登山やキャンプで使う寝袋は災害時の防災対策に必要!シュラフの準備

 

皆さん、こんにちは!

もしもの災害時に必要な防災グッズって何だと思いますか? これは季節によっても違いがあると思います。夏の蒸し暑いシーズンであれば暖房が必要ありませんけど、冬の厳しい寒さの場合は暖房が必要になります。

今回は冬の寒いシーズンの場合に、もしもの災害が発生した場合に備えて寝袋の準備についての紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

登山やキャンプで使う寝袋

日常生活において寝袋(シュラフ)を使う機会はほとんどありません。キャンプや登山といったレジャーに持って行く程度だと思います。そのような趣味や機会がない場合は必要性を感じない商品だと思います。

 

寝袋というと

寝袋は袋状になっているポケッタブル仕様の寝具のことです。スリーピングバッグやシュラフと呼ばれることもあります。主にキャンプや登山等で利用されることが多いのですが、防災用品としても使われます。

寝袋といっても複数種類のタイプがあります。長方形の形状である封筒型や頭部までスッポリ覆いかぶさることが出来るマミー型、着ぐるみのような2本足に分かれているタイプなど。

この2本足独立型は椅子に座ったり歩いたりすることが出来ますから寝袋という感じではなく、防寒着のような感じに近いでしょう。

 

登山やキャンプ等

キャンプの場合だと、キャンプ場までマイカー等で行くため、寝袋の重量は多少重たくても問題ありませんが、登山の場合ですと、持ち運びのことも考慮する必要もあると思います。

なるべく軽量でかつ、保温性に優れてコンパクトに収納できるタイプが良いですから、購入される場合は寝袋選びが大変になるでしょう。どのような基準で選択すれば良いのか?素人では難しい感じです。

 

寝袋は災害時にも役立つ

寝袋は登山やキャンプに活躍するアイテムというイメージになりますが、実は防災時でも役立つ便利なアイテムだと思います。

特に災害は、いつ発生するか?分かりませんから場合によっては寒い冬場に発生するかも知れません。特に大災害に遭うと電気・ガスといった生活に必要なライフラインの供給がストップしてしまいますから、暖房が使えなくなってしまいます。

真冬に暖房なしで過ごしたり睡眠するのは大変ですから、防寒着寝袋が有った方が良いと思います。

 

避難先でも

学校の体育館などに避難した場合、床が冷えますから寒さを感じやすくなるでしょう。また、毛布が必ず配られるとは限りませんから(指定避難所ではない場合)、毛布等が無いと睡眠にも影響を及ぼすと思います、可能ならば災害用に寝袋を準備しておいた方が賢明かも知れません。

但し、寝袋といっても夏用の寝袋は良くないと思います。特に使用可能限界温度が15度ぐらいというのは適していないでしょう。災害用に備えるのであれば冬の寒さにも耐えられる温度の寝袋が有った方が良いです。

これは住んでいる地域によっても違いがありますから、自分が住んでいる場所は冬の最低気温がどのくらいまで下がるのか?を把握した上で、その気温に対応できる寝袋を用意する必要があるでしょう。

 

災害時の車中泊

マイカーがワゴンタイプの車であれば車中泊をする方も多いと思います。マイカーには最低限の必要物資を収納しておくことも出来ますから、安全な駐車場等に駐車して自宅に帰ることが出来るまでの期間は車中泊して生活する感じ。でも、災害時に車中泊を想定している場合は、最低でも車中泊に必要なグッズ等をマイカーに用意しておく必要があります。

この場合、平時では不要な荷物を多く積んでいることになりますから燃費が悪くなってしまいます。それでも仕方ないと考えるのか?いや燃費を優先させるのか?は人によっても違いがあると思います。

もしもの災害の事まで考えて生活するということも時には必要なのかも知れません。

 

 

防災対策として寝袋(シュラフ)の準備を

防災用に限定して寝袋を準備するというのも勿体ないと思います。災害は、いつ発生するのか?分かりませんから万全の用意をして準備していた場合でも1回も使わなかったといったパターンもあると思います。

でも、もしも災害が発生したら必須アイテムに早変わりするのも事実ですから、防災に限定するのではなく、別の用途でも利用するなどを行なって準備を行うといった方法が良いのではないでしょうか?

 

旅行でも使える

実は海外旅行でも寝袋を持って行く場合があります。特に民泊を行う場合は布団が用意されていない場合がありますから、そのような場合は有料でレンタルする又は寝袋を持って行くといったパターンになるでしょう。

海外旅行というと、ホテルに宿泊するものと考えがちですけど、世界一周旅行や可能な限り旅費を安く済ませたいと考えている場合はホテルよりも民泊を利用される場合もあります。

もっとも宿泊予約を行う時に必要な情報を事前に調べますし、世界一周旅行といった場合でもない限り、寝袋を持って行く機会はそんなに無いかも知れません。

防災の備えと対策はベッドや布団の近くに靴と非常持ち出し袋の準備を
皆さん、こんにちは! 自然災害等への備えや対策は行なっていても、いつ何処で発生するか?分かりませんから備えていても対応できない場合も多いのではないでしょうか?特に寝入ってしまっている時間に発生すると完全に無防備になってしまいま...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。