持ち出し袋の準備

自然災害等は、いつ発生するか?分かりませんから最低でも直ぐに脱出することが出来るように非常持ち出し袋を用意しておく必要があるでしょう。

何も用意していない場合、いざ緊急避難することになった時に貴重品や着替え等も含めて用意することが出来ませんから、心もとないでしょう。

そうならない為にも日頃から最低限必要な物を非常持ち出し袋に詰めておくことも求められると思います。

 

 

寝る部屋での対策

外出時を除いて、1日の中で寝る部屋で過ごす時間は結構長いと思います。長く過ごす場所では防災への備えは行なっておいた方が良いでしょう。特に窓ガラス部屋のドアは要注意だと思います。

地震の場合は地盤の影響で家も傾いたりする場合がありますから、ドアを閉めておくと脱出できない可能性もあります。寝る部屋から出られないといった場合も十分に想定できるでしょう。

さらには窓ガラスへの対策も必要になります。窓ガラスの場合は割れた破片で怪我をしてしまう可能性がありますから何かしらの対策が求められます。

 

履き慣れた靴の用意

履き慣れた靴を寝る部屋に用意しておくのか?と思われる方も居ると思いますが、新品の靴の場合だと靴擦れを起こす原因にもなりますから履き慣れている靴の方が良いです。

どうして寝る部屋に履き慣れた靴を用意しておく必要があるのか?というと、地震などの災害が発生すると窓ガラスが割れてしまう場合がありますから脱出する際に割れた窓ガラスで足を怪我してしまう可能性があります。

そのため、ベッドの下 又は 布団の近くに靴を用意しておくのが賢明だと思います。但し、窓ガラスが割れた場合でも用意してある靴に割れたガラスが掛からないような対策も必要になるでしょう。

※ 革靴よりもゴム底のスニーカーの方が歩きやすいと思います。

 

寝る部屋でも非常持ち出し袋の用意

寝る部屋にも非常持ち出し袋が必要になります。災害は、いつ何処で発生するか?分かりませんから寝る部屋にも有った方が賢明です。但し、2つも用意できない場合は、毎日寝る時に寝る部屋に非常持ち出し袋を移動させておくという場合も良いと思います。

ちょっと面倒な感じもしますが、朝晩の2回だけですから毎日の日課として習慣化すれば苦にならないと思います。

通勤や通学でもコンパクトに携帯できる帰宅困難の対策グッズの準備を
皆さん、こんにちは! 自然災害等も含めて通勤や通学、旅行等の際に帰宅困難になったことはありますか? 対策は行なっていても外出時への対策まで行っている人は少ないと思います。外出時は対応するのが意外と難しいですから仕方ない部分もあ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。