台湾旅行に持参した持ち物で使う機会に恵まれなかった旅行グッズ5選

 

皆さん、こんにちは!

楽しい台湾旅行に持って行ったは良いけど、あまり使わなかったといったグッズは有りますか?そのようなグッズは持って行って不用品ですから、次回また台湾に行く場合はリストラ候補になる可能性が高いと思います。

そのような持って行って使わないグッズは効率的にリストラして身軽な旅行を楽しみたいと考えたことはありませんか?

今回は、9月に旅行した時に持って行ったは良いけど使う機会に恵まれなかったグッズ5つを紹介したいと思います。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

9月の台湾旅行であまり使わなかったグッズ

9月後半に台湾を旅行したのですが、いつものように前回の旅行と同じ装備でグッズを持って行ったのですが、今回の旅行ではあまり使わなかったグッズが4つあります。

その持ち物は、折りたたみ傘、モバイルバッテリー、ポケトーク、半袖ポロシャツ、医薬品の5つです。

 

モバイルバッテリー

筆者のスマートフォンは購入してからまだ3年程度なので、そんなにバッテリーの消耗は激しくない感じであるため、モバイルバッテリーのお世話になることは1回も無かったのである。

モバイルバッテリーの使う機会に恵まれそうな空港のベンチで仮眠する場合でも羽田空港国際線ターミナルではベンチに充電できるUSB充電の挿し込み口が出来たお陰で今のところはモバイルバッテリーは不要な感じである。

でも、今後スマホのバッテリーが劣化してきたらモバイルバッテリーのお世話になる可能性も否定できません。とはいえ、スマートフォンを2〜3回充電できるような10000mAh以上のモバイルバッテリーを持って行く必要性は無くなった感じがします。

今後はスマートフォンを1回だけ充電できる容量のモバイルバッテリーでも良いのでは?と考えます。モバイルバッテリーの容量が少なくなれば軽量化も出来るので今後の課題になるでしょう!

 

折りたたみ傘

9月後半の台湾旅行では全く使わなかった折りたたみ傘。たぶんこれは主に台中に旅行していたからかも知れません。その他の地域に旅行していたら折りたたみ傘を使う機会に恵まれた可能性も否定できません。

そのため、基本的には使っても使わなくても折りたたみ傘は持って行った方が良いのか?それとも機内防寒を兼ねる撥水性のポケッタブルパーカーだけにするのか?大いに悩む選択になるのでは?と考えます。

今回持って行った折りたたみ傘は自動開閉タイプでしたので重量が278gありました。もし、次回も持って行くのであれば100g程度軽量化した折りたたみ傘を持って行きたいでしょう!

 

音声翻訳機のポケトーク

前回の台湾旅行では大変お世話になった音声翻訳機のポケトークですが、9月の台湾旅行では使う機会は恵まれたのですが翻訳の方がダメだった感じで役立たずの状態でした。

所詮は翻訳機ですから、ピッタリフィットで翻訳されるとは限らないといったところでしょうか?

音声翻訳機に頼らない方が賢明ということですね! そういう意味では大変良い勉強をさせてもらった感じです。

たぶん・・・台湾で使われている中国語には対応していない感じがするのは気のせいかな?って感じがします。ただ単に簡体字を繁体字にしているだけ?といった疑問が沸いて来るでしょう。

 

半袖ポロシャツ

今回は着替えとして半袖ポロシャツを持って行ったのですが、吸汗速乾タイプでは無かったため、いかにも汗でビショ濡れになっています!と分かる感じになってしまいました。
そういうこともあり、洗濯した後は一度も着なかったです。

誰かとレストランで食事をしない限り、基本的には吸汗速乾の半袖Tシャツで良いですから、夏場に旅行する時は着替えは全て吸汗速乾タイプにした方が賢明でしょう。

半袖ポロシャツは不要だったかな?って感じがします。ほとんど吸汗速乾タイプの半袖Tシャツを着て観光していたのである。

 

医薬品

虫刺されの薬を持って行ったのですが、一度も蚊に刺されなかったのである。こんなことはちょっと珍しいパターンで正直のところ自分自身が驚いています。

食べ過ぎ&下痢対策として胃腸薬や整腸剤、正露丸を持って行きましたけど、コチラも薬の世話になることも一度も無かったので運が良かった感があります。

今回は、たまたま運に恵まれていた感があるため、次回も医薬品は持って行くでしょう。

 

 

今後の課題

毎回、台湾旅行から帰って来たら荷物の整理をやっています。次回の台湾旅行では少しでも軽量化をするために荷物整理は必要でしょう!

旅行においては身軽が一番ですから、可能な限りコンパクトにまとめて小さくパッキングして身軽な旅行を楽しみたいものです。

 

雨具をどうするのか?

また来年も今回と同じ9月後半に旅行するのであれば雨具は大いに悩む持ち物になるでしょう! とはいえ、天候は予測するのが難しいですから、あと100gぐらい軽量化した折りたたみ傘を持って行くのが賢明かも知れません。

今回はたまたま天候に恵まれただけかも知れませんから、軽量化して様子をみるのが良いのでは?と考えます。

それとも機内防寒を兼ねる撥水性のポケッタブルパーカーに一本化するという方法も有るので、雨具は大いに悩む持ち物になるでしょう。

 

出発時の荷物は5Kg未満に抑えよう

いつもLCCのPeachを利用して台湾旅行に行っていますが全ての手荷物は機内に持ち込んでいるのである。Peachでは機内に持ち込める手荷物の合計重量が7.0Kg以内になるため、出発時の持ち物は5.0Kg未満に抑える必要があるでしょう!

どうして5.0Kg未満なのか?というと、2.0Kgは台湾で購入するお土産の分です。いつも2.0Kg以上は購入していませんが念の為に余裕を持たせておく必要が有るでしょう。

 

台湾旅行の必需品はSIMフリースマホ、ネット、悠遊カード(悠遊卡)
皆さん、こんにちは! 台湾旅行での必需品は何だと思いますか?人それぞれ個人差がありますから一概には何とも言えないと思います。自分が必ずこれがないとダメと思う物が必需品になりますから人それぞれ違いが有った方が面白いでしょう。 ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。