Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

株式投資をやりたい!でも欲しい&買いたい銘柄はない!焦る必要なし

 

皆さん、こんにちは!

株式投資をやりたいと思ったことは有りますか? もう既にやっているよ!という人も居ると思います。そのような場合の方はどのような目的で株式投資をしているのでしょうか?

純粋に大きく増やすという場合もあれば、預貯金代わりに株式の配当金を受け取るのが目的という場合もあるでしょう。

今回は、特に欲しい銘柄や買いたい銘柄がない場合はどうする?という内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

株式投資をやりたいと思ったら

一度ぐらい、自分も株を購入してみたいと思うことも有るのでは?と思います。株式投資はお金を大きく増やすことも出来ますし、配当金や株主優待を受け取ることも出来ますから魅力的に感じることも多いでしょう。

 

証券口座は持っているのか?

株式投資をやってみたい!と思っても肝心要の証券口座がないと株を購入することが出来ませんから、もし、証券口座を持っていない場合は口座開設を行いましょう!

とはいえ、証券会社も色々ありますから、オススメの証券会社を教えて欲しい!とか言われますけど、株式投資をずっと行うのであれば長い付き合いになりますから、人のオススメではなく、自分で十分に検討して証券会社を選択するのが良いと思います。

○○さんはA証券が良いと絶賛していたので証券口座を開設したけど、そんなに良いのかな?ってなる場合もあります。

参考にする程度ならば問題ないですが、人のオススメというのは、必ずしも自分にとって最適な選択とは限らないということです。

 

証券口座は有るけど買いたい銘柄が分からない

証券口座は持っているけど、株には手を出していないという場合も有るでしょう。主に投資信託で証券会社を利用しているパターン。もしくは、証券会社に口座は作ったけれども何もやっていないといったパターン。

このような場合であれば、既に口座は有りますから、直ぐにでも行動に出ることは可能になりますけど、実はそんなに甘い物ではありません。買ってみたい銘柄というのが既にあれば良いのですが、どの銘柄を購入すれば良いのか?分からないといった場合もあると思います。

このような場合に、よくやってしまうのが、ちょうど株価が下落しているから株を買うなら今がチャンス!と焦ってしまう場合があります。

焦ってしまうと心に余裕がありませんから、あまり深く考えないで銘柄を決めてしまう感じになりやすいです。やっぱり、心に余裕も必要だと思います。

 

購入しようとしている株式の研究も必要

株価が下落している今がチャンスといった感じで購入するのもどうかな?と考えます。確かに買い時ではありますけど、どうして下落しているのか?という事も重要でしょう。

他の銘柄はそんなに下落していないのに購入しようと考えている銘柄が大きく値下がりしている場合も有ると思います。そういう意味では個別銘柄の研究も必要になると思います。

 

先ずはじっくりと研究を

株を買う前に行って欲しいのは銘柄の研究です。どの銘柄でも良いから、とりあえず株を購入したいというのであれば銘柄研究をしなくても問題ありませんが、この場合だと株で儲けるというのは難しい感じになってしまうでしょう。

これから購入しようとしている企業の株式は将来性や業績、どんな会社なのか?も含めて知っておく必要があります。

株式投資は企業の株式を購入して企業を応援するという側面も併せ持っていますから、少なくとも購入しようとしている銘柄のことを勉強してから買うのが良いでしょう。

特に業績によっては株価も大きく影響を受ける場合がありますから、場合によっては株価が乱高下することもあるでしょう。株価が上がる分には良いですけど、下がってしまうと価値も下がりますから一喜一憂も増えてしまうのではないでしょうか?

 

売買タイミングは重要

株で稼ぎたいと考えている場合は売買タイミングも重要になってきます。理想は株価が安い時に買って株価が高い時に売却したいでしょう。

でも、なかなか、このような理想的なパターンで連戦連勝ということにはならないのが株式投資でもあります。これはその時の世界情勢や経済状況、為替、企業の業績等も大きく関係して来ますから最高のタイミングで売却したいものです。

このタイミングは経験によるものと、その時の運にも左右されるのでは?と考えます。とはいえ、株価は常に変動していますからどのタイミングが良いのか?は悩みのタネになるのでは?と思います。

自分がここぞ!のタイミングで売買するのが一番踏ん切りが良い感じですけど、これがそうとも言えず、売買して失敗したな〜ということも多いでしょう。

 

 

無理に株を買う必要はない

購入したい銘柄はないけど、株価が安いから今のうちに購入しておきたいという場合もあると思います。このような場合に限って、株価が安いという何とも悩ましい出来事が発生するのも株式投資です。

 

買いたい銘柄がない場合

純粋に買いたい銘柄が無い場合は無理に購入する必要はないと思います。たいていの場合、何か買ってしまった後で、銘柄研究している時にこの銘柄が欲しい!といった感じになりやすいです。

そのため、株価が安い時だからと言って、欲しい銘柄が無い場合に無理に株式を購入する必要はありません。

投資資金は有限ですから、効率的に運用できるように調整することも必要になります。何でも購入すれば良いということでもありませんから、買いたい銘柄がない場合は待つということも重要になるでしょう。

 

高くて手が出せない場合

欲しいと思った銘柄が高くて手が出せないといった場合もあるでしょう。このような場合は無理してでも購入というのはしない方が得策でしょう。

株価が高い銘柄は、今、買わなくても購入できるだけの資金を確保してから購入で良いと思います。どちらにしてもお金が無いと株式を購入することが出来ないのですから、無理にお金を工面してでも購入という暴挙はやめましょう!

 

株式投資をやりたい!でも証券会社で口座開設が必要!オススメは?
皆さん、こんにちは! 株式投資をやっていない人は株をやってみたい!と思ったこともあると思います。でも、株式投資の場合は預貯金と違って常に元本割れのリスクが発生しますから、元本割れになるのは嫌だな〜と感じるでしょう。 そこ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。