自宅でヘッドホンを使って音楽を聴いている人は耳の健康や難聴に注意

 

皆さん、こんにちは!

自宅でヘッドホンを使って音楽を聴いている人も居ると思います。ヘッドホンを使うとステレオ効果がバッチリですから、お気に入りの音楽も楽しく聴くことが出来ます。

でも、ヘッドホンを日常的に使っていると、耳の健康状態が悪くなってしまう場合がありますから注意が必要だと思います。

今回は、日常的にヘッドホンを利用している人向けの耳の健康についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

自宅ではどのように音楽を聴いている?

自宅で音楽を聴く場合は色々な場面であると思います。自宅の場合はある意味自由ですから、好きな時間にお気に入りの音楽を聴くことが出来ます。

ミニコンポやパソコン等で音楽を聴いたり、テレビのミュージック番組を視聴したり、Youtube 等の動画サイトを利用したりする場合も多いかと思います。

 

家族で同じ音楽というのは難しい

家族みんなが同じアーティストのファンであるという場合は家族みんなが居る場所で音楽を聴くことが出来ますが、残念ながらそのような場合は非常に少ないと思います。

人それぞれ個人差がありますから、好み趣向も違うと思います。そのため、家族内でも好きなアーティストが異なる場合の方が多いのではないでしょうか?

 

好きなアーティストが違う場合

家族内で好きなアーティストが異なる場合は同じ部屋でお気に入りの音楽を聴くのが難しくなるでしょう。

聴いていても良いのですが、趣向が異なりますから場合によっては聴いていて不快に感じる場合もあります。そのような場合はなるべくなら聴きたくないという感じになる場合もあるでしょう。

この場合は、自室に籠って好きな音楽を聴く傾向になりやすいです。自室なので音量も少し高めになってしまうのではないでしょうか?自室の場合、ある程度の防音効果も期待できますから、つい音量を高くしてしまう感じになりやすいです。

 

自室が無い場合

必ず自室が有るとは限りませんから、そのような場合にはヘッドホンやイヤホンを使う場合もあると思います。お気に入りの音楽を聴いてリラックスするには誰にも邪魔されたくないという気持ちの方が強くなってしまうでしょう。そのような場合はヘッドホンやイヤホンを日常的に使う形になるのでは?

 

ヘッドホンやイヤホンを使って音楽を聴く場合

自宅や外出時にヘッドホンやイヤホンで音楽を聴いている人も居ますけど、音量はどのくらいに設定して聴いていますか? あまり大きな音量で日常的に聞いていると耳の老化に繋がります。場合によっては若い人でも難聴になってしまう場合がありますから、音量には十分に気を付けた方が良いでしょう。

それに鉄道やバスを利用した時に、音が漏れている人に出会うことは有りませんか?その場合、不快な気持ちになるのであれば、自分も気を付けた方が良いと思います。

漏れた音で不快な気持ちになる場合も有りますから、そのような人達に対する配慮も必要になります。鉄道やバス等で音楽を聴く場合は音量に気を付けて聴くようにしましょう。

 

自宅では

自宅で音楽を聴く場合、パソコンに入れてある音楽ファイルやミニコンポ等で音楽を聴く場合が多いのではないでしょうか? 母艦のパソコンでお気に入りの運学をダウンロードして聴く方が多いかも知れません。

自宅であればヘッドホンやイヤホンを使う必要は無い筈なのですが、色々な音も拾ってしまうため、満足にお気に入りの音楽を聴くことができないですから、そのような場合はヘッドホンを使うこともあるでしょう。

アパートなどの集合住宅に暮らしている場合はちょっと状況が異なると思います。特にアパートのような建物の場合は隣の部屋と近いですから、大音量にしてしまうとクレームの対象になってしまいます。

そのため、クレームにならないようにヘッドホンを利用して音楽を聴く場合もあると思います。

 

外出時では

自宅で日常的にヘッドホンを利用して音楽を聴いている場合は、外出時ではイヤホンを使って音楽を聴いている場合が多いと思います。

確実にステレオで音楽を聴かないと満足しない感じになってしまいますから、イヤホンを使って音楽を聴くのが当たり前になってしまうでしょう。

また、日常的にヘッドホンを利用していない場合でも、鉄道やバスなどの交通機関を利用される場合は、暇つぶしを兼ねて携帯型音楽プレーヤーやスマートフォンを利用してイヤホンでお気に入りの音楽を聴く場合もあると思います。

 

 

耳の健康を考えて音楽を聞きましょう

耳の健康ってあまり聞きませんから耳のケアまで行っている人は少ないと思います。どのようにケアすれば良いのか?というのはイマイチよく分からない部分も影響していると思います。

日常生活において、音は必ず付き纏いますから、小さな音でも聞こえるように努力する必要があるでしょう。

 

耳の健康を考慮する

耳の健康を考えるといってもどのようにすれば良いのでしょうか?日常生活において耳は非常によく使っています。耳から聞こえてくる情報で人と会話したりテレビを見て楽しんだりすることも出来ます。

もし、耳が聞こえなくなってしまったら生活が困りますから、耳のケアは非常に大切になります。耳の老化に繋がる可能性のあるヘッドホンイヤホンは自宅では使わないようにするのが良いでしょう。

だからと言って、テレビやラジオの音量を高くしてしまうと、ヘッドホンを使っていなくても耳の健康によくありませんから、小さい音量で聞くように努力することも大切です。

 

ヘッドホンやイヤホンを使わない生活を

自宅ではヘッドホンやイヤホンを使わないで音楽を聴くように努力することが求められます。ヘッドホンは使っても大丈夫なのですけど、音量を小さくして使うようにしないといけません。

どうしてもヘッドホンを使ってしまうと音楽を聴いていると自分の世界に入りやすくなってしまいますから自然に音量を上げてしまうこともあります。

必要以上に音量を高くしてしまうと、耳の健康状態が悪くなりますから結果的に耳の老化に繋がってしまいます。耳が老化してしまうと耳から聴こえてくる音が弱くなってしまいますから若い人でも難聴になる場合もあります。

難聴になってしまうと補聴器等の健康器具がある生活になってしまうため、日常生活も支障が出てしまうことになるでしょう。

電車バス等でイヤホンを日常的に使う人は耳の健康障害(難聴)に注意
皆さん、こんにちは! 耳が遠くなるのは老後になってからとは限りません。若い人達でも耳が遠くなるのをご存知でしょうか? え!?  まだ学生だから大丈夫と考えているならば、それは大きな間違いでしょう!日頃からヘッドホンやイヤ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。