冬の2月に台湾に旅行なら防寒や風邪の対策必須!暖かい服装で旅を

 

皆さん、こんにちは!

台湾旅行に行く場合はどのシーズンに訪れていますか?美味しいグルメを堪能する旅であれば夏場に旅行される方も多いのでは?と思います。

夏場は紫外線も強く蒸し暑いから夏場を避けて秋冬シーズンに旅行される方や計画している人も居ると思います。

そこで今回は冬に台湾旅行する場合の防寒対策についての紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

台湾旅行のベストシーズンは?

日本のお隣の台湾への旅行にはいつ頃が良いと思いますか?南国のイメージがある台湾なので冬の方が良さそうに感じてしまうことも有るのでは?

 

台湾旅行にはいつ行く?

台湾旅行なら夏場が良さそうな感じがしますけど、夏場は紫外線も強く、台風シーズンでもありますから可能ならば避けるのが良いと思います。

でも、夏に台湾旅行すると、美味しい台湾のフルーツを満喫することも出来ますし、着替えも軽量で済みますから夏場に台湾旅行するのは大変魅力的でしょう。持って行く着替えが少ないので旅行の荷物を少なくすることが出来るのは助かると思います。

芒果雪花冰(マンゴーかき氷)は冬のシーズンに食べることは出来ない場合の方が多いですから、マンゴーかき氷を楽しみにしている場合は夏の旅行がベストシーズンになります。

 

ベストシーズンは?

夏に台湾旅行する人も多いですけど、夏は台風シーズンですから帰りの飛行機が台風の影響で欠航になる可能性もありますからベストシーズンではありません。

台湾に旅行したは良いけど、帰国便が欠航になってしまった!といった場合は少なくとも振替便に搭乗するまでの期間は台湾で過ごすことになりますから余計に出費となってしまうでしょう。

両替したお金を使い果たしてしまった場合は困ってしまいますから、台風が少ない時期に台湾を旅行するのが賢明の選択だと思います。

そうなって来ると、台風が少ない10月後半〜11月頃が良いのでは?と考えます。

 

冬はダメなのか?

冬に台湾旅行も問題ありませんけど、1つだけ注意事項があります。台湾の冬は寒くて1日の気温の温度差が激しいですから身体への負担が大きくなります。免疫力を十分に回復させてから旅行に行くことをオススメ致します。

 

冬の2月に台湾を旅行する場合

台湾は沖縄よりも南にありますから冬でも暖かいのでは?というイメージが有ると思います。実際は、沖縄よりも南に位置していますけど寒いです。

台湾の冬は寒い?

昼間の気温は暖かいのですが朝晩の気温は低いです。これだけならば日本の秋のような感じなので大丈夫なのですが、それよりも厄介なのが温度差です。

朝・昼・夕方・夜の気温の変化が激しいため、身体への負担がとても大きくなるでしょう。昼間は半袖でも良い感じだけど、夕方になるとバッチリ着ていないと寒く感じるといった感じで温度差が激しいです。

もし、ストレス等が溜まっている時に台湾旅行したら、ストレスによる免疫力が低下していることもあり、風邪を引いてしまうかも知れません。

特に寒い2月に台湾を旅行する場合は、しっかりとした防寒と風邪への対策が必須となるでしょう。

 

乗り物も寒い

台湾の交通機関である路線バスは冬でも冷房がガンガンに効いています。バスの中にあまり人が乗っていない場合は寒くてブルブルしてしまうでしょう。

ダウンジャケットなどの防寒着を着ていたとしても、強めの冷房が効いていますから、寒く感じます。冷房の寒さには十分に気をつけて楽しい旅行を楽しみましょう。

 

 

冬の2月に台湾旅行する場合の防寒着と着替え

台湾といっても北部の台北や新北と南部の高雄では基本的に気温も異なりますから、同じ防寒着でも変わって来ると思います。同じ台湾でも南北では気温も違います。

 

冬でも暖房がない

基本的に台湾には暖房がありませんから、寒かったら何か着るといった感じに追加していくことになります。ホテルの部屋に入ったら冷房が効いていますから涼しく感じるのでは?

とはいえ、台湾に住んでいるのであれば、それでも良いですけど、旅行者はそのような芸当は出来ませんから、暖房がなくても大丈夫なくらいにしっかりと寒さ対策が必要になります。

冬に台湾旅行する場合は防寒着が必須になるでしょう!

 

着替えはどうする?

冬でも昼間の数時間は暖かいですから日本のように一日中ずっと寒いということではありません。温度差が激しいため、臨機応変に着替えることが出来る服装が望ましいです。

朝寒いから、がさばる防寒コートを着て出かけると、昼間は暖かいですから防寒コートが邪魔になる場合もあります。だからと言って着ないと寒くて風邪を引いてしまいますから悩ましい限りです。

冬にヒートテックの下着を着ているのであれば、ヒートテックの下着を持って行った方が良いと思います。暖房のない世界を満喫してみるのも良いかも知れません。

そういうことも考えると、10月後半〜11月頃のシーズンが丁度良い感じです。

 

《筆者の場合》
冬に台湾旅行する場合の防寒着は裏地がフリースのパーカーとウルトラライトダウンです。因みに両方ともユニクロ製です。

それでも寒い場合はポケッタブルジャケットのライトシェルパーカを重ね着しています。

下着はヒートテックの半袖シャツと長袖シャツを持って行っています。

 

台湾旅行 冬の台湾は寒く温度差も大きい。旅行中の風邪や防寒対策を
皆さん、こんにちは! 台湾を旅行する場合は夏だけでなく冬も十分に有ると思います。 冬の台湾は日本と同じぐらい寒いですから風邪にも寒さにも注意が必要になるでしょう。 今回は、冬の台湾旅行での寒さや風邪への対策について...
旅行の持ち物 機内防寒はカッパも兼ねる撥水性のライトシェルパーカ
皆さん、こんにちは! 飛行機を利用する場合、夏場での冷房が効いていて寒いことが有ると思います。 JALやANAといったフルサービスキャリアの場合は毛布を借りることが出来ますが、LCCの場合は毛布はオプションになってしまい...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。