LCCの機内での暇つぶしは旅のガイドブック片手に隣席の人と会話を

 

皆さん、こんにちは!

LCCを利用した旅行では退屈な空の旅をどのように過ごしていますか? 本来ならば快適な空の旅にしないといけないのですが、残念ながらLCCで快適にするのは難しい感じです。

今回は、LCCの機内での暇つぶしと隣人と会話して過ごす方法の二本立てとなります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

LCCの機内は暇である

LCCの機内での過ごし方はそんなに多くはないと思います。何せ、暇つぶしできる物は何もありませんから、自分で暇つぶしグッズや快眠グッズを持ち込むか?といった方法に頼るしかないでしょう。

 

快眠できない

たとえ快眠グッズを機内に持ち込んだとしても窮屈な座席スペースも相まって快眠とまではいかないのでは?と考えます。

それに機内で快眠するには少なくとも4つの快眠グッズ(ネックピロー、アイマスク、シートクッション、耳栓)が無いと難しいのでは?と思います。

耳栓?と思う人も居るかと思いますけど、機内ではイビキをかいて寝ている人も居ますから意外と気になるものです。少しでも快適に寝たいと考えているならば耳栓は持参した方が良いでしょう。

 

暇つぶしといっても難しい

文庫本やガイドブックを読むのも良いですけど、機内の照明は読書に適さない明るさの場合が多いですから機内で読書=目を悪くしてしまう可能性があると思います。スマホでオフラインゲームをする場合も同様でしょう。

イヤホンを機内に持ち込んで音楽が良さそうなイメージがしますが、ところがどっこいイヤホンもどうかな?って考えます。機内は静まり返っている場合が多いですから音量には注意が必要になります。

なかなか意外と難しい感じです。そうなって来ると快眠できなくても寝て過ごすのが一番最適な予感がします。

 

機内での暇つぶし対策

LCCの機内には暇つぶしできるエンタメも無いですから基本的には機内で過ごす事に関しては自分で工夫するか?用意することになります。

 

機内に持ち込んでいる物で対応

機内に持ち込むグッズには色々な物が有ると思います。旅行の荷物を全て機内に持ち込んでいる人も居れば、大きな荷物は航空会社に預けて身の回り品だけを機内に持ち込むといった感じ。

全ての荷物を機内に持ち込んでいる場合であれば機内快適グッズを持ち込んでいる場合もあるでしょう。このような場合では特に何も考える必要はありませんが、機内を快適に過ごすことが出来るグッズを用意していない場合はどのように過ごせば良いのでしょうか?

1時間程度であれば快適グッズが無くても何とかなりますけど、3時間以上となると何か有った方が良いと思います。何もしないで、ボケーっとして3時間過ごすことも出来ますが、この場合は相当なストレスイライラが発生するのでは?と思います。

 

身の回り品は何を用意する?

身の回り品を入れるバッグは前席の下に収納できるバッグが多いと思います。ココに収納できるバッグはあまり大きなサイズは収納できませんから、小さめの薄マチのリュック又はショルダーバッグ等になるのではないでしょうか?

小さめのバッグに収納できる物といえば、そんなに多くはないですから、貴重品やスマートフォン+何か?になるでしょう。人によってはガイドブックだったり、タブレット端末だったり、色々な組み合わせが出来ると思います。

 

機内快適グッズが無い場合

機内快適グッズを持ち込むと荷物になりますから、あえて持って来ないという場合もあるでしょう。このような場合は手持ちの持ち物で対応する又は寝るといったパターンが多いと思います。

快適グッズは無くても最低でも2時間ぐらい暇つぶしできる物があれば退屈な空の旅を軽減することが出来るでしょう。あくまでも軽減するというレベルになってしまいますが、何も無いよりマシです。

実際にはそんな都合の良いグッズはスマートフォンぐらいしか見当たらないのが現実です。このような場合では座っているだけで苦痛を感じますから隣の席の人と会話するのも1つの方法だと思います。

 

 

会話のキッカケなら旅行のガイドブックを

機内に暇つぶしできるグッズを持ち込んでいない場合の機内での過ごし方は、たいていの場合、寝るか?音楽を聴く?オフラインゲームの3択になってしまいますが、実はもっと良い方法があるのをご存知でしょうか?

 

隣の人と会話を

隣人と会話して退屈な空の旅を充実した有意義な空の旅にすることが出来ます。そうは言っても話すキッカケがないとなかなか難しいものです。

隣人が日本人ならばキッカケが無くても何とかなりますけど、外国人だった場合はキッカケも必要かも知れません。

また、話しかけるにもタイミングも有ると思いますから、絶妙なタイミングを見計らってチャレンジしてみては如何でしょうか?

 

キッカケならガイドブックを

隣人と会話するなら旅行のガイドブックが有った方が良いと思います。オススメスポットやグルメなどの情報収集にも役立ちますし、話題作りにももってこいだと思います。

もし、隣人が自分の国に帰国する外国人だった場合なら、生の情報を収集することが出来ますから旅行に役立つと思います。

話しかけたくても日本語しか出来ないという場合もあるでしょう。このような場合でも片言の言葉で何とか会話を試みては如何でしょうか?スマートフォンのGoogle翻訳オフラインでも利用することが出来ますから、Google翻訳の助けを借りて話しかけても良いのでは?

 

《実際の出来事》
以前、ガイドブックを見て居たら、隣の席の人に日本語で話しかけられましたよ。日本語を勉強している台湾人だったのですが、美味しいグルメとか教えて貰いました。退屈な空の旅から有意義な空の旅に変わって良かったです。

 

LCCの機内は暇つぶしできるグッズが必要!退屈な空の旅を快適に
皆さん、こんにちは! LCCで海外旅行に行く場合の機内ではどのように過ごしていますか?この機内で過ごしている時間は2〜3時間程度でも凄く長く感じてしまうでしょう。 でも、リラックスしている状態ならば、そんなに時間なんて気...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。