台湾旅行で台北の観光なら中正紀念堂から眺める景色も素晴らしい!

 

皆さん、こんにちは!

台湾旅行で台北を訪れる人は多いと思います。台北といえば何処に行きますか? 台北101や猫空ロープウェー、台北動物園、故宮博物院なども含めて魅力的な観光スポットが多くあります。

今回は台北駅からもMRTに乗って3分程度にある中正紀念堂についての紹介になります。台北に旅行したら1度は訪れる場所かも知れません。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

中正紀念堂も含めて建物群が素晴らしい

中正紀念堂というと、蒋介石のブロンズ像がある建物というイメージになってしまいますが、敷地内には國家音樂廰や國家戯劇院、正門や左右にある2つの門も含めて中正紀念公園もあります。

 

壮大な宮殿様式の建物

正門から入って左右両方に見える2つの大きな建物がありますが、左側が國家音樂廰、右側が國家戯劇院。どちらも同じ様式に見える壮大な建物です。まるで宮殿のような感じに見えます。

パッと見た感じでは両方とも同じ建物に見えてしまいます。そのくらい似ているので看板(名前)が違うだけなのかな?って感じで見分けが付かなかったです。

個人的には何処で見分けることが出来るのか?それとも全く同じなのか?といった部分が大いに気になるところです。

 

國家戯劇院

 

筆者が訪れた時間は何とまだ入館時間前でしたので入館することが出来なかったのが残念だったのである。でも、おみやげ屋さんは営業しておりましたので店内を見学させてもらいました。

 

中正紀念堂

 

正門から入って奥に見えるのが中正紀念堂になります。この建物も真っ白で壮大さが際立つのですが、これが間近に見るともっと非常に大きな建物感があります。

中は蒸し暑いのかな?と思いきやそんなに蒸し暑い感じがしなかったのが意外でした。空調が効いている感じだったのは気のせいでしょうか?

中には大きな蒋介石のブロンズ像があります。なかなかこのサイズのブロンズ像にはお目にかかることは無いのでスケールがあります。

 

中正紀念堂から眺める風景

中正紀念公園を全体的に一望することができる場所が中正紀念堂です。ここから眺めると正面にある正門や左右にある國家音樂廰、國家戯劇院を見渡すことが出来ます。

両サイドにある公園も見渡すことが出来ますからここから眺める風景は良いですね。あと、中正紀念堂の両サイドにある大孝門と大忠門は間近で見た方が良いと思います。よく見たいのであれば公園内を散歩するのは良いでしょう。

 

中正紀念堂から眺める景色

 

蒋介石のブロンズ像があるのは4階部分です。この4階部分から眺める景色が素晴らしいのです。左右両サイドに広がる中正紀念公園を一望することが出来ます。

近くを歩いていて観察すると綺麗な庭園だな〜といった感じなのですが、周囲を見渡す程度しかできません。

でも、中正紀念堂の4階部分から眺めると正門も含めて左右の大きな宮殿様式の國家音樂廰國家戯劇院も眺めることが出来るでしょう。左右にある大孝門と大忠門も眺めては如何でしょうか?

 

國家戯劇院から眺める風景

 

國家戯劇院から眺めると向かいにある國家音樂廰の建物がよく見えます。でもココからでは全体を見渡すことは出来ませんから、全体を見渡すのであれば中正紀念堂の方が良いです。

ここからでも中正紀念堂を見ることは出来ます。ここから眺める中正紀念堂よりも間近で見る中正紀念堂の方が素晴らしく見えるのが良いですね!

 

自由廣場と書いてある正門

 

敷地内から眺める正門も良いのですが、敷地外から眺める正門も良いでしょう。見る角度が違うだけで色々な景色になりますから、そのような景色を堪能するのも楽しいでしょう。

写真に収めるのであれば敷地外から中正紀念堂を撮るのが良いかも知れません。ちょうど真ん中に中正紀念堂が見えるように撮りたいでしょう!

 

 

一番気になるのは夜景

昼間の景色があるということは夜の景色もあるということです。昼間がこんなに素晴らしいのですから夜景も素晴らしいと思ってしまうのは気のせいでしょうか?

おそらくライトアップされていると思いますから、幻想的に見えるのかも知れませんね。楽しみでしょう。

今回は昼間に訪れたので夜景を見る機会に恵まれませんでしたから、次回、また訪問する場合は夜景を楽しみたいと思います。

 

敷地内の中正紀念公園

中正紀念堂がある敷地内は綺麗に区画整理されている感じで素晴らしいです。中正紀念公園も綺麗ですから中正紀念公園を散歩するのも楽しいでしょう。ウォーキングが趣味の方ならば公園内を散歩するのも楽しいと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。