海外旅行には携帯式デジタルはかりのラゲッジスケールを使う?持参?

 

皆さん、こんにちは!

旅行や出張等で飛行機を利用する場合も多いと思います。旅行の荷物の重量は何で計っていますか? 体重計か旅行用のラゲッジスケールという場合が多いのではないでしょうか?

でも、この旅行用のラゲッジスケールは果たして本当に正確なんでしょうか?そのような疑問を感じたことは有りませんか?

今回は、ラゲッジスケールを含めて旅行の荷物についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

海外旅行に出発する前

海外旅行に行く場合は飛行機に乗りますから、持ち物のサイズや重量には気を付けると思います。パッキングも念入りに行うことも多いでしょう。

 

スーツケース行く場合

海外旅行の持ち物をパッキングする旅行バッグとしてキャスター付きのスーツケースを持って行かれる方が多いと思います。特に4輪キャスター付きの場合はコロコロ転がして持ち運ぶことが出来ますから移動時も楽々で移動することが出来ます。

でも、スーツケース自体の重さもありますから、機内に持ち込むという場合には機内持込に対応したスーツケースが必要になってしまうでしょう。航空会社に預ける場合は到着した現地の空港で預け荷物を受け取る手間が発生するというデメリットもあります。この手間が嫌な人は機内持ち込みにしていると思います。

 

バッグパックで行く場合

海外旅行のバッグはスーツケースでけでは有りません。リュック(バッグパック)で海外旅行を行っている方も居ます。

バッグパックのメリットとしては両手が空き、荷物は背中に背負うため、持ち運びがスムーズであることです。特にトイレやちょっと買い物に行く場合でもスーツケースの場合は目を離すことができませんが、バッグパックの場合は背負っていますから、そのような心配はありません。

また、バッグ自体の重さもスーツケースよりも軽量のため、機内持ち込み可能なサイズ&重量であれば全ての荷物を機内に持ち込むことも可能になります。

 

旅行のパッキング

海外旅行に持って行くバッグが決まったら、持ち物をパッキングするだけなのですが、これが意外と多くの時間を費やすことになる場合があります。

特に全ての荷物を機内に持ち込む場合は各航空会社の手荷物規定を遵守する必要がありますから、どうにか?して規定の重量未満に抑える必要があります。

バッグを体重計に載せて重量を確認したり、旅行用のラゲッジスケールを利用したりすると思います。

 

総重量の超過

全ての荷物を機内に持ち込む場合は各航空会社の手荷物規定の重量を厳守する必要がありますけが、受託手荷物の場合でも規定の重量が決まっています。何十Kgでも預けられるという訳ではありません。

規定の重量を超過した場合は追加料金が発生するため、荷物の超過は避けたいところでしょう。

 

全ての持ち物は機内持ち込み

特にLCCで全ての荷物を機内に持ち込む場合は7.0Kg以下の場合が多いと思います。バッグ自体の重量も含めて7.0Kg以内になりますから、パッキングは意外と大変だったりします。

機内持込に対応しているスーツケースだったとしても持ち物の総重量は7.0Kg以上になってしまう場合も多いです。

たとえ出発時は機内に持ち込むことが出来た場合でも帰国時は機内持込が出来なかったという場合もあります。これは、現地で購入する特産品などのお土産の事を考慮しないでパッキングを行なってしまった場合です。

パッキングする時は、お土産の事を考慮した上で重量調整を行わないと、帰国時に追加料金が発生するという、まさかの展開に発展する場合があります。

 

身の回り品以外は航空会社に預ける

LCCの場合は基本的に受託手荷物は有料です。料金プランによっては無料になる場合があります。受託手荷物1個あたり○Kgまでという単位設定になっている場合が多いでしょう。

ANAやJALといったフルサービスキャリアの場合は座席によっても預けられる個数や重量にも違いがあります。

 

 

ラゲッジスケールは持って行く?

何をそんなに悩む必要があるのか? と思う方もいるとは思いますが、携帯式のラゲッジスケールが正確ならば何も悩む必要がないのです。

計測した重量が正確ではないから悩むのです。自宅では規定の重量以内だから大丈夫という場合でもチェックインカウンターで計測したら重量が超過していたといった場合も実際にあります。

え!? どうして? って感じでしょう。

 

旅行用のラゲッジスケール

携帯用のデジタルスケールなのですが、商品によっては計測した重量が正確ではない場合があります。ネット通販で購入した場合に多い感じです。

購入する時はいかにも便利そうな購買意欲がそそられる文言が並んでいますが、実際に使ってみると、正確ではない!というガックリ感。失敗したな〜という感じでしょう。

実際の誤差はどのくらいあるのか?というと、物によっても違いがあるため、一概には何ともいえませんが、200〜300gぐらいの場合が実際にありました。そんなに大した問題ではない感じですが、±300gというのは意外に大きかったりします。

家で計測した時は7.0Kg以内だった場合でも空港のチェックインカウンターでは7.0Kgオーバーだったという場合は最悪でしょう!

※ 購入する際は、正確に計測できるも商品を買いたいでしょう。ネット通販の場合は実際に手に取って調べることが出来ませんから注意が必要になります。

 

携帯用ラゲッジスケールは持って行く?

あまり正確ではないラゲッジスケールを持って行くメリットは有るのでしょうか?ただ荷物になるだけのような感じになりますけど、だいたいの目安にはなりますから持って行っても良いかも知れません。

でも、正確に計測できないのであれば持って行く必要はないと思います。

LCCの海外旅行で荷物は機内持込or受託手荷物?ドッチが良いの?
皆さん、こんにちは! LCCで海外旅行に行く場合、旅行の荷物は機内に持ち込みですか?それとも受託手荷物として航空会社に預けていますか? 純粋にドッチが良いのでしょう?という旅行の荷物に関する悩みになります。そんなに悩むこ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。