喉の痛みや咳の症状に効果があるのど飴は医薬品のドロップやトローチ

 

皆さん、こんにちは!

喉の痛みや腫れなどの症状や違和感を感じたことも有ると思います。そのような場合はどのような対策を行なっていますか? のど飴を舐めるという場合も多いのではないでしょうか?

今回は、同じようなのど飴でも医薬品のドロップを中心とした内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

冬の季節や喉の痛み等の場合

冬の季節では空気が乾燥することもあり、喉も渇きやすくなります。喉が渇くと風邪などのウィルスが喉の粘膜に付着しやすくなり、体内に侵入されてしまうことに繋がりますから、空気が乾燥する冬場では喉の潤いも考える必要があります。

 

うがいをする

外出先から帰宅した場合には手洗いやうがいを行うのが風邪への有効な対策になります。ここで注意しなければならないのがうがいです。うがいを行なう時にうがい薬を使ってうがいを行う人も居るのではないでしょうか?

この場合は逆効果になる可能性があります。喉の粘膜には常在菌が居るため、うがい薬を使ってうがいを行なってしまうと、これらの常在菌まで殺菌してしまうことになります。

常在菌が居なくなってしまうと、抵抗力が低下してしまうのは勿論のこと、簡単に風邪ウィルスが付着してしまいますから風邪にも掛かりやすくなります。

そのため、うがいを行う場合はお水 又は ぬるま湯で行うのが良いでしょう。

 

のど飴を舐める

喉の痛みや違和感を感じる場合に舐めるのど飴も喉の症状を緩和させる効果があると思います。でも実はのど飴には何も効果がないというのはご存知でしょうか?確かにのど飴を舐めると喉に潤いが戻りますし、スッキリすることもありますけど、のど飴を舐めたからと言って効果があるということは無いそうです。

あたかも喉に効果があったように感じるのがのど飴ということのようです。喉に違和感や痛みがある場合はお手軽なのど飴を舐める習慣の場合は注意が必要だと思います。

普段、お店で食品の飴と一緒に販売しているのど飴ではなく、ドラッグストア等で購入することが出来る医薬品の『のど飴』が効果があると思います。

 

のど飴なら医薬品を

のど飴を舐めると喉の違和感や痛みを解消することが出来ると勘違いしてしまう感じになってしまうため、これらの症状ではのど飴(食品)を舐める場合が多いと思います。飴玉というと、スーパーマーケット等で購入する物といった感じになるため、医薬品のメディカルドロップトローチなどはドラッグストアにでも行かない限り買うことはありません。

それにドラッグストアはそんなに多くないですから、普通のスーパーマーケットでも購入することが出来るのど飴の方が買いやすいでしょう。

 

のど飴(食品)

食品のタイプは何処にでもあるコンビニやスーパーマーケットで購入することが出来ます。味も好みによって色々あるため、自分の好きなのど飴を購入することが出来ます。

その他の特徴としては、医薬品と違って製造や販売に制限がないため、統一基準がありませんから、必ずしも栄養のバランスが良いとは限りません。

舐めていて美味しいのど飴も有りますから、そのようなタイプの場合、結果的に飴に含まれる糖分を余計に多く摂取してしまうことにも繋がります。

何故なら、自分は風邪の対策としてのど飴を舐めているかも知れませんが、風邪や喉に対する効果が一切ない飴玉を舐めているのです。効果がないと、もう1つ舐めよう!っというような感じになりますから余計に多くの糖分を摂取してしまうのです。

必要以上に多くの糖分を摂取すれば糖尿病などの生活習慣病にも繋がりますから注意しないといけないと思います。

 

のど飴(医薬品)

メディカルドロップやトローチなどの医薬品の場合は、のど飴とは違ってそれなりに効果があります。喉の炎症に伴う痛みや腫れ等の違和感を感じた場合に舐めるのであれば医薬品のメディカルドロップやトローチの方が良いでしょう。

特に冬の季節では、毎日の通勤や旅行時でも喉の炎症になる場合がありますから、バッグの中に1回分は入れておきたいでしょう。

但し、医薬品であるため、1日の摂取量等の制限が有るのも特徴になります。食品の飴玉の場合は摂取制限が記載されていませんけど、医薬品の場合は服用回数等を守らないといけません。

 

 

どうして?のど飴は医薬品が良いのか?

本当に喉の痛みに効果が期待できるのか?というのは人それぞれ個人差もありますから、そのように感じているだけかも知れないですし、全く効果がないという場合もあると思います。

医薬品だからといって効果が有るということでも無いと思います。食品の飴玉でも喉の症状を緩和させることが出来るかも知れません。結局のところ、各個人の受け止め方が全てなのではないでしょうか?

 

のど飴は喉に潤いを持たせる

何処のお店でも購入できるのど飴の場合は、あくまでも喉の痛みや違和感等をのど飴を舐めることによって、喉に潤いを持たせるのが目的になると思います。それなら普通の飴玉でも喉に潤いを持たせることが出来るのでは?と思う方も居ると思います。

普通の飴玉でものど飴で喉に潤いを持たせることは可能です。違いといえば、喉を爽やかな気分にさせてくれたり、スッキリさせたりする事ぐらいでしょうか?

但し、大根生姜のど飴のように舐め終わった後にしっかりと後味の残るタイプもありますから一概には何とも言えないでしょう。

 

のど飴には統一基準がない

のど飴には製法や栄養成分などの統一した基準が有りませんから、製造会社の判断に任せて作られています。それに引き換え、医薬品のメディカルドロップやトローチ等は製法や成分等も含めて厳しく制限されています。

信用力という観点で考えれば、製造会社でバラバラの基準で作られている飴玉よりも統一基準で作られている飴玉の方が信用性が高いです。

風邪の予防にはビタミン類を摂取して免疫力アップが効果的な対策方法
皆さん、こんにちは! 毎年、冬の季節になると風邪の症状に悩まされてしまうといった方も多いと思います。特に小さい子供がいる家庭では学校等で風邪をもらって来てしまう場合も有るでしょう。また、電車やバス等には風邪を引いている方も居ま...
海外旅行に持参するのど飴は医薬品のメディカルドロップやトローチを
皆さん、こんにちは! 海外旅行にのど飴を持って行くことはありませんか? え!? のど飴なんて持って行かないよ! という人の方が多いかも知れませんね。 そうは言っても必要な場面もあると思います。特に旅行中にのどに違和感を感...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。