バッグパックで海外旅行なら便利な2wayウェストポーチの併用を

 

皆さん、こんにちは!

海外旅行にはどのようなサブバッグを利用しますか? 圧倒的にショルダーバッグやリュックが多いのではないでしょうか?

どちらも便利に利用できますから、先ず持って行って間違いないアイテムだと思います。でも、最近の旅行ではウェストポーチを使っている人を見かける機会が減ってしまったのも事実です。

今回は、バッグパックで海外旅行に行く場合のウェストポーチ活用についての紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

バッグパック(リュック)で海外旅行

バッグパッカーでもない限り海外旅行でバッグパックをメインバッグにした旅行をしないと思います。そのくらいスーツケースで海外旅行される人の方が圧倒的に多いでしょう。

海外旅行ではサブバッグも必要になる場合が多いですから、サブバッグ選びも意外と重要だと思います。

 

サブバッグは何が良い?

海外旅行でのサブバッグと言えば、ショルダーバッグとリュックが利便性が高いと思います。

ショルダーバッグは斜め掛けすることが出来ますから比較的に安全ですし、小物を取り出し易いですから便利です。特に食べ歩き等ではリュックよりもショルダーバッグの方が便利だと思います。

それに引き換えリュックの場合は、荷物を背中に背負いますから両手が空いて動きやすいです。観光等の街歩きに利用したいでしょう。

 

旅行のサブバッグならショルダーバッグが便利

なんだかんだ言ってもショルダーバッグは便利だと思います。空港に限らず交通機関に乗る場合や食べ歩きといった場面では、そのまま座ったり移動することが出来ます。リュックの場合だと、どうしてもリュックを降ろしたり、前に抱えたり持ち手で持ったりする手間が発生するでしょう。

 

海外旅行でウェストポーチの必要性

山登りで便利なウェストポーチを海外旅行で使っている人はどのくらい居るのでしょうか?と感じてしまうぐらい見掛けない感じがするででしょう。

ショルダーバッグの方が利便性が高いですから海外旅行では不向きなのかも知れません。

 

ウェストポーチは危ない

ウェストポーチの場合、腰掛け・お腹掛け・斜め掛けという3通りの利用方法があるから非常に便利なのですが、バックルが付いているため、この部分が狙われやすいというデメリットが有るのも事実です。

ショルダーバッグのように斜め掛けしていれば大丈夫かも知れませんけど、海外では国内事情なんて関係ありませんから、国や地域によってはウェストポーチが不向きな場合もあるでしょう。

また、ウェストポーチは貴重品がいかにも入っているとアピールしている感じになりますのでバックルを外されても盗られないような対策も必要になるのではないでしょうか?

 

ウェストポーチは便利

リュック(バッグパック)との併用においてはウェストポーチがあると非常に便利だと思います。何しろ、リュックを降ろさないでスマートフォンやデジカメといったガジェットは勿論のこと、お金などの貴重品も取り出すことが出来るため、利便性を考えればショルダーバッグに匹敵するぐらい便利なアイテムだと考えます。

さらにはショルダーバッグのように利用することも出来る2wayウェストポーチもありますから、そのようなタイプであれば旅行のお供に持って行きたくなってしまうでしょう。

 

 

バッグパックとの併用を

ウェストポーチ単独で利用する場合だとバックルが狙われやすいという特性もあるため、実際の海外旅行では難しい感じがありますが、単独で使わないで併用で使えば便利に利用できるのではないでしょうか?

 

どのように併用するのか?

通常タイプのウェストポーチの場合はウェストベルトを収納することが出来ませんが、ショルダーベルトを取付することで2way又は3wayで利用できるウェストポーチの場合はウェストベルトを収納できるポケットが有る場合があります。

このようなベルト収納ポケットがあるタイプの場合であれば、バッグパックのウェストベルトを通すことで、ウェストポーチをチェストバッグのように利用することも可能になるでしょう。

ちょうどお腹の位置にポーチが有りますから、スマートフォン等の小物を取り出すのも容易に出来ますし、常にポーチが前に有りますから安全性も高くなると思います。

だからと言って過信するのは良くありませんから、日帰り旅行等で十分に利便性を確かめてから海外旅行で使うのが良いと思います。

 

チェストバッグとして

リュックのショルダーに取付することが出来るポーチも販売されていますけど、必ずしも便利に利用できるポジションで使えるとは限らないと思います。

特にポーチが肩に近いと取り出しする時に首が疲れてしまったりといった感じになってしまうため、利便性が悪くなってしまうでしょう。そういう部分も考慮すると、リュック取付ポーチよりもチェストバッグの方が利便性が高い感じになります。

でも、チェストバッグにもなるウェストポーチってあるの?って感じになるでしょう。探せば有るとは思いますが、必ずしも自分の希望通りのサイズや容量とは限らないと思います。

そうなって来ると自分で改良するしかありません。幸いにもネット通販にはリュックのチェストベルトベルトループ等が販売されていますから、それを利用して2wayウェストポーチをチェストバッグのように活用することも可能になります。

 

《実際にやって見た》
筆者は実際にやってみたのですが、自宅では良かったのですが実際に使って見ると、利便性が悪かったです。特に絶妙なポジションにポーチが来ないため、荷物が多い又は重量がある場合は難しいと感じました。

チェストベルトとベルトループの長さが丁度良い物があれば十分にいけると思うのですが、こればっかりはどうしようもないため、なかなか難しい感じです。因みにボディバッグになるような斜め掛けスタイルで挑戦してみました。

 

バッグインバッグとして

筆者は以前、ショルダーバッグの中にウェストポーチを収納してバッグインバッグとして利用していた時期があります。メインポケット内に気の利いたファスナーポケットが無かったため、ファスナーポケット代わりに使っていました。

でも、重量が500g近くなりますから、3回ぐらいでこの組み合わせはやめました。バッグインバッグとして利用するのであれば軽量な物が良いと思います。

現在はポケッタブル・ボディバッグ8Lをサブバッグにしています。

 

旅行の持ち物 旅行のサブバッグはポケッタブル・ボディバッグ8L
皆さん、こんにちは! 飛行機を利用した旅行ではどのようなサブバッグを使っていますか? 特に空港や機内、街歩き等ではサブバッグが必要になる場合が有ると思います。 今回は、筆者が旅行で使っているポケッタブル・ボディバッグにつ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。