冬は喉が乾いて風邪になりやすい!喉を湿らせマスクでガードし予防を

 

皆さん、こんにちは!

冬になると空気が乾燥しますから喉の痛みも多くなる季節ですよね。喉の痛みがあると、ほっぽとくと風邪になってしまう可能性が高いですから風邪予防も必須になります。

風邪の予防にはどのような対策をしていますか?外出時にはマスク着用だけかな?

今回は、風邪の対策についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

冬は空気が乾燥して喉が乾く

冬の季節になると空気が乾燥するため、必然的に喉の潤いも無くなり、喉が乾いてしまいます。喉が乾いてしまうと喉の粘膜も無くなり、免疫力も低下してしまいますから、風邪やインフルエンザといったウィルスが体内に侵入しやすくなってしまいます。

 

喉が乾いたらどうする?

外出時に喉が乾いたら、飲み物を飲んで喉を湿らせるのが良いのですが、夏と違って冬の場合は寒いですから、飲み物をこまめに飲んでしまうとトイレが近くなってしまうというデメリットが発生してしまいます。

だからと言って、そのまま放置していると喉の粘膜も乾いてしまって風邪等のウィルスが体内に侵入してしまう可能性が高くなりますから、何かしらの対策が必要になります。

そんな時に重宝するのがのど飴ではないでしょうか? のど飴の場合は、ハーブの香りは口の中を充満することになるため、舐めると爽快感も出て来るので爽やかな気分になります。

飴玉を舐めると唾液も多く分泌されますから喉の潤いも保たれるでしょう。

 

自宅に居る場合は?

外出時であれば、のど飴を舐めれば良いですけど、自宅に居る場合はどのようにしているのでしょうか? 自宅なら飲み物を飲んでも良いと思いますが、温かい飲み物でも頻繁に飲むとトイレが近くなってしまいます。

そうなって来ると、加湿機能が搭載された空気清浄機の出番ではないでしょうか?加湿器だけでも良いとは思いますが、自宅の室内にも風邪ウィルスがたくさん潜んでいますから、室内の空気もお掃除した方が良いでしょう。

また、寝室や自室にも加湿器が有った方が良いと思います。寝ている時も汗を掻きますから喉が乾燥しやすくなります。

自分では気がつかないうちに、自室で風邪ウィルスを体内に取り込んでしまう可能性も多くなってしまいますから、外出時だけでなく、自宅での風邪対策も必要になるでしょう。

 

のどが乾いたら、のど飴は良くない

外出時に喉が乾いた時に強い味方って何だと思いますか?飲み物でしょう! 飲み物があれば簡単に喉の乾きを潤してくれますからとても重宝するのですが、トイレが近くなってしまうのが気掛かりです。

自宅に居るのであればトイレが多少近くても問題ありませんけど、外出時の場合は困ってしまうと思います。特に乗り物に乗っている場合とか。そんな時にのど飴が有ると助かります。

 

のど飴はお菓子

のどの痛みや喉に違和感を感じた時に舐める便利なのど飴はお菓子ですから、舐め過ぎると糖分の摂り過ぎになってしまいますから要注意です。特に仕事中といった場面で喉に違和感を感じたり、喉の痛みを感じた場合はのど飴を舐めても効果は得られないでしょう。

何故なら、コンビニやスーパーで販売されているのど飴は食品なので医薬品ではないからです。医薬品の場合であればそれなりの効果が期待できますけど、食品の場合は効果はありません。あくまでも、そのような気分になった感じを得ることが出来るのだと思います。

そもそも、コンビニやスーパーで買うのど飴はお菓子売場に陳列されていますから、お菓子でしょう!

 

のど飴は糖分の摂り過ぎに注意

のど飴を舐め過ぎると糖分の摂り過ぎになる可能性は高いです。のど飴といえども。お菓子の飴玉ですから、それなりにお砂糖は含まれていると思います。

ついこの季節は、次から次へと舐めてしまいがちになるかも知れませんが、のど飴はハーブが含まれた飴玉なので舐め過ぎに注意しましょう!

余計に多く糖分を摂り過ぎてしまうと糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まってしまうため良くないです。風邪以外の健康のことも考えて風邪予防を行うことも大切です。

 

 

外出時はマスク着用を

外出時はマスクを着用すると思いますが、どんなマスクを着用してお出掛けしますか?着用するなら立体的に鼻や口をガードできる立体マスクが良いでしょう。

ただ、立体マスクの場合は、一度外すとゴムが緩んでしまってフィット感がイマイチになってしまうのが気掛かりですが、風邪予防には最適だと思います。

 

立体型マスクでも安心してはいけない

立体型マスクの場合は完全に鼻と口をガードしてしまうため、バッチリ感がありますが、このようなマスクを着用していても風邪やインフルエンザに掛かってしまう場合もあります。

どうして?って思うかも知れませんが、確かに立体マスクでガードしてはいますけど、マスクを外す場合も有ると思います。外した時にウィルスの侵入を許してしまうでしょう。

何せ、マスクを外す時は喉の潤いが無い場合が多いですから、これは仕方ないと思います。

 

マスクのフィット感は重要

マスクを着用していると、何度かマスクを外したりするとフィット感が無くなってしまうでしょう。フィット感が無くなれば、隙間も多くなるのでウィルスも隙間から侵入するかも知れません。

フィット感が無くなったら、新しいマスクに取り替えることも必要になります。マスクは使い捨てが基本となります。

 

冬は風邪やインフルエンザの季節!免疫力アップと予防接種で健康生活
皆さん、こんにちは! 冬といえば風邪やインフルエンザの季節ではないでしょうか? この季節は空気も乾燥しますから喉も乾きやすいですし、喉に潤いも欲しいでしょう。といっても、学校や職場では簡単に喉を湿らせることは出来ませんから困っ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。