老後の年金暮らしで家計破綻を防ぐ対策は生活費節約とグッズ活用で

 

皆さん、こんにちは!

老後の生活を行なっている人もいれば、老後なんてまだずっと先という人も居るでしょう。でも、老後は誰しも必ずやって来ることですから、老後の生活についての知識や勉強も必要になると思います。

今回は、年金暮らしで家計が破綻にならないような対策(習慣)も必要という内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

老後の年金暮らしへの対策

老後生活では色々な事情で家計が破綻してしまう場合があります。このような場合、公的年金だけで生活しなければならなくなりますから、可能な限り老後になってから破産しないように今から対策が求められます。

 

老後の何を対策するのか?

対策が必要なのは老後の家計が破綻しないようにするのはどうしたら良いのか?という点です。これはハッキリ言って難しいの一言に尽きます。

何故なら、若い世代や働いている人達にとってはまだ先のことだからです。10年後はどうなっているのか?も分からないですから、なかなか難しいでしょう。

それでも何もしないよりか何か対策を施しておかないと現実的に困る場合もありますから保険の意味合いで老後生活の資金を貯めておくといった事も必要になると思います。

 

老後破綻は現実的な問題

老後破綻なんて自分は有り得ない!と考えている人も居ると思います。そのように考えている場合は考えを改める必要があるでしょう。

普通に生活していれば先ず家計が破綻するというのは無いのでは?と考えがちになってしまいますが、現代社会においては色々な要素が複雑に絡み合って家計が破綻してしまう家庭もあります。

 

よくクレジットカードを利用する場合

クレジットカードやリボ払いをよく利用している場合は注意は必要になるでしょう。クレジットカードは一時的に借金して買物を行うため、買物した月は銀行口座からお金が支払われませんからまだ使えると錯覚してしまう恐れがあります。

若い内は頭の回転が早いですから、これでも大丈夫ですけど、お年寄りになるとそうもいきません。頭の回転にも衰えが出て来ますから老後になった場合の対策が必要になるでしょう。

 

家計(生活費)の節約

一般家庭ではそれなりに生活費の節約を行なっていると思います。ありとあらゆる費用を節約する生活は行なっていない場合の方が多いのでは? このような生活を行なってしまうと無理も発生しますから逆にストレスが発生してしまう場合もあります。

また、節約に向いている人も居れば、大変申し訳ないけれども節約に向いていない人も居ますから、節約に関しては向き不向きも影響があると思います。とはいえ、たとえ節約に不向きな人の場合であっても出来る事から節約する意識を身につけるのも大切なことです。

節約は目標が達成できたら終わりという物でもないですから、普段から節約する習慣を身に付けることも必要になるでしょう。いきなり明日から節約するぞ!と宣言してもなかなか出来ないのが節約です。

 

生活費の範囲は広い

生活費を節約するといっても範囲は広いでしょう。何処から何処までを生活費に含めるのか?というのも大きな問題になります。

純粋に食費や水道光熱費だけなのか?もっと範囲を広げるのか?というのを始めに決める必要があるでしょう。特に病気になった場合の医療費や薬代とかはどうするのか?というのも考える必要があります。

一人暮らしであれば、1ヶ月に使うお金を丸ごとでも良いかも知れませんが、家族がいる場合はそうもいきませんから、各家庭で生活費は何処から何処までなのか?しっかりと線引きしないといけません。

 

普段から節約する習慣

老後の生活費を考える上で重要なのは、毎日の生活において、節約できる習慣になっているのか?というのも大きなポイントになるでしょう。

時と場合によっては生活を切り詰めたりする場合も有りますから、そのような場合にでも対処できる節約体質になっていないと簡単には出来ません。節約体質になるには、普段から老後まで継続して節約する習慣が望ましいです。

全ての費用で節約というのは疲れてしまいますから、長期に渡って継続できる費用で節約を実行するのが良いでしょう。

 

普段から節約するなら何が良いのか?

老後の生活まで継続できる費用をなると、固定費の見直しになるのでは?と考えます。固定費は毎月必ず支払う費用になりますから、このような費用はなるべく少なくしたいものです。

特に電気・ガスといった費用は季節によっても大きく変動しますから普段から節約意識を持った生活が望ましいです。だからと言って夏の暑い季節にエアコンを使わないというのはダメです。これでは熱中症のリスクが高まりますから健康にもよくありません。

エアコンを利用した環境でも少しでも節約できるように努力することも必要になるでしょう。

 

 

欲しい物は買わないで活用する習慣

有ると便利なグッズというのはとても魅力的に見えますから、つい買いたくなってしまいます。このようなグッズは意外と今ある物を活用して対応できる場合もあります。普段から物を活用して対応できるようにしておくことも老後の生活では必要になるでしょう。

 

何か欲しい時

生活していれば必ずと言って良いほど何か欲しい物が発生するでしょう。これは仕方のないことですが、それでも我慢するということも必要になります。

何か欲しいな!買いたいな!と思った時は、もしかすると一時的な欲求かも知れません。1週間経過しても継続的に欲しい商品がある場合は本当に欲しい物だと思います。

それに対して、1週間経過したら、別にまだ買わなくても良いかな?とかトーンダウンしている商品ならば買わなくても問題ない商品になります。

何か買いたいと思っても直ぐには買わないで、とりあえず1週間待ってからどうするのか?考える習慣を身に付けるのが賢明だと思います。

 

物を活用して対処する習慣

これがあると便利になるから購入するといった場合も有るでしょう。このような場合は直ぐには買わないで今ある物を活用して対応できるか?頑張ってみることをオススメ致します。

今ある物の中にはちょっとの工夫で十分に対応できる物が有るかも知れません。何でも必要にだから買うという習慣になってしまうと、別に買わなくても問題なかったといった余計な買物まで行なってしまう可能性があります。

余計な買物はお金の無駄遣いになりますから、今のうちから余計な買物をしない習慣にしておくのが良いです。

 

老後の生活費 年金暮らしではお金の掛からない生活を心がけよう!
皆さん、こんにちは! 老後の年金暮らしでは何かとお金が掛かると思います。その中でも医療費や介護費用は大きな負担となるでしょう。その他にも生活費や光熱費も含めて色々と出費があります。 今回は、なるべくお金の掛からない生活を...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。