海外旅行に持参するのど飴は医薬品のメディカルドロップやトローチを

 

皆さん、こんにちは!

海外旅行にのど飴を持って行くことはありませんか? え!? のど飴なんて持って行かないよ! という人の方が多いかも知れませんね。

そうは言っても必要な場面もあると思います。特に旅行中にのどに違和感を感じることもあると思います。

そんな時にのど飴があれば喉の違和感を解消とまではいきませんが軽減させることが出来るでしょう。

今回は、海外旅行に持って行くのど飴についての紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

海外旅行にはのど飴を持って行く?

旅行に持って行きたい飴玉といえば、のど飴ではなく、とっても美味しい飴玉だと思います。のど飴の場合、味がちょっとイマイチな感じですから旅行の楽しい気分には合わない感じです。でも、楽しい旅行中でも空気が乾燥する季節では必要になる場合もあるでしょう。

 

持って行く理由

楽しい海外旅行中でも喉の痛みによる体調不良も気温等によっては起こりうるため、1つずつ個包装でポケットにでも入れておけるのど飴は便利な食べ物でしょう。

また、観光や街歩きをしていると小腹も空いて来ますから、何か食べたいな〜と思った時に口の中に入れると、意外と30分程度は何とかなる感じになります。

流石に飴玉1個で1時間持たせるのは難しいですから、飴玉を舐めているうちにお店を見つける感じになるでしょう。

 

機内では

飛行機の機内ものど飴があると便利です。特に機内では湿度が低いですから空気も乾燥するでしょう。空気が乾燥すると喉の潤いも無くなりますから、飲み物も欲しくなります。

しかし、飲み物を飲めばトイレにも行きたくなりますから、場合によってはトイレに行きたいタイミングでトイレの前で並んでしまうといったことも有るのでは?と思います。

そのやめ、必要に応じて飲み物は必要になりますが、喉の潤いを持たせるという事に限定するならば、のど飴があれば良いのでは?と思います。

普通の飴玉でも良いですけど、普通の飴玉の場合、香料が強いですから隣席の人に匂いが流れてしまうでしょう。

 

風邪等の対策として

純粋に旅行中の風邪対策としてのど飴を持って行かれる人も居るのでは?と思います。市販の風邪薬も持参しているとは思いますが、それプラスのど飴といった場合もあるでしょう。

のど飴はのどの違和感を解消する手段になるというイメージがしますから、手軽にいつでも何処でも舐めることが出来るのど飴を持参したくなるものです。

 

海外旅行には医薬品のメディカルドロップやトローチを

のど飴って喉の痛みに効果があるとは限らないということを知っていましたか? え!? 効果ないの?と思う方の方が多いのではないでしょうか?

コンビニやスーパーマーケットで販売しているのど飴は食品ですから、喉の痛みに効果があるとは限らないのです。

 

のど飴は食品よりも医薬品

海外旅行にのど飴を持って行くなら、食品ではなく医薬品にした方が良いと思います。コンビニやスーパーマーケットで販売しているのど飴は医薬品ではありませんから、喉の症状に効果があるとは限りません。

でも、自分は効果を感じるけど・・・

という場合もありますけど、この場合はのど飴を舐めて喉がスッキリしたことによって多少は効果が有るのかも知れないけど、実際にはそのように感じているだけだと思います。

やっぱり、喉の痛みといった症状に効果のあるのど飴は医薬品のメディカルドロップやトローチになるでしょう。

 

メディカルドロップは海外旅行に携帯しやすい

コンビニやスーパーマーケットで販売しているのど飴の場合、1つ1つが大きな粒になっている場合が多いですから包装も大きくなりますが、医薬品のメディカルドロップやトローチはサイズも小さくコンパクトです。

その代わり、1つずつ個包装になっていない場合があります。この点がデメリットになりますが、軽量コンパクトなので十分に旅行のお供として持参するのも有りだと思います。

筆者の場合は、浅田飴のメディカルドロップ薬用を台湾旅行に持って行っています。旅行中にお世話になることは少ないのですが、大いに役立ったことが実際にありますので、使う?使わない?は別として、念の為に持って行くようにしています。

 

 

飴玉は旅行のお供に最適

メディカルドロップを喉の痛みや違和感等がないのに飛行機の機内等で舐めるというのは良くないです。喉の潤いを求めるのであれば飲み物やのど飴の方が適任だと思います。

 

メディカルドロップは医薬品

メディカルドロップは医薬品ですから、食品のように何回も食べて良いとは限りません。1日に服用できる回数も限られているため、ちょっとお腹が空いたから飴玉の代わりに舐めるといった用法には適しません。

もし、おやつ感覚で舐めることも有る場合は、普通に飴玉やのど飴も持って行くのが良いでしょう。

服用にあたっては箱の裏面にある説明文書をよく読んだ上で服用しましょう!

 

食品の飴玉は旅行のお供に最適

旅行では、夏の蒸し暑い季節は不向きですけれども飴玉も有った方が良いでしょう。飴玉はちょっとした小腹を満たすことが出来るおやつになりますし、1つずつが個包装ですから食べやすいでしょう。

旅行では、自分が必要と感じる物を持って行くのが良いと思います。

 

喉の痛みや咳の症状に効果があるのど飴は医薬品のドロップやトローチ
皆さん、こんにちは! 喉の痛みや腫れなどの症状や違和感を感じたことも有ると思います。そのような場合はどのような対策を行なっていますか? のど飴を舐めるという場合も多いのではないでしょうか? 今回は、同じようなのど飴でも医...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。