海外旅行の腕時計はシンプルなマルチバンド6のソーラー電波式を

 

皆さん、こんにちは!

海外旅行の必需品にはどんな持ち物が有りますか? パスポートや貴重品は勿論のことですが、それ以外にも必ずこれがなければ始まらない!といったグッズが有ると思います。

今回は、海外旅行の必需品でもある腕時計についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

海外旅行に持って行く腕時計

海外旅行に必ず持って行く物といえばスマートフォンと腕時計ではないでしょうか? 時計なんてスマートフォンがあれば十分じゃん!と思っている方は要注意でしょう。 国内では腕時計が無くても問題ないかも知れませんが、海外旅行では必要です。

 

海外旅行での時刻確認

海外旅行で時刻を確認する場面は意外と多いと思います。国際空港に行くまでにバスや鉄道にも乗車しますし、飛行機の搭乗時刻まであと○分かな?や機内の座席(空港まで後どのくらいの時間かな?)といった感じで頻繁に確認もするでしょう。

また、現地でもバスや鉄道といった交通機関にも乗車したり、ホテルのチェックイン、チェックアウト、起床時や食事等でも時刻を確認する場合があると思います。

 

腕時計は必需品

どうして海外旅行で腕時計が必需品なのか?というと、現在時刻を確認する度にスマートフォンを取り出す必要がないからです。頻繁にスマートフォンを取り出すのは危険ですから、少しでもリスクが軽減できた方が良いと思います。

また、海外旅行といっても日本のように安全性の高い国もあれば盗難等の被害が多い国や地域もありますから一概には何とも言えないでしょう。

たとえ安全性が高い国の場合でも歩きスマホは危険ですし、現在時刻を確認する度にスマートフォンを取り出すというのは良くないのでは?と考えます。それに腕時計であれば腕に取付してあるだけですから携帯性も良いでしょう。

 

海外旅行の腕時計は何を求める

皆さんは腕時計にどんな機能を求めるのでしょうか?スマートフォンと連携したいと考えている人も居れば、シンプルな物で良いと考えている人も居るでしょう。いや、スマートフォンがあれば十分という人も居ると思います。

 

シンプル

海外旅行に持って行く腕時計は高機能は必要ないのでは?と考えます。曜日や時間が分かれば良いのでそんなに機能は必要ない感じです。それこそ安く購入できるシンプルな腕時計で良いと思います。

安全性が低い国や地域に旅行するのであれば、安く購入することが出来る腕時計を複数個持って行くのも良いでしょう。安物とはいえ、日本人が身に付けている腕時計は高級品というイメージが先行している場合が多いですから盗難の被害に遭う可能性も十分にあるのでは?

そんな時に高級な腕時計を盗難されてしまうと心身共にショックを受けますから、安物の腕時計を持って行った方が賢明だと思います。

 

スマートウォッチは?

スマートウォッチはスマートフォンと連携できる便利な腕時計なので旅行にも最適な相棒になるのでは?と考える人も居るでしょう。

でも、スマートウォッチの場合は何と言っても電池が圧倒的に持たないので旅行には不向きなのではないかな?と考えます。

それに、スマートウォッチは価格も高いですから、盗難の被害に遭う可能性も高くなってしまうのではないでしょうか?これを持って行くのであれば安全性の高い国に限定されてしまうのでは?

 

海外旅行にはマルチバンド6のソーラー電波式を

頻繁に海外旅行に行く人ならばマルチバンド6のソーラー電波式の腕時計が有った方が便利なのではないでしょうか? そのような人の場合は世界各地に旅行に行きますから時間を合わせるというのも面倒になるでしょう。

そんな時に電波式の腕時計があれば都市や地域を設定するだけで簡単に現在時刻を表示することが出来ますから、便利だと思います。

 

ソーラー充電に対応

可能ならば、ソーラー充電に対応したソーラー電波時計が良いと思います。ソーラー充電ならば充電する手間が発生しませんから、腕時計が壊れない限り、半永久的に利用することが出来るからです。

 

マルチバンド6に対応

世界6局に対応したマルチバンド6の電波を受信することが出来る機能は欲しいでしょう!そんなに頻繁に海外旅行をしない場合でも電波を受信していつでも標準時刻というのは魅力的です。

現地の時刻合わせも都市や地域を設定するだけで現地の現在時刻が表示されるのは助かります。

何故なら、分単位で合わせるのは簡単ですけど、秒単位でピッタリに合わせるのは意外と大変だからです。そのような作業を行うよりも電波を受信して時刻調整できるのであれば、それにこした事はないでしょう!

だからと言って、世界各地に行かないのであれば別にマルチバンド6に対応した機能は必要ないでしょう。リピーターになっている場合もありますから、よく行く国や地域の電波が受信できれば問題ないと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。