クイックポケットMはベルトポーチに最適な3wayショルダーバッグ

 

皆さん、こんにちは!

普段からリュックを利用している人にとってはリュックのショルダーにスマートフォンが収納することが出来れば良いのにな〜と思っている方も多いのではないでしょうか?

リュックにスマートフォンが対応することが出来れば利便性もググーンと上昇しますから便利だと思います。

そこで今回は、リュックのショルダーにも装着可能なショルダーポーチを紹介したいと思います。紹介するのはグレゴリーのクイックポケットMになります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

クイックポケットMとは

グレゴリーの3wayな使い方が出来るショルダーポーチのクイックポケットMはリュックにも装着可能な仕様になっているのが特徴になります。但し、全てのリュックに対応しているという訳ではないので、購入する際はよく確認の上、購入するようにしましょう。

 

3wayポーチ

ショルダーポーチ、ベルトポーチ、リュック取付ポーチの3通りの使い方が出来る小物収納に適した小さめのポーチである。

小さめとはいえ、スマートフォンが収納できる程度のサイズという訳ではなく、デジカメやミニタオルといった物も収納できるサイズ感があります。

 

 

《サイズ&重量》
サイズ : 190mm ×145mm × 55mm
容量  : 2L
重量  : 155g
付属品 : ショルダーベルト

 

《ファスナーポケット》
フロント : 120mm × 120mm のポケット
メイン  : メインポケット内には仕切りはない

※ フロント側にあるポケットは取り出しのことを考慮すると、120mm × 120mm サイズの物が丁度良いでしょう。高さが160mmあるスマートフォンも収納することは出来ますが、非常に取り出すのが面倒になります。

 

《その他装備》
ベルトループ : 2種類

※ ベルトループにカラビナを付ければ 、リュックのショルダーにも装着することも出来ますが、必ずしも全てのリュックに最適とは限りません。リュックのカラビナループのポジション次第になるでしょう。

 

使用感

グレゴリーリュックのスケッチ25のショルダーに装着してみましたが、カラビナループの位置が肩に非常に近いこともあり、装着すると首が疲れてしまいます。そのため、リュックのショルダーに装着するのは不向きだと感じました。

また、カラビナの代わりにベルトループやチェストベルト等を取付して試してみましたが、ベストポジションにはならなかったです。

 

ショルダーポーチとして使う

付属のショルダーベルトを装着することでクイックポケットMをショルダーポーチとして使うことも出来ます。必要に応じて使い方を変更できるのは便利でしょう。

 

ショルダーベルトを装着

付属品のショルダーベルトを装着すればショルダーポーチのように使うことが出来ます。ちょっとしたお出かけ時には丁度良いスタイルだと思います。

底マチも55mmあるため、厚みのある物も収納できますから、スマートフォンに限らず、ミニタオルやデジカメ、財布といった貴重品も収納することが可能です。

但し、ショルダーベルトの幅は25mmと狭いため、あまり荷物を収納すると肩への食い込みがキツくなると思います。

上着を着る季節に使うのであれば特に問題ありませんが、薄着になる夏場の場合は、重たいと肩に食い込んでしまいますから、アレコレ入れるのは不向きでしょう。

 

仕切りポケットがない

ショルダーポーチとして使う場合、内部に仕切りポケットがないため、どうなんだろう?って感じです。

スマートフォンはフロントポケットに入りませんから、どうしてもメインポケットに入れるしかありません。ちょっと中途半端な感じです。

追加のファスナーポケットって感じのバッグだと思います。

 

ベルトポーチが最適

このクイックポケットMはどんな使い方が一番最適なんだろう?を考えた場合、ベルトポーチとして使うのが最適なのではないかな?と考えます。

 

どうしてベルトポーチ?

追加のファスナーポケットという感じのバッグなので、リュックに装着するよりもズボンでベルトと一体化させた方が小物の取り出しもスムーズだと思います。特にベルト幅は38mmまで対応できますから、十分に利用可能でしょう。

決め手は、ベルト幅ではなく、小物を取り出すポジションは何処が一番最適なのか?を考えた場合、リュックのショルダーに装着よりもベルトに装着した方が取り出しがし易かったという結果になりました。

ポジション的には首が疲れないというのも良いでしょう。目で確認しなくても取り出しが行える位置というのが最大の決め手になりました。

 

旅行ではリュックに装着が良いのでは?

リュックのショルダーに付いているカラビナループの位置によっても違うと思います。ベストポジションにカラビナループが有る場合であればリュック装着が望ましい選択だと考えますが、必ずしもそのようになりませんから、その場合はベルトポーチが良いのでは?

また、ショルダーポーチにもなりますから、必要に応じてベルトポーチとショルダーポーチを変更することが出来るのも良いでしょう。

 

リュック取付ポーチはスマホや小物が収納できて便利とは限らない!
皆さん、こんにちは! 日常生活において、色々なポーチやバッグを利用しているでしょう。通勤・通学・旅行においてはリュック(バッグパック)を使う機会もあると思います。 リュックはそのまま使っていますか?それともカラビナ等でポ...
リュックで旅行の場合、スマホや貴重品はどこに収納して持ち歩く?
皆さん、こんにちは! リュックで日帰りや宿泊、海外旅行に行く場合にスマートフォンは何処に収納して出かけますか? 秋冬シーズンであればジャケットを着ている場合が多いですから、取り出しやすいポケットに収納しておけば良いですけど、蒸...
通勤や旅行に最適なリュックはグレゴリーのスケッチ25!レビュー
皆さん、こんにちは! グレゴリーのスケッチ25は自転車通勤に最適なリュックです。この自転車通勤用のリュックを購入したのでレビューしたいと思います。 但し、筆者の場合は電車通勤であるのと、通勤だけでなく普段でのお出かけや旅...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。