通勤時の防災対策は防寒用簡易寝袋とポケッタブルパーカーの携帯を

 

皆さん、こんにちは!

通勤時に災害等が発生する場合も有ると思います。そのような場合はどのような防災対策を行っていますか? 鉄道などの交通機関で通勤している場合は帰宅困難になる確率が高くなりますから先ずは帰宅困難への対策になるのでは?と考えます。

今回は、通勤時の帰宅困難対策についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

通勤時の防災対策

通勤時の防災対策としては、ほぼ非常時の帰宅困難対策になると思います。特に鉄道を利用して通勤や通学をしている場合は大規模な災害等が発生すると鉄道が止まってしまいますから帰宅することが出来ないでしょう。

そのため、普段から帰宅困難に遭った場合に備えてそれなりに何かしらの対策を行っておくことが求められます。

 

非常時の帰宅困難対策

帰宅困難時に必要な物って何だと思いますか?帰宅することが出来ませんから最悪の場合、外で1泊することになると思います。

停電している場合、自動販売機も利用できるのか?分かりませんからペットボトルのお茶やミネラルウォーター等は別途に用意しておく必要があるでしょう。

また、季節によっても状況が異なりますから、どの季節でも対応できるような装備も必要になるのでは?と考えます。とはいえ、いつも帰宅困難対策を持ち歩くのは大変ですから、軽量でかつコンパクトな装備にしたいでしょう。

 

通勤バッグに準備しておきたい物

① 重さ80gのアルミ製の簡易寝袋
② アルミ製のレスキューシート
③ 簡易カッパにもなるポケッタブルパーカー
④ 貼るカイロ
⑤ 立体マスク
⑥ カロリーメイトなどのバランス栄養食
⑦ 一口羊羹
⑧ お茶などの未開封のペットボトル
⑨ LEDライト

 

《チョコレートが含まれていない理由》
チョコレートの場合は夏場のような気温が高い時は溶けてしまうため、季節関係なく準備しておく場合は不向きであると判断しました。その代わりに一口羊羹を含めました。

羊羹の場合はチョコレートには及ぼないもののチョコレートに匹敵するぐらいに高カロリーですから、疲れた時に食べると回復力が増します。

 

防寒用簡易寝袋やレスキューシートの携帯を

帰宅困難になった場合、とりあえず何処かで1泊 又は 徹夜しなければなりませんからとりえず仮眠だけでも出来るように簡易寝袋が有った方が良いのではないでしょうか?

もっとも仮眠しないのであれば、アルミのシートタイプのレスキューシートの方が良いかも知れません。そんなに重量もないですから、簡易寝袋タイプとシートタイプを通勤バッグに収納しておいた方が無難かも知れません。

 

防寒用簡易寝袋

アルミ製の防寒用簡易寝袋の重量が僅か80g程度ですから、この簡易寝袋をいつもの通勤バッグに収納しておくのが良いと思いました。

本当は登山やキャンプ等で利用するような寝袋が良いのですが、そのような寝袋は生地もしっかりしていて厚みもありますから、重量もあり、いくらポケッタブル仕様だったとしても通勤バッグに収納してしまうのは無理があります。

やっぱり携帯性は重要視しなければなりませんから、持ち運びにも適したコンパクトでかつ、軽量さも重要な要素になるでしょう。

 

レスキューシート

アルミ製のレスキューシートも持っていた方が良いかも知れません。特に夏を除いて春や秋・冬といったシーズンでは朝晩は寒いですから防寒対策も必要になります。

特に災害時に帰宅困難になってしまうと、避難できる建物内に入り切らないといった場合もあるか?と思います。

そのような場合は外で一夜を明かすことになりますから、アルミ製で軽くて軽量のレスキューシートや防寒用簡易寝袋などが有った方が安心です。

 

 

ポケッタブルパーカーの携帯を

ポケッタブル仕様のパーカーやウィンドブレーカー等のジャケットが有った方が良いと思います。これらのジャケットには撥水性がある場合がありますから簡易的なカッパの代わりになることが出来ます。

台風や大雨といった場合には不向きですが、小雨程度の雨であれば撥水性のあるジャケットでもカッパの代わりになりますから、持っていて損はないと思います。

 

ポケッタブルパーカーは便利

ポケッタブルパーカーの場合は、防風撥水に対応していることが多いですから、外に居る場合の簡易的な寒さ対策にも有効です。

ポケッタブル仕様でもコンパクト性に欠けるような物もありますから、自分の判断基準に照らし合わせて許容範囲ならば持ち歩く 又は 許容範囲とは言い難いといった場合は購入する等の対策も必要になると思います。

可能ならばアウターにもなるし中間着としても問題ないというような物が良いのでは?と考えます。やっぱり非常時は何が起こるか?分かりませんから、防寒兼小雨対策も行っておく必要があると思います。

登山やキャンプで使う寝袋は災害時の防災対策に必要!シュラフの準備
皆さん、こんにちは! もしもの災害時に必要な防災グッズって何だと思いますか? これは季節によっても違いがあると思います。夏の蒸し暑いシーズンであれば暖房が必要ありませんけど、冬の厳しい寒さの場合は暖房が必要になります。 ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。