自由に使えるお金を見直す生活で赤字を黒字化する家計のやりくりを

 

皆さん、こんにちは!

毎月の家計が赤字になってしまうといった家庭もあれば、黒字を維持することが出来る家庭もあると思います。どうしてこのような違いが発生してしまうのでしょうか?

収入金額の違いもあれば、収入が少なくても家計を黒字化することが出来る家庭もあります。

今回は、自由に使えるお金を見直して家計を正常化に戻したいという内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

自由に使えるお金の良し悪し

皆さんは自由に使えるお金をどのくらい用意していますか?どんな用途にも使うことが出来るお金。人によってはお小遣いと自由に使えるお金を分けている人も居るでしょう。このような便利なお金は聖域になりやすいですから、聖域は無くすようにした方が良いと思います。

 

お金を自由に使えるのはストレス対策になる

自由に使えるお金が多い場合、それこそ色々な用途に使うことが出来ますから色々な欲しい物の購入や美味しい食事に変わってしまうでしょう。

逆に自由に使えるお金が無いと、欲しい時に欲しい物が買えないということでストレスを感じてしまうことに繋がります。このストレスが最高点に達してしまうと、衝動買いに繋がってしまうことになります。

そのため、ストレス対策として自由に使えるお金は無くさないようにした方が良いと思います。

 

貯金できない落とし穴

お金を自由に使うことが出来れば、必然的に使い過ぎればお金が無くなってしまうことになります。貯金しても利息が微々たるものですから貯金するメリットを感じられないことが原因だと思います。

そのため、貯金しても利息があまり付かないから、貯金はいつでも出来るので、とりあえず欲しい物を先に購入しても問題ないという考えになってしまう場合があります。

この考え方は大きな間違いがあります。何故なら、欲しい物は次から次へと発生するので、1つ購入すれば1つ以上の欲しい物が新たに出現してしまうのです。

貯金はいつでも出来るから今は貯金しなくても問題ないという考えだと、いつになっても貯金は行えないということになります。このことに気が付かないと、貯金できない体質からの脱却は難しいです。

 

自由に使えるお金の見直しを

自由に使えるお金はどんな用途にも使える便利なお金になりますから、そのような便利なお金が多いと、生活が豊かになる反面、家計に影響を及ぼしてしまう場合があります。自由に使えるお金を有効に使うことも大切です。

 

自由に使えるお金が多いと無駄な出費に気が付かない

自由に使えるお金が多いと、アレコレ購入したりすることが出来ますから無駄な買い物にも繋がる可能性が高いです。自分では無駄な買い物をしていないと思っていても第三者から見れば、その買い物はどうなのかな?と思われることも有るでしょう。

特に洋服の場合、各シーズン毎に購入する機会が有りますから、毎年のように購入しているとクローゼットの中は2〜3年前に購入した洋服がそのまま残っているといった場合も多いのではないでしょうか?

このようにまだ着ることが出来るのに着る機会に恵まれていない洋服が有ると第三者から見ると無駄な買い物に見えてしまう場合があるのです。

 

自由に使えるお金を減らす取り組みを

無駄な出費を無くすには自由に使えるお金を減らすのが効果的な取り組みだと思います。全額が望ましいのですが、流石に全額だと自動販売機やコンビニでペットボトルの飲み物を購入することも出来ませんから、30%カットをして見るのが良いでしょう。

じゃあカットした30%のお金はどうするのか?というと、貯金してしまうのです。手元に自由に使えるお金を残しておくと、何かを購入したいという気持ちが強くなってしまいますから、自分で銀行に貯金するのが良いでしょう!

普通預金に入金するのではなくて、貯蓄預金や積立預金に充てる原資として入金しないと意味がないです。

 

 

赤字にならない家計のやりくりを

次から次へと欲しい物を購入するような生活の場合、独身一人暮らしの家計はいつも赤字になってしまいますから、赤字にならないで黒字化を維持した上で欲しい物を購入する生活が求められます。

そんなことが出来るのか?と思うかも知れませんが、欲しい物を全て買うという習慣を改めれば十分に実現可能なことだと思います。

特に欲しい物は大きく分けて2つに分けられます。一時的に欲しいだけなのか?しばらく経っても継続的に欲しい物なのか?

 

一時的に欲しい物は諦める

生活をしていれば色々な欲しい物が出現します。その色々有る欲しい物の中から1ヶ月経ってもずっと欲しい状態を維持することが出来る商品というのは少ないと思います。そのような本当に欲しい商品だけを購入する買い物を行うことで無駄な出費を抑えることに繋がります。

 

無駄な出費が減れば貯金も行える

一時的に欲しい物を諦めることで無駄な出費も抑制することが出来ますから、抑制できたお金を貯金に充てる原資にすることも可能になります。

今までは、色々な欲しい物を購入していた場合が多いと思います。お店で何かを購入しようとした時に迷ってしまったりした事は有りませんか?そのような場合は散々悩んで購入することも有るでしょう。そういった迷ってしまう商品も買わないようにすることで時間の節約にも繋がります。

節約した時間を家計に充てることも出来るようになりますから、一時的に欲しい物や迷ってしまう買い物は行わないようにするのが良いと思います。

家計の管理 家計は聖域にメスを入れて削れない支出の見直し改善を
皆さん、こんにちは! 家計の色々な費用の中で聖域になっている削れない費用又は、これだけは削りたくないという費用は有りますか? そういう削りたくない費用が1つでも有る場合は家計のやりくりが大変だったりする場合があります。 ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。